ブックを開いたときにマクロを自動的に実行する

特定のブックを開いたときに、記録しておいたマクロを自動的に実行したい場合があります。 次の手順では、例を使って方法を説明します。 Excel の起動時にマクロを自動的に実行したい場合もあります。

作業を開始する前に、リボンに [開発] タブが表示されていることを確認します。 詳細については、「[開発] タブを表示する」を参照してください。

次の例を使用するには、新しいブックを開きます。

重要: VBA コードは元に戻すことができないので、必ず空白のブックまたは既存のブックのコピーでコードをテストしてください。 コードが必要な操作を行わない場合は、変更を保存せずにブックを閉じできます。

  1. [開発]、[Visual Basic] の順にクリックします。

    [開発] タブの [コード] グループ

  2. 左側のVBA Project エクスプローラーで、ブックの VBA Projectフォルダーを展開し、ThisWorkbook モジュールをダブルクリックします。 [エクスプローラー] が表示Project場合は、[エクスプローラーの表示] > Project移動するか、Ctrl キーを押しながら R キーを押します

    Visual Basic Editor (VBE) の ThisWorkbook モジュール
  3. 右側に開くモジュール ウィンドウで、次のコードを挿入します。

    Private Sub Workbook_Open()
    
    ' Put your code here
    
    End Sub
  4. 記録したコードを Sub プロシージャの Sub 行と End Sub 行 に貼り付 けます。

    [エディター Visual Basic閉じます(何も保存する必要はありません)。

  5. ブックをブック(*xlsm) Excel Macro-Enabledとして保存し、閉じます。

次回ブックを開く場合、この手順に追加したコード Workbook_Open自動的に 実行されます。

作業を開始する前に、リボンに [開発] タブが表示されていることを確認します。 そのためには、次の手順を実行します。

  1. メニューの [環境設定] Excel>]をクリックし、[ツール バー] >リボン&クリックします

  2. [リボンの ユーザー設定] カテゴリの [メイン タブ] ボックスの一覧 、[開発] チェック ボックスを オンにします。

  3. [保存] をクリックします。

次の例を使用するには、新しいブックを開きます。

重要: VBA コードは元に戻すことができないので、必ず空白のブックまたは既存のブックのコピーでコードをテストしてください。 コードが必要な操作を行わない場合は、変更を保存せずにブックを閉じできます。

  1. [開発]、[Visual Basic] の順にクリックします。

  2. 左側のVBA Project エクスプローラーで、ブックの VBA Projectフォルダーを展開し、ThisWorkbook モジュールをダブルクリックします。

  3. 右側に開くモジュール ウィンドウで、次のコードを挿入します。

    Private Sub Workbook_Open()
    
    ' Put your code here
    
    End Sub
  4. 記録したコードを Sub プロシージャの Sub 行と End Sub 行 に貼り付 けます。

    [エディター Visual Basic閉じます(何も保存する必要はありません)。

  5. ブックをブック(*xlsm) Excel Macro-Enabledとして保存し、閉じます。

次回ブックを開く場合、この手順に追加したコード Workbook_Open自動的に 実行されます。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×