フィールド コード: UserAddress フィールド

UserAddress フィールドは、[住所] ボックスから住所を挿入します。[住所] ボックスを表示するには、[ファイル] タブの [オプション] をクリックし、[詳細設定] をクリックします。[住所] ボックスは、[全般] の下にあります。

構文

文書内の UserAddress フィールドを表示すると、次のような構文が表示されます。

{ USERADDRESS ["新しい住所"] }

注: フィールド コードはフィールドに表示する内容を指定します。フィールドの実行結果はフィールド コードを評価した後文書に表示されます。フィールド コードとフィールド コードの実行結果の表示を切り替えるには、Alt キーを押しながら F9 キーを押します。

説明

"新しい住所"

[住所] ボックスに入力されている住所の代わりに、指定した住所を挿入します。住所は単一行として入力できるほか、Enter キーを押すか、Shift キーを押しながら Enter キーを押すことで、改行を含めることもできます。

注: 住所の行間を 1 行にするには、Shift キーを押しながら Enter キーを押します。

新しい住所を指定しても、[住所] ボックスの内容は変更されません。

次の例では、USERADDRESS フィールドを使用して、ビジネス レターに差出人住所を挿入します。

フィールド

実行結果の例

{ USERADDRESS }

123-4567

東京都調布市調布ヶ丘 12-34-5 河垣加奈子

{ USERADDRESS "123-4567 東京都 調布市

調布ヶ丘 私書箱 9834

河垣 加奈子" }

123-4567 東京都 調布市

調布ヶ丘 私書箱 9834

河垣 加奈子

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×