メッセージの書式を設定Teams

メッセージにはいくつかの書式設定オプションがあります。

書式設定オプションを開く場合は、[ 作成] ボックスの [展開] ボタン の [書式] を選択します。 この展開ビューで、書式設定するテキストを選択し、B、I、U などのオプションを選択して、テキストを太字、斜体、または下線で表示します。

メッセージの書式設定

蛍光ペン、フォント サイズ、リストなどのオプションもあります。 ファイルを添付したり、 [その他のオプション] ボタンを挿入したりするためのその他の書式設定オプションとボックスの下にあるボタンについては、「その他のオプション」を絵文字。

注: Teams入力時に、スペル ミスの下線が赤で表示されます。 エラーを右クリックすると、修正候補の一覧が表示されます。 現時点では、([Wiki] タブで作業している場合をTeamsで個別のスペル チェックと文章校正を実行できない場合があります。

[ 作成] [展開] ボタンの [書式] をタップして、テキスト エディターを開きます。 エディターを利用して、テキストを下線付き斜体、または太字にできます。 (誤って送信にヒットすることなく) 新しい段落を開始したり、テキストを強調表示したり、テキストの色を変更したり、メッセージを重要として マークすることができます

Teams入力時に、スペル ミスの下線が赤で表示されます。 エラーを右クリックすると、修正候補の一覧が表示されます。 現時点では、([Wiki] タブで作業している場合をTeamsで個別のスペル チェックと文章校正を実行できない場合があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×