メッセージを削除する

不要になったメッセージや、受信トレイまたはメール フォルダーに入れておきたくないメッセージを削除します。 メッセージを削除するには、いくつかの方法があります。

  • メッセージ一覧でメッセージをポイントまたは選択すると、メッセージ一覧の右側に [ 削除アイコン ] アイコンが表示されることがあります。 メッセージを削除するには、 キーを押 削除アイコン

メッセージ一覧の [メッセージの削除]

  • メッセージを選択し、キーボードの Delete キー を押します。
    : Outlook 2016 または Outlook Microsoft 365の場合は、代わりにBackspaceキーを押すと、メッセージは削除されるのではなくアーカイブされます。

  • メッセージ一覧からメッセージを選択するか、独自のウィンドウでメッセージを開き、リボンの [削除] ボタンをクリックすることもできます。

リボンの [削除]

メッセージが [削除済み] フォルダー Outlook削除済みアイテムまたはごみ箱フォルダー移動されます。

[削除済みアイテム] フォルダー をバイパスしてメッセージを完全に削除する場合は、Shift + Delete キーまたは Shift + 削除アイコン 。 完全に削除したメッセージは、後から復元することはできません。

削除とアーカイブの違いは何ですか?

[削除] は、選択したメッセージを [削除済みアイテム] フォルダーまたは [ごみ箱] フォルダーに移動します。 [Outlook 2016] Outlookを Microsoft 365場合は、[アーカイブ] を選択すると、メッセージは [アーカイブ] フォルダーに移動されます。 メッセージを選択し、BackSpace キーを押して、メッセージをアーカイブすることもできます。 アーカイブ機能は、Outlook 2016 および Outlook でのみ Microsoft 365。 アーカイブの詳細については、「アーカイブ」を参照Outlook。

お待ちしています。 気が変わった

保持したいメッセージがまだ [削除済みアイテム] にある場合は、[削除済みアイテム] から別のフォルダーにメッセージをドラッグします。 POP3、IMAP、Outlook.com などの Exchange ActiveSync アカウントで [削除済みアイテム] を空にした場合、メッセージは完全に削除されます。

一部の Microsoft Exchange Server アカウントには例外があります。 有効になっている場合は一定期間、削除されたメッセージを復元することができます。 詳細についてはこちらを参照してください。 期間は Exchange 管理者によって設定されます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×