ウィザードでリバース エンジニアリングするストアド プロシージャを選択します。

リバース エンジニアリングを行うストアド プロシージャを選択します

ターゲット データベースから抽出できるストアド プロシージャがすべて表示されます。

すべて選択

リスト内のストアド プロシージャをすべて選択します。

すべての選択を解除

リストで選択されているすべてのストアド プロシージャの選択を取り消します。

このウィザードについて

このウィザードでは、リバース エンジニアリングするターゲット データベースへの接続を作成する手順について説明します。

接続を作成するには、インストールされているドライバーと 32 Visio ODBC (Open Database Connectivity) データ ソースを指定します。 便宜上、ウィザードを実行する前に、リバース エンジニアリングするターゲット データベース Visio 既定のドライバーとターゲット データベースを設定する必要があります。

ウィザードによって抽出されるスキーマ定義情報は、DBMS (データベース管理システム) や ODBC ドライバーの機能など、いくつかの要因の組み合わせによって異なります。 対象の DBMS で利用可能な範囲で、リバース エンジニアリング ウィザードが抽出するスキーマ定義情報を選択できます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×