問題、資産、ルーチン、連絡先、インベントリなどを追跡するのに役立つリストを作成して 共有 できます。 テンプレート、Excel ファイル、またはゼロから開始します。 Microsoft Teams の場合は、「Teams のリストの概要」を参照してください。

注: 

リストを作成する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. Microsoft 365 のリスト アプリで、[+新しい一覧] を選択します。 (リスト アプリにアクセスするには、任意のページの上部にある Microsoft 365 アプリ起動ツール アプリ起動ツール ボタンを選択し、[ すべてのアプリ] を選択し、[リスト] を選択 します)。

    SharePoint サイトのホーム ページまたは [サイト コンテンツ] ページで、[+ 新しい>一覧] を選択します。  SharePoint の新しい一覧

  2. [リストの作成] ページで、次のいずれかのオプションを選択します。

    注: 

    • リストのビジュアル更新プログラムは段階的に世界中に展開されています。つまり、この記事で説明したものとは異なる場合があります。

    • サイト コレクションごとに組み合わされた 2,000 個のリストとライブラリは、(メイン サイトとサブサイトを含む) 制限です。その後、エラーが発生します。申し訳ございません。問題が発生しました。 リスト ビューのしきい値を超えるため、試行された操作は禁止されています。 SharePoint の制限に関するページを参照してください。

    リストを作成する
    1. 空白の一覧: 最初からリストを開始することを選択します。 リスト 説明 (省略可能) を追加し、リストを左側のサイト ナビゲーションに表示するかどうかを選択します。 オプションの選択が完了したら、[作成] を選択します。

    2. Excel から: Excel スプレッドシートに基づいてリストを作成するには、このオプションを選択します。

    3. 既存のリストから: 時間を節約し、別のリストの列に基づいて新しいリストを作成するには、このオプションを選択します。 新しいリストは、すべての同じ列から始めますが、元のリストのデータは含まれません。

    4. テンプレート: 問題追跡ツールなどのテンプレートを選択して、テンプレートに含まれる列を確認し、サンプル データをスクロールして、その外観を確認します。 必要なテンプレートが見つかる場合は、[テンプレートの使用] を選択します。 目的の情報が表示されない場合は、[戻る] を選択して [リストの作成] ページに戻ります。 テンプレートからリストを作成する方法や、Microsoft 365 のリスト テンプレートの詳細について説明します。

  3. リストが開いたら、[+ 新規 ] または [ グリッド ビューで編集] を選択して、アイテムをリストに追加します。 (グリッド ビューを使用すると、さまざまな行または列に自由に情報を追加できます)。
    リストにさまざまな種類の情報を追加するには、[+ 列の追加] を選択します。 詳細については、「リストまたはライブラリに列を作成する」を参照してください。

ヒント: リストの名前を変更するには、タイトルを選択し、新しい名前を入力して、[保存] を選択 します。 または、[リスト] ホーム ページの一覧のタイルで[ アクションを開く ](...) を選択し、[カスタマイズ] を選択 します。 

リストのプロパティを変更するには、リストの削除、アクセス許可の追加、列の管理、その他の更新プログラムの管理、設定アイコン設定の選択、リストの設定の順に選択します。 詳細については、「 リストの編集」を参照してください。

クラシックSharePoint またはSharePoint Server 2019 サイトにリストを作成する

  1. [設定] 設定アイコンを選択し、[サイトコンテンツ] を選択します。

  2. [+ 新規] を選択し、[一覧] を選択します。

  3. リストの 名前 を入力し、必要に応じて 説明を入力します。

    名前はリストの上部に表示され、他のユーザーが見つけやすくするためにサイト ナビゲーションに表示されます。

  4. [作成] を選びます。

  5. 一覧が開いたら、リストに他の種類の情報の余地を追加するには、[+ ] または [ + 列の追加] を選択します。

    列の追加の詳細については、「 SharePoint リストまたはライブラリに列を作成する」を参照してください。

既存のリストに基づいてリストを作成する方法については、「別のリスト の列に基づいて新しい SharePoint リストを作成する」を参照してください。

プロパティを変更するには、リストの削除、アクセス許可の追加、列の管理、その他の多数の更新プログラムの追加、設定 設定アイコンの選択、リストの設定の順に選択します。 詳細については、「 リストの編集」を参照してください。

設定メニュー、リストの設定が強調表示されている

他の種類のリスト テンプレートからリストを作成する

SharePoint Server 2019リストは、単純なリストを超える場合に使用できます。 リンク、予定表、アンケート、問題の追跡、お知らせなどのリスト テンプレートから選択できます。 

予定表アプリの例

  1. この例では、予定表を使用し、 SharePoint用に組み込みの予定表アプリを選択しました。 その他の社内で組み込まれているカレンダー、またはサード パーティが提供しているカレンダーを参照できます。

  2. イベント カレンダー、7 月のタスク、会社の連絡先など、選択したアプリの 名前 を入力します。

    名前はほとんどのビューのリストの上部に表示され、リスト ページの Web アドレスの一部になり、ユーザーがリストを見つけるのに役立つサイト ナビゲーションに表示されます。 リストの名前は変更できますが、Web アドレスは変わりません。

  3. SharePoint サイト コンテンツ ページに戻ります。 サイトコンテンツの一覧で作成したアプリを見つけて開きます。 SharePoint アプリ、予定表、タスク リスト、または作成したアプリの既定のバージョンを作成します。

    予定表リストのアプリの例です。
  4. [+ 新しいタスク]、[このリストを編集]、[追加]、または特定のアプリがデータの追加のために提供する方法を使用して、データの入力を開始できます。

注: 一部のリスト ベースのアプリは、クラシック環境でのみ表示されます。

選択したアプリの種類に応じて、アプリの設定を変更するには、ページ上部のリボンから [リストの設定] または [ リスト ] タブを選択します。 設定の詳細については、「 SharePoint でのリスト設定の編集」を参照してください。

  1. [設定] 設定アイコン選択し、[アプリの追加] を選択します。

    アプリケーションを追加する (リスト、ライブラリ)
  2. 検索ボックスに必要なリスト テンプレートの種類 (カスタム、タスク、予定表など) を入力し、[検索[検索] ボックスの虫眼鏡アイコン] を選択します。

    組み込み予定表が強調表示されている予定表リストで検索する
  3. 使用する リスト テンプレート アプリを選択します。

    [追加するアプリ] 画面
  4. 名前を入力 します (必須)。

    名前はほとんどのビューのリストの上部に表示され、リスト ページの Web アドレスの一部になり、ユーザーがリストを見つけるのに役立つサイト ナビゲーションに表示されます。 リストの名前は変更できますが、Web アドレスは変わりません。

    特定のリスト アプリに応じて、オプションの 説明 と追加情報を提供するには、[詳細オプション] を選択します。 詳細オプション

    フィールドが設定された新しいアプリ画面
  5. [OK] を選択します。

  1. リストまたはライブラリを追加するページで、[ページ] を選択し、[ 編集] を選択します。 [ ページ ] タブが表示されない場合は、[設定 ]Office 365 の [設定] ボタン選択し、[ページの編集] を選択します。

    ページを編集する

    注:  [編集] コマンドが無効になっているか、表示されない場合は、ページを編集する権限がない可能性があります。

  2. リストまたはライブラリを表示するページ上の場所を選択し、[挿入] を選択して、[ アプリ パーツ] を選択します。

  3. リストまたはライブラリの場合は、 アプリ パーツを選択し、[追加] を選択します。 [ アプリの追加] に、 作成したリストがすべて表示されます。

  4. ページの編集が完了したら、[ ページ ] タブを選択し、[保存] を選択します。 状況に応じて、[下書きとして保存] または [保存して公開] のオプションも使えます。

重要:  サイト コンテンツ ページなど、一部のページは編集できません。

前の手順を使用して、ページに追加されたリストの例を次に示します。

ページ上のリスト

  1. リストまたはライブラリを最小化または復元するページで、[ページ] を選択し、[編集] を選択します

    ページを編集する

  2. リストまたはライブラリをポイントし、下矢印を選択し、リストまたはライブラリの現在の位置に応じて [最小化 ] または [ 復元 ] を選択し、[OK] を選択します

    設定の下向き矢印をクリックし、[最小化] をクリックする
  3. ページの編集が完了したら、[保存] を選択します。 状況に応じて、[下書きとして保存] または [保存して公開] のオプションも使えます。

  1. [リスト] ホーム ページで、[ 新規] をタップします。

  2. [ 新規作成] で、[ 空のリスト] をタップして最初からリストを開始するか、[ テンプレート] でオプションを選択します。

    • 空白のリスト は、最初からリストを開始します。

    • テンプレート は、定義済みの目的ベースのオプションで、列が既に定義されています。 1 つを選択して、その内容と、それが適切かどうかを確認します。 必要に応じて列を変更できます。

空のリストを開始する

  1. [空白の一覧] をタップし、名前と説明を入力します

  2. 色とアイコンを選択します。

  3. マイ リストの下に保存するか、特定の SharePoint サイトに保存するかを選択します。

  4. [ 作成] をタップします。

    空のリストが開き、左側に標準の "タイトル" 列が表示されます。

  5. 列を追加するには、[ その他] をタップし、[ 新しい列の追加] をタップします。

  6. 必要な列データの種類を選択し、列の設定を定義します。 チェック マークをタップして列の設定を保存します。

  7. すべての列を定義するまで、手順 5 と 6 を繰り返します。

  8. リストに項目を追加するには、[ 新規] をタップし、各列のデータを入力します。 チェック マークを選択してアイテムを保存します (または、×をタップしてアイテム データを保存せずに破棄します)。

テンプレート ベースのリストを開始する

  1. いずれかのテンプレートをタップすると、そのテンプレートが開き、列とサンプル データが表示されます。

  2. テンプレートをスクロールして、適切かどうかを確認します。  

    水平方向にスクロールすると、左端の列データが表示されたままになります。関連するデータをコンテキストに保持するのに役立ちます。

  3. 目的のテンプレートが見つかったら、[このテンプレートを使用] をタップします。

    新しい一覧が開き、テンプレートから定義済みのすべての列が表示されます。

  4. 列を追加するには、[ その他] をタップし、[ 新しい列の追加] をタップします。

  5. 必要な列データの種類を選択し、列の設定を定義します。 チェック マークをタップして列の設定を保存します。

  6. 必要な追加の列が定義されるまで、手順 4 と 5 を繰り返します。

  7. 既存の列を削除するには、列見出しをタップし、設定の下部までスクロールして、[ 列の削除] をタップします。

  8. リストに項目を追加するには、[ 新規] をタップし、各列のデータを入力します。 チェック マークを選択してアイテムを保存します (または、×をタップしてアイテム データを保存せずに破棄します)。

  1. [リスト] ホーム ページで、[ 新規] をタップします。

  2. [ 新規作成] で、[ 空の一覧] をタップして最初からリストを開始するか、[テンプレート] の下にあるオプションを選択 します

    • 空白のリスト は、最初からリストを開始します。

    • テンプレート は、定義済みの目的ベースのオプションで、列が既に定義されています。 1 つを選択して、その内容と、それが適切かどうかを確認します。 必要に応じて列を変更できます。

空のリストを開始する

  1. [空白の一覧] をタップし、[名前][説明] を入力します。

  2. 色とアイコンを選択します。

  3. [マイ リスト] で保存するか、特定の SharePoint サイトに保存するかを選択します。

  4. [ 作成] をタップします。

    空のリストが開き、左側に標準の "タイトル" 列が表示されます。

  5. 列を追加するには、[ その他] をタップし、[ 列の追加] をタップします。

  6. 必要な列データの種類を選択し、列の設定を定義します。 チェック マークをタップして列の設定を保存します。

  7. すべての列を定義するまで、手順 5 と 6 を繰り返します。

  8. リストに項目を追加するには、[ 新規] をタップし、各列のデータを入力します。 チェック マークを選択してアイテムを保存します (または、×をタップしてアイテム データを保存せずに破棄します)。

テンプレート ベースのリストを開始する

  1. いずれかのテンプレートをタップすると、そのテンプレートが開き、列とサンプル データが表示されます。

  2. テンプレートをスクロールして、適切かどうかを確認します。  

    水平方向にスクロールすると、左端の列データが表示されたままになります。関連するデータをコンテキストに保持するのに役立ちます。

  3. 目的のテンプレートが見つかったら、[このテンプレートを使用] をタップします。

    新しい一覧が開き、テンプレートから定義済みのすべての列が表示されます。

  4. 列を追加するには、[ その他] をタップし、[ 列の追加] をタップします。

  5. 必要な列データの種類を選択し、列の設定を定義します。 チェック マークをタップして列の設定を保存します。

  6. 必要な追加の列が定義されるまで、手順 4 と 5 を繰り返します。

  7. 既存の列を削除するには、列見出しをタップし、設定の下部までスクロールして、[ 列の削除] をタップします。

  8. リストに項目を追加するには、[ 新規] をタップし、各列のデータを入力します。 チェック マークを選択してアイテムを保存します (または、×をタップしてアイテム データを保存せずに破棄します)。

SharePoint Server 2010でリストを作成する

リストを作成してページで使用できます。 SharePoint Server 2010 には、予定表、アンケート、タスクなど、さまざまな種類のリスト テンプレートが含まれています。

  1. [サイト アクション] [サイトの操作] メニューを選択し、[すべてのサイト コンテンツの表示] を選択して、[[作成]の作成 ] を選択します。

    注:  SharePoint サイトは大幅に変更されている場合があります。 コマンド、ボタン、リンクなどのオプションの場所がわからない場合は、管理者にお問い合わせください。

  2. コミュニケーション追跡などのカテゴリのいずれかを選択し、そこから選択します。

    カテゴリをクリックし、目的のリスト アプリを選ぶ

    連絡先予定表などの [インストール済みアイテムの検索] ボックスに作成するリスト テンプレートの種類を入力し、[検索 [検索] ボックスの虫眼鏡アイコン] を選択することもできます。

  3. リストの 名前 を入力します。 名前は必須です。

    名前はほとんどのビューのリストの上部に表示され、リスト ページの Web アドレスの一部になり、ユーザーがリストを見つけるのに役立つサイト ナビゲーションに表示されます。 リストの名前は変更できますが、Web アドレスは変わりません。

  4. 必要に応じて、一覧とその他のオプションを設定するには、[ 詳細オプション] をクリックし、[説明] を入力 します

    ほとんどのビューで、説明は名前の下に表示されます。 一部の種類のリストでは、電子メールでコンテンツを受信できます。 リストが電子メールでコンテンツを受信できるようにする予定の場合は、リストのメール アドレスをその説明に追加して、ユーザーが簡単にメール アドレスを見つけられるようにすることができます。 リストの説明は変更することができます。

  5. クイック起動パネルにリンクを追加するには、[ ナビゲーション ] セクションで [ はい ] が選択されていることを確認します。

  6. Email セクションがある場合、管理者はサイトのリストが電子メールでコンテンツを受信できるようにします。 ユーザーが電子メールを送信してこのリストにコンテンツを追加できるようにするには、[この一覧で電子メールを受信できるようにする] で [はい] を選択します。 次に、[Emailアドレス] ボックスに、ユーザーがリストに使用するアドレスの最初の部分を入力します。 このオプションは、一部のリストの種類では使用できません。

  7. 予定表 アプリで 予定表がグループ 予定表として機能するかどうかを指定するなど、その他のオプションを完了します。

  8. [作成] を選びます。

SharePoint Server 2010 を使用すると、編集しているページからリストを作成できます。 これにより、必要なページとリストをより効率的かつ効果的に作成できます。

  1. ページで [ 編集] タブを選択し、[ 編集] コマンドを選択します。

    [ページ] タブの [編集] コマンド

    注: [編集] コマンドが無効になっている場合、ページを編集する権限がない可能性があります。管理者にお問い合わせください。

  2. 新しいリストを追加するページを選択し、[ 挿入 ] タブを選択して、[新しい一覧] を選択します。

    新しいリストをページに挿入する

    注:  [編集] タブが表示されない場合、または [新しいリスト] が無効になっている場合は、リストの作成に必要なアクセス許可がない可能性があります。管理者に問い合わせてください。

  3. [ リストの作成 ] ダイアログで、 リスト タイルを入力し、作成するリストの種類を選択して、[OK] を選択します

    リストの名前を入力し、テンプレートを選ぶ

カスタム リストの作成は、テンプレートからリストを作成する場合と似ていますが、カスタム リストはタイトル、作成者、変更者の 3 つの列のみで作成される点異なります。 カスタム リストを作成した後、必要に応じて列を追加したり、リストに他の変更を加えることができます。

  1. [サイト アクション] [サイトの操作] メニューを選択し、[すべてのサイト コンテンツの表示] を選択して、[[作成]の作成 ] を選択します。

    注:  SharePoint サイトは大幅に変更されている場合があります。 コマンド、ボタン、リンクなどのオプションの場所がわからない場合は、管理者にお問い合わせください。

  2. [ カスタム リスト] で、[データシート ビュー] で [カスタム リスト ] または [カスタム リスト] を選択します。

    注: 

    • リストでのデータの入力と表示にフォームを主に使う場合は、カスタム リストを使います。

    • リストでのデータの入力と表示にスプレッドシートのようなグリッドを主に使う場合は、データシート ビュー形式のカスタム リストを使います。 これは、同時に複数の項目を更新する場合に便利です。

    • リストを作成した後、リストでデータを入力および表示する方法を変更できます。

  3. リストの 名前 を入力します。 名前は必須です。

    名前はほとんどのビューのリストの上部に表示され、リスト ページの Web アドレスの一部になり、ユーザーがリストを見つけるのに役立つサイト ナビゲーションに表示されます。 リストの名前は変更できますが、Web アドレスは変わりません。

  4. リストの 説明 を入力します。 (オプション)

    ほとんどのビューで、説明は名前の下に表示されます。 一部の種類のリストでは、電子メールでコンテンツを受信できます。 リストが電子メールでコンテンツを受信できるようにする予定の場合は、リストのメール アドレスをその説明に追加して、ユーザーが簡単にメール アドレスを見つけられるようにすることができます。 リストの説明は変更することができます。

  5. クイック 起動へのリンクを追加するには、[ ナビゲーション ] セクションで、[ はい ] が選択されていることを確認します。

  6. Email セクションがある場合、管理者はサイトのリストが電子メールでコンテンツを受信できるようにします。 ユーザーが電子メールを送信してこのリストにコンテンツを追加できるようにするには、[この一覧で電子メールを受信できるようにする] で [はい] を選択します。 次に、[Emailアドレス] ボックスに、ユーザーがリストに使用するアドレスの最初の部分を入力します。 このオプションは、一部のリストの種類では使用できません。

  7. [作成] を選びます。

  1. リストまたはライブラリを追加するページで、[ページ] を選択し、[編集] を選択します。 [ ページ ] タブが表示されない場合は、[設定 ]Office 365 の [設定] ボタン選択し、[ページの編集] を選択します。

    ページを編集する

    注:  [編集] コマンドが無効になっているか、表示されない場合は、ページを編集する権限がない可能性があります。 担当の管理者に問い合わせてください。

  2. リストまたはライブラリが表示されるページ上の場所を選択し、[挿入] を選択して、[アプリ パーツ] を選択します。

  3. リストまたはライブラリの場合は、 アプリ パーツを選択し、[追加] を選択します。

  4. ページの編集が完了したら、[保存] を選択します。 状況に応じて、[下書きとして保存] または [保存して公開] のオプションも使えます。

前の手順を使用して、ページに追加されたリストの例を次に示します。

ページ上のリスト

ライブラリで同じことを行いたい場合

ライブラリを作成するには、「 ドキュメント ライブラリの作成」を参照してください。

リストでの次の手順

    列を追加および削除して、リストが保持する情報の種類を構成します。 詳細については、「 リストまたはライブラリに列を作成する」を参照してください。

表示    ビューを作成してリストの表示方法を変更します。 詳細については、「 リストまたはライブラリのビューを作成、変更、または削除する」を参照してください。

フォルダー    サブフォルダーをリストに追加します。 詳細については、「 一覧にフォルダーを作成する」を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×