リストとライブラリのモダンとクラシックのエクスペリエンスの違い

Microsoft 365 の SharePoint での最新のドキュメントリストとライブラリのエクスペリエンスは高速で、モバイルブラウザーで表示しやすくなり、従来のエクスペリエンスよりも簡単に使用できるようになりました。

モダンなエクスペリエンスでは、次のことができます。

  • 従来のリボンの代わりに新しいコマンドバーを使用して、 OneDriveと同じ方法でモダンフォルダーを作成し、フォルダーをアップロードします。 また、コマンド バーを使用して簡単にファイルをコピーしたり移動したりすることもできます。

  • ドキュメントを上部に固定して、強調表示します。

  • サイト間でファイルをコピーする代わりに、リンクとしてファイルを追加します。

  • 列の追加、並べ替え、サイズ変更、並べ替え、フィルター処理、およびグループ化を簡単に行うことができます。

  • すばやくファイル情報を変更し、プレビューおよび追加情報に簡単にアクセスします。

  • 列の書式設定とリストビューの書式設定を使用して、リストの表示を改善します。

  • Bing Maps または組織のディレクトリから豊富な場所のデータを追加します。

モダンエクスペリエンスでは、クラシックエクスペリエンスで作成されたテーマ、ナビゲーション、カスタムボタンもサポートされています。

注: 

リボンのツールバー

  • クラシックリボンは、モダンなエクスペリエンスのコマンドバーに置き換えられます。

  • 一部の機能は、従来のリボンでのみ利用できます。

    • 人気の傾向

    • RSS フィード

    • 人気のあるアイテム

    • Outlook への接続

    • Office に接続する

    • Excel にエクスポート

      注: [Excel にエクスポート] は、ドキュメント ライブラリの場合、クラシック環境でのみ利用できます (ブラウザーは Internet Explorer に限ります)。 ただし、この機能は、リストのモダンなエクスペリエンス (Internet Explorer と Edge でのみ) で利用できます。

    • Access で開く

    • フォーム Web パーツ

    • ライブラリの編集

    • 新しいクイック操作

    • レコードの宣言

    • 送信

    • フォローする

ビュー機能

  • アイテムの合計

  • ユーザー設定のスタイル (基本的なテーブル、ドキュメントの詳細など)

  • リスト ビュー ページの複数の Web パーツ

  • フォルダーに応じて、さまざまな表示の可用性を構成する機能

ナビゲーション機能

  • ツリー ビュー

  • 場所単位のビュー

  • 発行サイトのナビゲーション リンクのカスタマイズ

列の種類

  • 外部データ列

  • 列の位置情報

  • 列の公開 (HTML の公開、画像の公開、ハイパーリンクの公開)

カスタマイズの種類

  • ドキュメントライブラリ、カスタムリスト、お知らせリスト、リンクリスト、画像ライブラリ、アセットライブラリ、昇格されたリンク、フォームライブラリ、Wiki ページライブラリ、アセットライブラリ、注目リンク、Wiki ページライブラリ以外のリストテンプレート。

    注: データシートビューの案件管理リスト、連絡先リスト、ユーザー設定リストについての最新のエクスペリエンスは、 対象のリリースプログラムにオプトインしている組織に段階的に導入されています。 そのため、従来の環境では、これらのテンプレートのリストが引き続き表示される可能性があります。

  • InfoPath でカスタマイズ

  • ダウンロード最小化戦略 (MDS)

  • SharePoint Server 発行機能

  • フィールドまたはビューでの JSLink コード

  • XsltListViewWebPart の XSL リンクプロパティを使ったリストビューのカスタマイズ

  • ScriptBlock プロパティまたは ScriptSrc プロパティを含む CustomActions

    ScriptBlock プロパティまたは ScriptSrc プロパティを含まなくても、期待どおりに動作する CustomActions

その他の機能

  • コンテンツ オーガナイザー

  • フォローする

  • 制限付きアクセスユーザーのアクセス許可ロックダウン モード

列の種類

  • 外部データ列

  • 列の位置情報

  • 列の公開 (HTML の公開、画像の公開、ハイパーリンクの公開)

アクセス許可

  • 制限付きアクセスのユーザーのアクセス許可ロックダウン モード

カスタマイズ

  • ドキュメントライブラリ、カスタムリスト、お知らせリスト、リンクリスト、画像ライブラリ、アセットライブラリ、昇格されたリンク、フォームライブラリ、Wiki ページライブラリ以外のリストテンプレート

  • カスタムフォーム url をポイントするように ContentType Formurl または ContentType Formurl プロパティを設定して、リストフォームをカスタマイズします。

     

    注: 

    • クラシックリストフォームでは、次のカスタマイズがサポートされています。

    • 1. カスタムフォーム url を指すように ContentType Formurl または ContentType 形式
      の url プロパティを設定する 両面.  コンテンツエディター Web パーツまたはその他の web パーツをフォームページ
      に追加する -.  フォームに表示される1つ以上のフィールドに JSLink を追加します。

    • 上記の最初のカスタマイズのみが、フォーム上のクラシックモードへのフォールバックをトリガーします。 

  • ScriptBlock プロパティまたは ScriptSrc プロパティを含む、リストの CustomActions

  • リストビュー web パーツ以外の任意の web パーツを含むリストビューページ

  • ドキュメントセットのウェルカムページ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×