メッセージが変更されたため、操作を実行することはできません

最終更新日:2020 年 3 月 3 日

問題

これは、Microsoft 365 のメールボックスに接続するときに Outlook 2016 以前のバージョンに適用されます。

たとえば次のようなシナリオを考えてみます。

  • Microsoft Outlook のキャッシュ モードで作業しています。

  • あなたには別のユーザーの予定表に対する代理人アクセス許可が与えられています。

  • 他のユーザーの予定表で、会議出席依頼を作成し、スケジュール アシスタントを使用してユーザーを会議に追加します。

  • 依頼に会議の詳細を入力し、依頼が [下書き] フォルダーに自動保存されるのを待ちます。

  • リボンの [新しい Skype 会議] または[新しい Teams 会議] を選択して、Skype または Teams の会議を追加します。

  • 下書きは数時間にわたって開かれてた可能性があります。その後、[送信] をクリックして会議出席依頼を送信します。

このシナリオでは、次のようなエラーメッセージが表示されることがあります。 

会議の変更内容を保存できません。  他のユーザーによって会議が更新されました。  会議を閉じて再度開いたら、更新を行います。  メッセージが変更されたため、操作を実行することはできません。

エラー ダイアログ

状態: 修正済み 

サービス ビルド 15.20.2730.00 以降で、修正がサービスに実装されました。  [接続の状態] ダイアログ ボックスを使用して、サービス バージョンを確認します。Outlook の [接続の状態] ダイアログ ボックスの説明

この問題は、サービス内の Exchange ベースのアシスタント (EBAs) が会議アイテムへの編集を書き込むことにより発生し、競合解決の問題が発生します。  最新の修正プログラムでは、会議の下書きのすべての通知をスキップします。EBA や ItemAssistant が会議の下書きを変更することはありません。 会議が [下書き] から [下書き以外] に更新されると、EBA や ItemAssistants への通知が会議アイテムの編集を続行します。  このソリューションは、会議を保存した後、EBA とエラーの発生を約 1.5 時間遅らせます。  競合とエラーを回避するには、会議を保存してから 1.5 時間以内に会議を送信します。

Outlook チームは、引き続き長期的なソリューションに取り組んでいます。  より詳細な情報がある場合、それらはここでドキュメント化する予定です。

この問題の詳細と回避策の手順については、ここを参照してください。代理人が Outlook で Skype または Teams 会議を作成する際の「アイテムが変更されたため、操作を実行することはできません」エラー

その他のリソース

エキスパートのアイコン (脳、歯車)

エキスパートに質問する

エキスパートとつながり、最新の Outlook のニュースおよびベスト プラクティスについて議論し、ブログを参照します。

Outlook 技術コミュニティ

コミュニティのアイコン

コミュニティでサポートを得る

サポート担当者、MVP、エンジニア、および Outlook ユーザーに質問し、解決策を見つけます。

Answers の Outlook フォーラム

機能リクエストのアイコン (電球、アイデア)

新機能の提案

ご意見ご感想をお待ちしております。 ご意見をお聞かせください。 ご意見をお待ちしています。

Outlook UserVoice

関連項目

最近の Outlook for Windows の問題に関する修正プログラムと解決策

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×