モダン SharePoint サイトの対象ユーザー設定の概要

モダン SharePoint サイトの対象ユーザー設定の概要

対象ユーザーのターゲット設定によって、最も関連性の高いコンテンツを適切な対象ユーザーに提供できます。 対象ユーザー設定を有効にすることで、特定のコンテンツについて、SharePoint web パーツ、ページライブラリ、ナビゲーションリンクを通じて特定の対象ユーザーに優先順位が付けられます。 

対象ユーザー設定を有効にできる場所

  • ナビゲーションリンク-ハブとフッターのナビゲーションなど、サイトのナビゲーションを通じて特定の対象ユーザーへのリンクを宣伝します。

    重要: 2020年4月から、ナビゲーションリンクの対象ユーザーをターゲットとする組織に、対象となるリリースプログラムにオプトインしている組織が導入されました。 つまり、この機能はまだ表示されない場合があります。または、このヘルプ記事で説明されている機能とは異なって見える場合があります。 最終的に、この機能はすべてのクラウド環境で利用できるようになります。

  • ページ-特定のサイトページをページライブラリ内の特定の対象ユーザーにターゲットを指定する

  • ニュース web パーツ-スタートページ、モバイルアプリ、対象ユーザー設定が有効になっているニュース web パーツの特定の対象ユーザーに、特定のニュース投稿をプッシュします。

  • 強調表示されたコンテンツ web パーツ-リストまたはライブラリから、ページ、サイト、またはサイトコレクションに関連するコンテンツを動的に表示します。

注: 

  • 一部の機能は、対象指定リリースプログラムにオプトインしている組織に段階的に導入されています。 つまり、この機能はまだ表示されない場合があります。または、このヘルプ記事で説明されている機能とは異なって見える場合があります。

  • サイトの所有者は、サイトナビゲーションの対象ユーザー設定を有効にする必要があります。 有効にすると、すべてのサイトエディターは、特定の対象ユーザーへのメニューリンクをターゲットにできます。

  • Azure AD グループ (セキュリティグループと Microsoft 365 グループを含む) は、AAD の動的グループの例外でサポートされます。

  • [発行 (または再発行)] を使用して、対象ユーザー設定の機能を有効にするために、既存のページコンテンツ、ページメタデータ、対象ユーザー設定に加えた変更を保存します。

  • 対象ユーザー設定機能が有効になるまでに、遅延が生じることがあります。

設定方法

対象ユーザーの設定のしくみを理解するには、次のストーリーと一般的なペルソナを使用します。

企業は、組織内の最大部門の SharePoint サイトとハブサイトの表示環境をカスタマイズしたいと考えています。 ここでは、ナビゲーション、ファイル ニュースの対象ユーザーを、組織の特定の対象ユーザー (マーケティング、人事、エンジニアリング) に使用することにしました。 

対象ユーザーとロール:

  • パのランディングページのサイト所有者です。

  • マーケティングでの Megan

  • Nestor は人事 (HR) で利用可能

  • マーケティングや人事では使用できない Jerri

"発信者" は、Contoso ランディングの SharePoint サイト所有者であり、ニュース投稿はさまざまなグループのユーザーによって定期的にサイトに投稿されます。 特定の対象ユーザーのメンバーに、最も関連性の高い投稿が表示されるようにします。 さらに、またはハブサイトの特定のページやナビゲーションリンクをターゲットにしたい場合もあります。

次に、各部門のさまざまな対象ユーザーにとって最も役に立つのは、どのニュースソース、ページライブラリ内のファイル、ナビゲーションリンクを決定するかとなります。 パ365 グループは、各部署のグループを作成するために使用されます。 Microsoft 365 グループでは、各ユーザーのメンバーのために、メール、OneNote、Planner などの共有リソースを管理することもできます。

次の手順に従って、対象ユーザー設定を有効にします。

ステップ 1:サイトページでは、対象ユーザー設定機能を有効にし、対象ユーザーに対してターゲットとする特定のページを選択します。 ここでは、サイトページで対象ユーザーの設定をオンにして、特定の対象ユーザーのコンテンツを対象にしているユーザーを確認することができます。

SharePoint サイトの所有者または管理者のサイトページビュー。対象ユーザーのターゲット設定によって設定されたニュース投稿が表示される

手順 2-パビデオのメインページで、ニュース web パーツの対象ユーザーを指定できます。 次に、各ユーザーにいくつかのニュース投稿を発信します。 対象外のニュース投稿は、すべての対象ユーザーに表示されます。 

手順 3-[ハブサイト] メニューと [フッター] メニューで対象ユーザーを指定できます。 次に、特定の対象ユーザーに固有のリンクをターゲットとして指定します。 ここでは、対象ユーザー設定が有効になっていることを確認するためのナビゲーションリンクを確認できます。

対象ユーザーのターゲット設定がオンになっていることを確認する

表示される方法

SharePointスタートページ、モバイルアプリのニュース、ニュース web パーツ、およびヘッダーとフッターのメニューには、フィルター処理されたビューが表示されるようになりました。

マーケティングで働く Megan は、マーケティンググループを対象とする2つのニュース投稿を表示します。 また、特定のグループを対象としていないニュース投稿も表示されます。 ハブサイトメニューを選択すると、人事とエンジニアリングチームポータルへのリンクは表示されなくなります。 

投稿がフィルター処理された、SharePoint サイトのニュース web パーツの Screencap

人事の担当者である nestor には、人事の対象となる2つのニュース投稿と、対象外のニュース投稿が表示されます。 [ハブサイト] メニューを選択すると、マーケティングとエンジニアリングのチームポータルへのリンクは表示されなくなります。 

投稿がフィルター処理された、SharePoint サイトのニュース web パーツの Screencap

Jerri は、3つの対象ユーザーのいずれにも属していません。すべての対象ユーザーに公開されているニュース投稿は1つだけです。 [ハブサイト] メニューを選択すると、マーケティング、人事、エンジニアリングのチームポータルへのリンクが表示されなくなります。 

投稿がフィルター処理された、SharePoint サイトのニュース web パーツの Screencap

対象ユーザーのターゲット設定を行う

サイトまたはハブのナビゲーション用に、対象ユーザーのターゲット設定を行います。

サイトページライブラリのページに対象ユーザーを設定します。

参加者のターゲット設定は、次の2つの web パーツで有効にすることができます。 

  • 強調表示されたコンテンツの web パーツを使用して、リストまたはライブラリからページ、サイト、またはサイトコレクションに関連するコンテンツを動的に表示します。

  • ニュース web パーツを使用して、スタートページ、モバイルアプリ、対象ユーザー設定を有効にしたニュース web パーツの特定の対象ユーザーに、特定のニュース投稿をプッシュします。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×