ページの詳細を表示、編集、および追加する

ページの詳細を表示、編集、および追加する

ページのプロパティは、[ページの詳細] ウィンドウで確認および編集できます。 たとえば、サムネイルの変更、説明の追加、特定のカテゴリへのページの割り当てなどを行うことができます。また、ページのカスタムプロパティを作成することもできます。

注: 

  • 一部の機能は、対象指定リリース プログラムに参加している組織に段階的に導入されます。 そのため、この機能がまだ表示されていないことや、表示内容がこのヘルプ記事の説明とは異なっていることがあります。

  • 表示および編集に使用できるページのプロパティの数は、アイテムの所有者または管理者が割り当てたプロパティに応じて異なります。 そうしたプロパティの一部は必須になっている場合があります。

ページのプロパティを表示および編集する

ページのプロパティを表示するには:

  • 読み取り専用ビューで、保存済みページまたは公開したページのページ上部にある [ 歯車形の設定ボタン ページの詳細 ] をクリックします。

  • ページ (最終更新日など) に関する情報については、ウィンドウの下部にある [詳細] を クリックして ください。

ページのプロパティを変更するには:

  1. コマンド バーで、 歯車形の設定ボタン [ページの詳細] を選択します。 

    注: ページのプロパティを変更するには、 SharePoint サイトで所有者権限またはデザイナー権限を持っている必要があります。 サイトの所有者を表示するには、[設定]、[サイトの権限 ]、[ サイトの所有者] の 歯車形の設定ボタン の >] を選びます。

  2. ページの詳細ウィンドウの左側にあるコマンドバーで、[ 編集] を選択します。

  3. [ページの詳細] ウィンドウで、[ プロパティ] を選び、変更するプロパティ名の下にあるプロパティの値を選びます。

  4. 新しい値を入力し、 enter キーを押して変更内容を保存します。

  5. 一度に複数のプロパティを編集するには、[ すべて編集] を選択し、変更するプロパティを編集して、[保存] をクリックします。

    ページの詳細ウィンドウ
  6. [ 再発行 ] を選択して変更を反映します。

  • または、コマンドバーの [変更の破棄 ] を選択して、変更を元に戻すことができます。

サムネイル画像を変更する

ページの詳細ウィンドウで、ページのサムネイルを変更できます。

  1. コマンド バーで、 歯車形の設定ボタン [ページの詳細] を選択します。 

  2. ページの詳細ウィンドウの左側で、[ 編集] を選びます。

  3. [ サムネイルの変更] を選択して、[最近使用した画像] ウィンドウを開きます。

    サムネイル画像を変更する

  4. [最近使用した画像] を選択するか、web 検索、サイト、コンピューター、またはリンクのいずれかから、Microsoft から提供されたストック画像から画像を検索します。 組織が承認済みの画像のセットを指定している場合は、そのセットを [組織] から選択できます。

    ファイル ピッカー オプションの図。

  5. [ 開く ] を選択して、目的の画像を選択します。

  6. [ 再発行 ] を選択して変更内容を保存します。

  • または、コマンドバーの [変更の破棄 ] を選択して、変更を元に戻すことができます。

    注: 

    • Web 検索では、クリエイティブ コモンズ ライセンスを利用する Bing 画像を使用します。 ページに画像を挿入する前に、ライセンスを確認する責任があります。

    • SharePoint 管理者が [組織] のアセット ライブラリを作成する方法については、「組織のアセット ライブラリを作成する」を参照してください。

    • 画像のサイズ設定および拡大縮小の方法については、「SharePoint モダンページでの画像のサイズ変更とスケーリング」を参照してください。

    • SharePoint 管理者の場合は、画像取得のパフォーマンスを向上させるために、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を有効にすることをお勧めします。 詳細については、「cdns」を参照してください。

ページの説明を変更する

  • ページの説明は、[説明] の下側にある領域に入力することで追加または編集できます。 編集モードでは、[説明] ボックス内にカーソルを置き、入力を開始するだけです。

  • サムネイルと説明は、検索結果や SharePoint ニュースなどの場所で使用されます。

ページ ライブラリでプロパティを追加する

ページにプロパティを追加するには、そのプロパティに対応する列をページ ライブラリで作成します。 この列には、プロパティ データ (メタデータとも呼ばれます) を格納します。この列の確認と変更はページ ライブラリで実行できます。さらに、このプロパティは各ページの [ページの詳細] ウィンドウで使用できるようになります。

  1. 左側のナビゲーションにある [ページ] をクリックして、ページ ライブラリに移動します。

    左側に [ページ] が表示されていない場合は、右上の [設定] 歯車形の設定ボタン をクリックしてから [サイト コンテンツ] をクリックします。 [サイト コンテンツ] ページで、[サイト ページ] をクリックします。

  2. リストまたはライブラリの上部で最後の列名の右側にある [列の追加] [追加] アイコン を選択します。

    注: SharePoint の画面は、ここで示した例とは異なる場合がありますか? 管理者がリストまたはドキュメント ライブラリにクラシック表示を設定している可能性があります。それ以外の場合は、以前のバージョンの SharePoint Server を使用しています。 その場合、上の SharePoint Server 2016 バージョンのタブをクリックします。 「使用している SharePoint のバージョンを確認する方法」を参照してください。

  3. ドロップダウン メニューで、設定する列の種類を選びます。

    [列の追加] メニュー
  4. 新しい列ダイアログ ボックスで、[名前] フィールドにタイトルまたは列見出しを入力します。

    タイトルまたは見出しを入力するための新しいダイアログ ボックス
  5. 列の種類によって、使用できるオプションは異なります。 必要に応じて、その他のオプションを追加します。 たとえば、[ その他のオプション] では、列に情報が含まれている必要があることを選択できます。 これは、 必須プロパティとも呼ばれます。 ライブラリおよびリストへの列の追加の詳細および別の追加方法については、「SharePoint のリストまたはライブラリで列を作成する」を参照してください。

ヒント: ライブラリにまたがるサイト列を作成することもできます。 詳細については、「 サイトの列の種類とオプション」を参照してください。

必須プロパティ

ページライブラリに列を追加し、情報を含める必要がある場合は、 Required プロパティと呼ばれます。 プロパティが必須としてマークされている場合、ページの作成者は、ページとニュースの投稿を発行する前にこの情報を指定する必要があります。 

列の作成オプション

注: ページまたはニュースの投稿が既に公開された後にプロパティが必須としてマークされている場合、そのプロパティは公開されたままになり、アテンションライブラリビュー が必要なページに表示されます。


ページライブラリとページ上のビジュアルキューでは、ページに必要なプロパティがないことがわかっていて、必要な情報を提供するように指示することができます。

ページとニュース投稿の視覚的な合図

  • コマンドバーの [ ページの詳細 ] の横に赤いアイコンが表示され、注意が必要であることを示します。

  • [ページの詳細] パネルでは、必須プロパティは赤いアスタリスクで示されます。

  • 作成者が、必要なプロパティが見つからない場合に、[ 発行]、[ 再発行]、[ ニュース投稿]、[ ニュースの更新]、[ スケジュール ]、または [ 承認のため送信 ] を選択した場合は、不足しているプロパティを指定するよう求められます。

プレパブリッシングパネル

ページライブラリのビジュアルキュー

  • 必要なプロパティのないフィールドは赤で強調表示され、 必要なテキストを表示します。

  • 作成者は、 ページの詳細 ウィンドウで不足している必要なプロパティを提供し、ページライブラリから直接公開することができます。

  • ページライブラリで 注意が必要なページというビューには、必須プロパティがないページまたはニュース投稿が表示されます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×