ブックを保存するときの既定のファイル形式を変更する

Microsoft Excel では、ブックは既定で Excel ブック (.xlsx) として保存されます。 Excel でサポートされているその他のファイル形式に既定のファイル形式を変更することができます。 たとえば、ブック内でマクロを頻繁に作成する場合は、新しいブックを Excel Macro-Enabled ブック (.xlsm) として自動的に保存することができます。 または、以前のバージョンの Excel を使用している他のユーザーと作業する場合は、新しいブックを Excel 97-2003 ブック (.xls) として保存することができます。

  1. Excel 2007 の場合: [ Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[ Excel のオプション] をクリックします。

    他のすべての Excel バージョンでは、[ ファイル > オプション] をクリックします。

  2. [ 保存 ] カテゴリの [ ブックの保存] の下の [ファイルの保存 形式 ] ボックスの一覧で、使用するファイル形式をクリックします。

    ヒント: 詳細については、「 Excel でサポートされているファイル形式」を参照してください。

注: 

  • 既定のファイル形式を指定した後、ブックを保存するときに [ 名前を付けて保存 ] ダイアログボックスで別の形式を指定しなければ、すべての新しいブックが選択したファイル形式で保存されます。

  • 以前のバージョンの Microsoft Excel または別のスプレッドシートプログラムのファイル形式でブックを保存すると、一部の機能や書式設定を使用できない場合があります。

    詳細については、「 他のファイル形式では転送されない Excel の書式設定と機能」を参照してください。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×