ブックを保護する

他のユーザーが非表示のワークシートの表示、ワークシートの追加、移動、削除、非表示、ワークシートの名前変更を行うことができないようにするには、Excel のシート構成をパスワードで保護できます。

注: この記事のスクリーンショットは Excel 2016 で作成されたものです。 別のバージョンでは表示が少し異なる場合がありますが、特に記載がない限り、機能は同じです。

ブックのシート構成の例

注: ブックの保護は、Excel ファイルまたはワークシートをパスワードで保護することと同じではありません。 詳細については以下を参照してください。

  • 他のユーザーが開けないようにファイルをロックする方法については、「Protect an Excel file」(Excel ファイルを保護する) を参照してください。

  • ワークシート内の特定の領域のデータを他のユーザーから保護するには、ワークシートを保護する必要があります。 詳細については、「Protect a worksheet」(ワークシートを保護する) を参照してください。

  • Excel ファイル、ブック、ワークシートの保護の違いについては、「Protection and security in Excel」(Excel での保護とセキュリティ) を参照してください。

ブックのシート構成を保護する

ブックのシート構成を保護するには、次のようにします。

  1. [レビュー] > [ブックの保護]をクリックします。

    [シート構成とウィンドウの保護] ダイアログ ボックス

    注: [ウィンドウ] オプションは Excel 2007、Excel 2010、Excel for Mac 2011、Excel 2016 for Mac でのみご利用いただけます。 ブック ウィンドウの移動、サイズ変更、終了、非表示/表示の切り替えを他のユーザーに禁止する場合は、[ウィンドウ] オプションをオンにします。

  2. [パスワード] ボックスにパスワードを入力します。

    重要: パスワードは省略可能です。 パスワードを指定しない場合、誰でもブックの保護を解除し、変更できます。 パスワードを指定するのであれば、覚えやすいパスワードを選択してください。 パスワードを書き留め、安全な場所に保管してください。 パスワードをなくした場合、Excel では回復できません。

  3. [OK]を選択し、パスワードを再入力して確定し、もう一度[OK]を選択します。

[校閲] タブの [ブックの保護] アイコンを確認します。 アイコンが強調表示されている場合、ブックは保護されています。

保護されたブックでは、リボンの [ブックの保護] オプションが強調表示されます

ブック内のシートの下部をクリックすると、シートの挿入削除名前変更移動コピー非表示/表示などのブック構成変更オプションがすべて使用できないことがわかります。

シートを操作するオプションはロックされているブックでは使用できません

[ 情報] メニュー の [ ブックの保護 ] オプションは、ブックの構造が保護されている場合も示します。 このオプションを見るには、[ファイル]、[情報]、[ブックの保護] の順にクリックします。

[情報] タブで強調表示されるブックの状態を保護します

[レビュー] > [ブックの保護]をクリックします。 パスワードを入力し、[OK] をクリックします。

他のユーザーが非表示のワークシートの表示、ワークシートの追加、移動、削除、非表示、ワークシートの名前変更を行うことができないようにするには、Excel のシート構成をパスワードで保護できます。

注: この記事のスクリーンショットは Excel 2016 で作成されたものです。 別のバージョンでは表示が少し異なる場合がありますが、特に記載がない限り、機能は同じです。

ブックのシート構成の例

注: ブックの保護は、Excel ファイルまたはワークシートをパスワードで保護することと同じではありません。 詳細については以下を参照してください。

  • 他のユーザーが開けないようにファイルをロックする方法については、「Protect an Excel file」(Excel ファイルを保護する) を参照してください。

  • ワークシート内の特定の領域のデータを他のユーザーから保護するには、ワークシートを保護する必要があります。 詳細については、「Protect a worksheet」(ワークシートを保護する) を参照してください。

  • Excel ファイル、ブック、ワークシートの保護の違いについては、「Protection and security in Excel」(Excel での保護とセキュリティ) を参照してください。

ブックのシート構成を保護する

ブックのシート構成を保護するには、次のようにします。

  1. [レビュー] > [ブックの保護]をクリックします。

    [シート構成とウィンドウの保護] ダイアログ ボックス

    注: [ウィンドウ] オプションは Excel 2007、Excel 2010、Excel for Mac 2011、Excel 2016 for Mac でのみご利用いただけます。 ブック ウィンドウの移動、サイズ変更、終了、非表示/表示の切り替えを他のユーザーに禁止する場合は、[ウィンドウ] オプションをオンにします。

  2. [パスワード] ボックスにパスワードを入力します。

    重要: 

    • パスワードは省略可能です。 パスワードを指定しない場合、誰でもブックの保護を解除し、変更できます。 パスワードを指定するのであれば、覚えやすいパスワードを選択してください。 パスワードを書き留め、安全な場所に保管してください。 パスワードをなくした場合、Excel では回復できません。

    • Excel for Mac のパスワードには 15 文字までの制限があります。 そのため、Windows 版の Excel でパスワード保護されている場合 (パスワードが 15 文字を超える場合)、ブックまたは文書を開くことができません。 そのファイルを Excel for Mac で開く場合、Windows 版の作成者にパスワードの長さを変更するように依頼します。

  3. パスワードを再入力し 、[OK] をクリックします

[校閲] タブの [ブックの保護] アイコンを確認します。 アイコンが強調表示されている場合、ブックは保護されています。

保護されたブックでは、リボンの [ブックの保護] オプションが強調表示されます

ブック内のシートの下部をクリックすると、シートの挿入削除名前変更移動コピー非表示/表示などのブック構成変更オプションがすべて使用できないことがわかります。

シートを操作するオプションはロックされているブックでは使用できません

[レビュー] > [ブックの保護]をクリックします。 パスワードを入力し、[OK] をクリックします。

シートの保護を解除するには、次の手順を実行します。

  1. 保護を解除するワークシートに移動します。

  2. [ファイル]、[情報]、[保護]、[シート保護の解除] の順に移動するか、[校閲] タブから [変更]、[シート保護の解除] の順に移動します。

  3. シートがパスワードで保護されている場合は、[シート保護の解除] ダイアログ ボックスでパスワードを入力し、[OK] をクリックします。

Web 用 Excelで保護されたブックを開く方法はできますが、Web で編集することはできません。 パスワードは、パスワードの追加、変更、削除、復元 Web 用 Excel。

Web 用 Excelで作業しているブックにパスワードを追加し、Excel デスクトップ アプリケーションをお持ちである場合は、[Excel で開く] ボタンを使用してブックを開き、ブックをパスワードで保護します。 ただし、今後は Web 上でのみファイルを表示できます。ブックを変更するには、デスクトップバージョンの Excel で開きます。 

[Excel で編集] ボタン

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

Excelの保護とセキュリティ

Excel ファイルを保護する

ワークシートを保護する

Excel ブックの共同編集を使用して同時に共同作業を行う

ビデオ: ブックとワークシートをパスワードで保護する (Excel 2013)

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×