ユーザー設定の目次

  • [印刷プレビュー ] には、選択した設定に応じて文書内で目次がどのように表示されるかの例が表示されます。

  • Web プレビューは、web 上で目次がどのように表示されるかを示しています。 既定では、見出しは数値ではなくハイパーリンクを使用します。 目次のエントリをクリックすると、その見出しに移動します。 [ページ番号ではなくハイパーリンクを使う] チェックボックスをオフにすると、タブリーダーのある標準の数値が表示されます。

  • [ページ番号の表示] は、ページ番号とタブリーダーのオンとオフを切り替えます。

  • [ページ番号の右揃え] は、ページ番号をページの右余白に沿って配置します。 見出しの横にページ番号を配置するボックスをオフにします。

  • タブリーダーを使用すると、点線 (既定)、破線、実線など、さまざまなスタイルのリーダーを選ぶことができます。 [ (なし) ] を選択して、タブリーダーをオフにします。

  • 書式設定では、さまざまな目次スタイルを選択できます。

  • [レベルの表示]は、目次に表示される見出しレベルの数を調整します (文書に複数のレベルがある場合)。

  • [オプション] では、複数の見出し、ヘッダー、フッター、コメントテキストなど、目次の作成に使用するスタイルを選ぶことができます。

    注: 見出しの選択肢は、[レベルの表示] 設定で前後に反映されます。 たとえば、表示する3つのレベルを設定した場合、[使用できるスタイル] の下にある [見出し 1]、[2]、[3] のチェックボックスがオンになります。

  • [変更] 目次項目に使用されているインデントとスタイルを設定します。 [スタイル] ダイアログで [変更] を使用して、細かな変更を行います。

  • [OK] をクリックすると、変更内容が保存され、文書に戻ります。

  • [キャンセル]をタップすると、変更は破棄され、文書に戻ります。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×