ブックから XML の対応付け情報を削除する

セキュリティ メモ: XML の対応付けとそのデータソース情報は、特定のワークシートではなく、ブックと共に保存されます。 悪意のあるユーザーは、Visual Basic for Applications (VBA) マクロを使用して、このような機密性の高いマップ情報を表示できます。 さらに、マクロを有効にした Excel Open XML 形式のファイルとしてブックを保存する場合、このマップ情報は、Microsoft メモ帳または別のテキスト編集プログラムを通じて表示できます。

ブックから XML の対応付けのデータソースの定義を削除する

マップ情報を引き続き使用し、機密データソースの情報を削除する場合は、XML スキーマのデータソース定義をブックから削除できます。 この場合でも、XML データをエクスポートすることができます。

この手順では、XML の対応付けから現在のデータソースの定義が完全に削除されます。

  1. 対応付けられたセルをクリックして、目的の XML の対応付けを選択します。

  2. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. [ ファイル ] タブで、[ オプション > リボンのカスタマイズ] をクリックします。

    2. [ 開発 ] チェックボックスをオンにします。

  3. [ 開発 ] タブで、[ マップのプロパティ] をクリックします。

    [開発] タブ

  4. [ XML の対応付けのプロパティ ] ダイアログボックスの [ データソース] で、[ ブックにデータソースの定義を保存 する] チェックボックスをオフにします。

    このオプションは、既定でオンになっています。 このオプションをオフにしても、ワークシートからデータが削除されることはありません。

重要: データソース定義には、インポートした XML データに関する接続情報が含まれています。 この情報を削除すると、他のユーザーは情報を表示できなくなりますが、マッピングされたデータは XML ファイルにエクスポートできます。 ただし、XML データファイルを再インポートした場合、データソースの定義はファイルと共にもう一度保存されます。

ブックから XML の対応付けを削除する

XML の対応付けを削除する前にワークシートを削除すると、データソースやその他の機密情報に関するマップ情報は、ブックに保存されたままになります。 ブックを更新して機密情報を削除する場合は、ワークシートを削除する前に必ず XML の対応付けを削除して、ブックからマップ情報が完全に削除されるようにしてください。

  1. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. [ ファイル ] タブで、[ オプション > リボンのカスタマイズ] をクリックします。

    2. [ 開発 ] チェックボックスをオンにします。

  2. [開発] タブの [XML] で [ソース] をクリックします。

    [開発] タブ

  3. [XML ソース] 作業ウィンドウで、[XML の対応付け] をクリックします。

    [ XML の対応付け ] ダイアログボックスが表示されます。

    [マップ] ダイアログボックス

  4. 削除する XML の対応付けを選択します。

  5. [ 削除] をクリックし、[ OK]をクリックします。

注: XML の対応付けを削除すると、XML の対応付けのみが削除され、XML の対応付けが現在マップされているデータは削除されません。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×