リストまたはライブラリにエンタープライズ キーワード列を追加する

リストまたはライブラリにエンタープライズ キーワード列を追加する

メタデータのタグ付けや、オンライン コンテンツをさまざまなカテゴリに分類および整理するシステムを開発するために、 SharePoint Server または Microsoft 365 の SharePoint サイト上のアイテムに Enterprise Keywords を追加できます。 キーワードとメタデータを使用すると、コンテンツを使用するユーザーの知識の一部をキャプチャできます。 詳細については、「SharePoint での管理されたメタデータの概要」を参照してください

リストまたはライブラリに Enterprise Keywords 列を追加できます。 次に、リストまたはライブラリ項目を選択してキーワードを追加し、アイテムのプロパティに表示する単語または語句を入力できます。

次の図は、エンタープライズ キーワードが追加された列の例を示しています。

ユーザーはキーワードをドキュメントのプロパティ ダイアログで追加できます

エンタープライズ キーワード列をリストまたはライブラリに追加するには:

  1. エンタープライズ キーワード列を追加するリストまたはライブラリに移動します。

  2. ライブラリまたはリストのリボン SharePoint Server 、[ライブラリの設定] または [リストの設定 ] を選択します。

    新しいサイト Microsoft 365 の SharePoint [設定] を選択 設定アイコン 、[ライブラリの設定]または [リスト設定]を選択します

  3. [アクセス許可 と管理] 列で 、[エンタープライズ メタデータ]と [キーワード設定] を選択します

  4. [設定] ページの [エンタープライズ キーワードの追加] セクションで、[エンタープライズ キーワードの追加] 列のチェック ボックスをオンにして、キーワード同期 を有効にします

メタデータの発行を無効または有効にする

リストまたはライブラリの管理メタデータ列またはエンタープライズ キーワード列に追加された用語やキーワードをソーシャル タグのキーワードとして使用できるようにするかどうかを制御できます。 たとえば、リストに機密情報が含まれている場合、キーワード値を表示したくない場合があります。 キーワードへのアクセスを制限するには、メタデータ発行を無効にしてください。

注: 既定では、特定のサイト コレクションのコンテキストで作成されたローカル用語セットの用語は、メタデータ発行から除外されます。 ローカル用語セットは、ソーシャル タグで使用することも、エンタープライズ キーワードとして使用することもできません。

メタデータ発行を無効または有効にするには、次の手順に従います。

  1. メタデータの発行を構成するリストまたはライブラリに移動します。

  2. ライブラリまたはリストのリボン SharePoint Server 、[ライブラリの設定] または [リストの設定 ] を選択します。

    新しいサイト Microsoft 365 の SharePoint [設定] を選択 設定アイコン 、[ライブラリの設定]または [リスト設定]を選択します

  3. [ アクセス許可と管理] で、[エンタープライズ メタデータとキーワードの設定] を選択します

  4. [メタデータ 発行] セクションの [この一覧のメタデータをソーシャル タグとして保存する] で、 のいずれかの操作を行います。

    • [管理されたメタデータ] フィールドと [エンタープライズ キーワード] フィールドの値をソーシャル タグ付けおよびマイ サイト プロファイルに発行するには、チェック ボックスをオンにします。

    • [管理されたメタデータ] フィールドと [エンタープライズ キーワード] フィールドの値がソーシャル タグ付けおよびマイ サイト プロファイルに公開されるのを防ぐには、チェック ボックスをオフにします。

  5. [OK] を選択します。

エンタープライズ キーワードの詳細

SharePoint エンタープライズ キーワードを階層型以外の単一の用語セットに変換します。 この特別な用語セットは、用語ストア管理ツールを使用して、キーワード セットという名前で検索できます。 詳細については、「グループと用語セットの作成、構成、および管理」を参照してください

追加するキーワードは、ユーザーがリストまたはライブラリにアクセス SharePoint 他のユーザーが使用できます。 たとえば、ユーザーがリストの Enterprise Keywords 列に同様の文字を入力すると、候補メッセージにキーワードが表示されます。 また、エンタープライズ キーワード列をリストまたはライブラリに追加した場合、ドキュメントがリストまたはライブラリにアップロードされると、 SharePoint は既存のドキュメント タグをエンタープライズ キーワード列にコピーします。 これにより、既存のキーワードとマネージド メタデータ機能を同期できます。

Term Store 管理者は、キーワード セットを開くまたは閉じられます。 セットが開いているか閉じているかは、ユーザーがリストまたはライブラリのエンタープライズ キーワード列を操作する方法に影響します。 エンタープライズ キーワード列をリストまたはライブラリに追加すると、サイト ユーザーはキーワード値を入力できます。 キーワード セットが閉じている場合、ユーザーは新しいキーワードを送信できませんが、既存のエンタープライズ キーワードまたは管理用語を使用する必要があります。 サイトのキーワード用語セットが開いている場合、ユーザーは任意のテキスト値をこの列に追加できます。

必要に応じて、管理権限を持つ管理者は、これらのキーワード SharePoint 方法を変更し、それらを特定の管理用語セットに移動できます。 その後、キーワードは、その用語セットの他の用語と同じ種類の用途で使用できます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×