リッチテキストリスト列を編集する

リッチテキストリスト列を編集する

リストの列内ではテキストの既定の設定は、プレーン テキストです。 ただし、[強化された リッチなテスト 列] 設定を選択すると、テキストのフォントの色、サイズ、またはマークアップをカスタマイズできます。 拡張リッチテキスト列を作成するには、編集アクセス許可レベル以上が必要です。

Microsoft SharePoint、Microsoft 365 のリストアプリ、または Teams でリストを作成できます。 Microsoft Teams のリストの使用を開始する方法について説明します。

拡張リッチ テキスト列を作成する

注: お使いの画面はここにある例とは異なりますか?管理者がリストでクラシック モードを設定している可能性があります。 使用している管理者が、リストにクラシック環境を設定しているか、以前のバージョンを使用している可能性があります。 その場合は、「リスト内の列見出しのテキストの書式を変更する」を参照してください。 リストの所有者、サイトの所有者、または管理者の方は、「リストまたはドキュメント ライブラリの既定の環境を新しい環境またはクラシック環境に切り替える」で既定の設定を変更するための手順をご確認ください。

  1. 拡張リッチテキスト列を作成するリストを開きます。

  2. リストで右端までスクロールし、[ + 列の追加 ] または [ +] を選びます。

  3. メニューで、 複数行のテキストを選択します。

    複数行テキスト

  4. 列の名前と説明を入力します。

  5. [ その他のオプション] をクリックし、 拡張リッチテキストを使用する (画像、表、ハイパーリンクが含まれるリッチテキスト) オプションを選択します。

    拡張リッチテキストを使用する

  6. [保存] をクリックします。

拡張リッチ テキスト列を編集する

  1. 編集するリストを開きます。

  2. リスト項目を選択し、右クリックして、[ 編集] を選択します。

    フォームを編集する

  3. テキストラベルの横にある鉛筆 リストの [ペン] アイコン をクリックして、編集ウィンドウを表示します。

    リッチテキストの編集

    [ クイック編集 ] ビューで拡張リッチテキスト列を編集することはできません。

  4. 必要に応じてテキストを追加し、書式を設定します (フォント、フォントサイズ、フォントの色、蛍光ペン、太字、斜体、下線、箇条書き、段落番号などを変更します)。

    リッチテキストの編集

    • その他の書式設定オプションについては、省略記号 (...) をクリックします。 を選び、一覧から選択します。

      他の要素を挿入する

    •  以下の表の書式設定を適用する場合は、編集ウィンドウの下部にある [ クラシックエクスペリエンスに戻す ] を選択します。 

      モダンリッチテキストエディターでサポートされていない従来のリッチテキストエディターの機能:

      テキストを打ち消し線にする

      下付き、スーパースクリプト

      左から右の段落、右から左の段落

      両端揃え

      スタイル

      変更履歴 > HTML ソースを編集する

      マークアップ > html 要素に基づいてページ上の要素を選択する

      注釈 > HTML を XHMTL に変換する

      マークアップ > 言語を選ぶ

      > の表を挿入する

      サイトに画像を挿入 > アップロードする

      サイトにファイルを挿入 > アップロードする

      埋め込みコードの挿入 >

  5. 変更を加えた場合は、[ 編集 ] タブをクリックし、[ 保存] をクリックします。

  6. [保存] をクリックします。

ご意見を寄せてください。

この記事はお役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。 役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や情報が不足している点をお知らせください。 お客様からのご意見は、事実を確認し、情報を追加して、この記事を更新するために利用させていただきます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×