モバイル デバイスやタッチ ベース デバイスで Visio を使う

タッチ対応デバイスでは、指だけで Visio 文書の作成、読み取り、コメントを行うことができます。

[図形] ウィンドウから図形を追加する

  • [図形] ウィンドウから図面ページに図形をドラッグします。

  • [図形] ウィンドウで図形をタップします。 Visio により、ページの中央に図形のインスタンスが追加されます。

  • [図形] ウィンドウで図形をタッチしたままにして、図形を保持しながら、別の指で図面ページをタップします。 図面ページに触れるたびに、タッチしている図形のインスタンスがページに追加されます。

ページ上の図形を選択する

図形を最初にタップする

図形や図を使用する場合は、図形をタップして図形を選び、自動接続矢印を表示します。

図形を2回タップする

既に選択されている図形をタップすると、フリーツールバーが開きます。

図形を3回タップする

選択した図形をタップすると、フリーツールバーが表示され、テキスト編集モードに戻ることができます。

複数の図形を選択する

選択する最初の図形をタッチしたままにして、最初の図形を押しながら、別の指を使って、選択する他の図形をタップします。

最初の図形を離した後、選んだ図形のいずれかをタップすると、選択範囲全体のフリーツールバーが表示されます。

コンテキストメニュー (右クリックメニュー) を使用する

フリーツールバーを表示し、端にある下向き矢印をクリックして、コンテキスト (右クリック) メニューを開きます。

自動接続を使用して図形を接続する

オブジェクトをタップして選択し、オブジェクトとダイアグラムで自動接続を使用している場合は、自動接続矢印を表示します。 オブジェクトが選択されていれば、自動接続矢印を非表示にしなくても、[図形] ウィンドウとリボンに触れることができます。

自動接続矢印をタッチ、固定、解除して、自動接続ミニツールバーを開きます。

図面を移動させる

1本の指で図面ページをタッチし、ドラッグしてページを移動します。

2本の指を互いに近づけて、図面を縮小し (図面の外観を小さくする)、2本の指を別々にドラッグして拡大します。

グループ化された図形のサブ図形を選択する

グループ化された図形内のサブ図形を選択すると、マウスとキーボードを使用した場合と同じように動作します。グループ化された図形をタップしてグループ全体を選び、サブ図形をタップして選択範囲をサブ図形に変更します (図形が保護されているか、または選択できない場合)。

関連項目

ビデオ: タッチスクリーンを使用して Visio の図面を作成する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

コラボレーションを促進する Microsoft 365

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×