プレゼンテーションを他のユーザーに送信したいが、Windows 用に PowerPoint for macOS または PowerPoint を持ってない場合は、画像形式や PDF ファイルなどの別の形式でプレゼンテーションをエクスポートして、受信者がスライドを表示できます。

プレゼンテーションをビデオとしてエクスポートする

注: プレゼンテーションをビデオ機能としてエクスポートできるのは、 PowerPoint for Microsoft 365 for Mac、PowerPoint for Mac、または新しいバージョンの PowerPoint for Mac を使用しているユーザーのみです。 サブスクリプションを持Microsoft 365 場合は、 の最新バージョンを使用Office。

( PowerPoint for Microsoft 365 for Mac バージョン 16.19 より、プレゼンテーションをエクスポートすると、オーディオ ナレーションがビデオに含まれます)。

  1. [ファイル]、[エクスポート] の順にクリックします。

  2. [ファイル形式] メニューで目的のビデオ形式 (MP4 または MOV) を選択します。

  3. 必要なビデオ品質として、[プレゼンテーション品質]、[インターネット品質]、または [低品質] を選択します。 ビデオの品質が高いほど、ファイルのサイズが大きくなります。

  4. 切り替えのタイミングを記録したプレゼンテーションから作成するビデオで、それらのタイミングを使用する場合は、[記録されたタイミングとナレーションを使用する] がオンになっていることを確認します。 タイミングを設定していない場合は、各スライドがビデオに表示される時間の長さを設定できます。

  5. すべての選択が終わったら、[エクスポート] を選びます。

注: プレゼンテーションをビデオとしてエクスポートすると、スライド ショーに録音されたナレーションオーディオは再生されますが、他の埋め込みメディア ファイルは再生されません。

プレゼンテーションをビデオとして保存した後、他のビデオを共有するのと同じように、ビデオを開いて再生できるアプリケーションまたはデバイスを使って、そのビデオを共有できます。

スライドを画像としてエクスポートする

画像を開くことのできるあらゆるアプリケーションまたはデバイスで受信者がスライドを表示できるように、1 枚または複数のスライドを図として保存できます。 アプリケーションまたはデバイスで開くことができる画像形式を選択していることを確認してください。

注: スライドを画像ファイルに変換すると、画面切り替え、アニメーション、ムービー、オーディオがプレゼンテーションから削除されます。

  1. [ファイル]、[エクスポート] の順にクリックします。

  2. [ファイル形式] メニューで、使用する画像形式を選択します (JPEG や PNG など)。

  3. [すべてのスライドを保存] または [現在のスライドのみ保存] のどちらかを選択します。 [] ボックスと [高さ] ボックスにスライドの画像のサイズを入力することもできます。

    すべてのスライドを保存する場合は、プレゼンテーションはスライドごとに 1 つの画像ファイルとして保存されます。

スライドを図として保存した後、画像を開くことができるアプリケーションまたはデバイスを使用して、他の画像ファイルと同じように共有できます。

プレゼンテーションを PDF 形式でエクスポートする

  1. [ファイル]、[エクスポート] の順にクリックします。

  2. [ファイル形式] メニューの [PDF] をクリックします。

スライドを PDF として保存した後、PDF ファイルを開くことができるアプリケーションまたはデバイスを使用して、他の PDF ファイルと同じように共有できます。

関連項目

プレゼンテーションを PDF PowerPoint for Macエクスポートする 

キーノート プレゼンテーションを Microsoft PowerPoint に変換する

次のいずれかの操作を実行します。

スライドを画像としてエクスポートする

画像を開くことのできるあらゆるアプリケーションまたはデバイスで受信者がスライドを表示できるように、1 枚または複数のスライドを図として保存できます。 アプリケーションまたはデバイスで開くことができる画像形式を選択していることを確認してください。

注: スライドを画像ファイルに変換すると、画面切り替え、アニメーション、ムービー、オーディオがプレゼンテーションから削除されます。

  1. [ファイル] メニューの [画像として保存] をクリックします。

  2. [名前 を付けて保存 ] ボックスに、変換されたファイルを格納するフォルダーの新しい名前を入力します。

  3. [書式 ] ポップアップ メニューで、目的の図の形式を選択します。

    たとえば 、[JPEG] をクリックします

    ヒント: 画像の高さと幅などの追加オプションを設定したり、すべてのスライドではなく現在のスライドのみを保存する場合は、[オプション]をクリックし、[スライドをグラフィック ファイルとして保存] で、必要なオプションを選択します。

  4. [上書き保存] をクリックします。

    スライドを図として保存した後、画像を開くことができるアプリケーションまたはデバイスを使用して、他の画像ファイルと同じように共有できます。

iPhoto にスライドを送信する

iPhoto にスライドを送信する方法は、スライドを画像としてエクスポートするのと似ています。また、iTunes に接続する任意のデバイスまたはアプリケーションに簡単に画像を転送できるという利点があります。 iPhoto にスライドを送信すると、各スライドが画像に変換されます。 これにより、画面切り替え、アニメーション、またはオーディオが削除され、プレゼンテーション内の 1 つのフレームとしてムービーが表現されます。

注: この手順を完了するには、iPhoto 6 以降のバージョンがインストールされている必要があります。

  1. [ファイル]メニューの[共有] をポイントし、[iPhoto に送信] をクリックします

  2. [新 しいアルバム名] ボックス に、写真のコレクションの名前を入力します。

  3. [書式 ] ポップアップ メニューで、目的の図の形式を選択します。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    目的

    操作

    すべてのスライドを送信する

    [スライド ] の[すべて] を クリックします

    選択したサムネイルまたは並べ替えたスライドを送信する

    [スライド ] で、[選択] をクリックします

  5. スライドを画像として保存するには 、[iPhoto に送信] をクリックします

プレゼンテーションを PDF ファイルとして保存する

プレゼンテーションを PDF ファイルとして保存すると、画面切り替え、アニメーション、またはオーディオが削除され、ムービーはプレゼンテーション内の 1 つのフレームとして表されます。

  1. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  2. [名前 を付けて保存 ] ボックスに、変換されたファイルを格納するフォルダーの新しい名前を入力します。

  3. [フォーマット] ポップアップ メニューで [PDF] をクリックします。

  4. [保存] をクリックします。

関連項目

プレゼンテーションをムービー ファイルとして保存する

Office for Mac でファイルを保存する 

キーノート プレゼンテーションを Microsoft PowerPoint に変換する

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×