レコーディングの文字起こしを行う

Surface Book デバイスの写真

変換機能は、音声をテキスト トランスクリプトに変換し、各スピーカーを個別に分離します。 会話、インタビュー、会議の後に、タイムスタンプ付きオーディオを再生して記録の一部を再確認し、議事書を編集して修正を行います。 完全なトランスクリプトを Word 文書として保存したり、スニペットを既存の文書に挿入することができます。

音声を変換するには、次の 2 つの方法があります。 

  • Word で直接録音する

  • オーディオ ファイルをアップロードする

キャンバスでノートを取っている間に Word for Web で直接記録してから、記録を文字起こしすることができます。  記録すると、背景に文字が変換されます。ディクテーションと同じ方法でページにテキストが表示されます。 記録を保存して文字起こしすると、トランスクリプトが表示されます。

  1. 新しいアプリまたは Chrome を使用して Microsoft 365サインイン Microsoft Edge確認します。

  2. [ホーム]メニューの [ディクテーション>ドロップダウン リストに移動> します

    [ディクテーション] ドロップダウンと [文字起こし] の選択を示す画像。

  3. [文字起 こし] ウィンドウで 、[記録の開始] を選択します

    [記録の開始] を選択する

  4. 初めてトランスクリブする場合は、マイクを使用するためのアクセス許可をブラウザーに付与します。 ブラウザーにダイアログが表示される場合や、ブラウザーの設定に移動する必要がある場合があります。 

    • 新しい Microsoft Edge の場合: ... >設定]>アクセス許可>マイク> "https://[会社の URL を許可]...sharepoint.com"

      Microsoft Edge のマイクのアクセス許可の設定ページ

    • Chrome の場合: ... >設定>プライバシーとセキュリティ>の設定>マイク>許可" https://[会社の URL]...sharepoint.com"

      Chrome のマイクのアクセス許可の設定ページ

      ヒント: 

      • デバイスに正しいマイク入力を設定してください。設定しないと、期待しない結果になる可能性があります。 たとえば、前回の使用時間に基づいてコンピューターのマイク入力がヘッドセットのマイクに設定されている場合、対人会議を受け取る場合はうまく動作しません。

      • 仮想通話を記録して文字起こしする場合は、ヘッドセットを使用しない。 そうすることで、録音中にデバイスから出てくるサウンドを受け取る可能性があります。

  5. 一時停止アイコンのアウトラインが青で表示され、タイムスタンプが増加し始めるのを待って、記録が開始されたと知らせします。

  6. 会話を開始するか、他のユーザーと会話を開始します。 はっきりと話します。

  7. 記録中 は、[文字起こし ] ウィンドウを開いたままにします。

  8. 一時停止アイコンを選択して、記録を一時停止します。


    記録時間の増分、中央に一時停止ボタン、下部に [保存] と [文字起こし] ボタンを含む記録の序文。
    マイク アイコンを選び、録音を再開します。

    上部にタイムスタンプを付けて一時停止している間の記録の序文、中央に履歴書ボタン、下部に [保存と変換] ボタンを示します。

  9. 完了したら、[保存して文字起こしを今すぐ行う] を選択して記録を保存し、 OneDriveプロセスを開始します。

  10. インターネットの速度によっては、トランスクリプションにしばらく時間がかかる場合があります。 トランスクリ プションを行っている間は、[文字起こし] ウィンドウを開いた状態にします。 他の作業を行う、またはブラウザーのタブやアプリケーションを切り替えて、後でもう一戻してください。

次の点に注意してください。 レコーディングは、新しいフォルダーの [変換されたファイル] フォルダーに OneDrive。 削除することができます。 プライバシーの詳細については、Microsoft をご覧ください。

事前に記録されたオーディオ ファイルをアップロードし、録音を変換することができます。 現時点では、アップロードされた記録に関して、1 か月あたり 5 時間のトランスクリプション時間に制限されています。

  1. 新しいアプリまたは Chrome を使用して Microsoft 365サインイン Microsoft Edge確認します。

  2. [ホーム]メニューの [ディクテーション>ドロップダウン リストに移動> します

    [ディクテーション] ドロップダウンと [文字起こし] の選択を示す画像。

  3. [文字起 こし] ウィンドウで 、[オーディオのアップロード] を選択します。

    [オーディオのアップロード] を選択する

  4. ファイル ピッカーからオーディオ ファイルを選択します。 Transcribe は現在、.wav、.mp4、.m4a、.mp3 形式をサポートしています。 

  5. インターネットの速度 (オーディオ ファイルの長さ) によっては、トランスクリプションにしばらく時間がかかる場合があります。 トランスクリプションの実行中は必ず [ 転記] ウィンドウを開いた状態にしてください。ただし、他の作業を行う、またはブラウザーのタブやアプリケーションを切り替えて、後で戻ってくるのも自由です。

注: 記録は、OneDrive の [変換されたファイル] フォルダーに保存されます。 削除することができます。 プライバシーの詳細については、Microsoft をご覧ください。

トランスクリプトを操作する

トランスクリプトは、削除するまで添付されているドキュメントに関連付けされます。 ウィンドウを閉じてもう一度開いた場合、または文書を閉じてもう一度開いた場合、トランスクリプトは文書と一緒に保存されたままです。

トランスクリプトを操作するには、いくつかの方法があります。

オーディオ ファイルにアクセスする

録音またはアップロードされたオーディオ ファイルは、次のフォルダーの [変換 されたファイル] フォルダー OneDrive。

[変換されたファイル] フォルダーが表示されている OneDrive フォルダー

オーディオを再生する

[文字起こし] ウィンドウの上部にある コントロールを 使用して、オーディオを再生します。 関連するトランスクリプト セクションが再生中に強調表示されます。

セクションの再生が強調表示されている

  • オーディオのその部分を再生するトランスクリプト セクションのタイムスタンプを選択します。

  • 再生速度を 2 倍に変更します。

スピーカーのラベルを変更する、またはセクションを編集する

トランスクリプション サービスは、異なるスピーカーを識別して分離し、"スピーカー 1"、"スピーカー 2" などのラベルを付けします。スピーカー のラベルを編集し、そのすべての出現箇所を別のラベルに変更できます。 セクションの内容を編集して、トランスクリプションの問題を修正できます。

  1. [文字 起こし] ウィンドウ で、編集するセクションの上にマウス ポインターを置きます。

  2. [トランスクリプトの編集] セクション アイコンを選択します。

    [トランスクリプトの編集] セクションを選択する

  3. コンテンツを編集するか、ラベルを変更します。 ラベルのすべてのインスタンスを変更するには、[すべてのスピーカーを変更] [x] を選択します

    トランスクリプト名のラベルを変更するか、セクションを編集します。

  4. 変更を保存するには、[確認] アイコンを選択します。

    [確認] を選択します。

文書にトランスクリプトを追加する

ディクテーションとは異なり、Transcribe は自動的にオーディオを文書に追加しない。 代わりに、[ 文字 起こし] ウィンドウから、トランスクリプト全体またはドキュメントの特定のセクションを文書に追加できます。

  • 特定のトランスクリプト セクションを追加するには、セクションの上にマウス ポインターを置き、[ドキュメントにセクションを追加] アイコンを選択 します。

    [文書にセクションを追加] を選択する

  • 文書にトランスクリプト全体を追加するには、[すべて文書に追加] を選択します

    ドキュメントまたは新しいトランスクリプションにすべて追加する

  • トランスクリプトを削除するか、新しいトランスクリプトを作成するには、[新しいトランスクリプ ション] を選択します。 1 つのドキュメントに保存できるトランスクリプトは 1 つのみです。文書の新しいトランスクリプトを作成すると、現在のトランスクリプトが削除されます。 ただし、文書に追加したトランスクリプト セクションは文書に残りますが、[文字起こし] ウィンドウ には残 されません。

録音したオーディオ ファイルの名前を変更する

録音されたオーディオ ファイルの名前を変更できます。

  1. OneDriveの[変換されたファイル] フォルダーに移動するか、[文字起こし]ウィンドウの上部で記録の名前をクリックします。 オーディオ プレーヤー インターフェイスが表示されたら、それを閉じて [ 変換されたファイル] フォルダーに戻 る。

  2. レコーディングを見つけて、[アクション] を選 > ファイルの名前を変更します。

    記録が強調表示され、コンテキスト メニューで [名前の変更] オプションが強調表示された OneDrive ファイル インターフェイス
     

    注: [ 変換されたファイル ] フォルダーの表示は、アカウントが一OneDrive個人用かによって異なります。

  3. Word の [文字起こし] ウィンドウを閉じ、もう一度開くと、名前の更新が表示されます。

トランスクリプトと記録を共有する

トランスクリプトは、次の 2 つの方法で他のユーザーと共有できます。

  • [すべて文書に追加] ボタンを選択して、文書にトランスクリプト全体を追加し、通常どおり Word 文書を共有します。 トランスクリプトは文書内の通常のテキストとして表示され、文書内のオーディオ ファイルへのハイパーリンクが表示されます。

  • 通常と同じ方法で Word 文書を共有します。 受信者は[変換] ウィンドウを開き、トランスクリプトを操作できます。 プライバシーを保護するために、Word 文書を共有するユーザーは、既定で[文字起こし] ウィンドウでオーディオ ファイルを再生できません。

トランスクリプトを共有し、[変換] ウィンドウでオーディオ ファイルの再生 を有効にすることもできます。

  1. 使用しているバージョンの Word 文書で、[文字起こし] ウィンドウの上部にあるファイル名をクリックして、オーディオ ファイルが保存されている場所に移動 OneDrive。

  2. フォルダー 内の [変換されたファイルOneDriveが開きます。

  3. レコーディングを見つけ、[共有するアクション>選択し、記録を共有する相手のメール   アドレスを追加します。

  4. また、通常どおり Word 文書を共有します。

  5. Word 文書とオーディオ ファイルの両方を共有したユーザーは、Word 文書を開き、[変換] ウィンドウを開き、トランスクリプト ファイルとオーディオ ファイルの両方を操作できます。

言語の可用性とシステム要件

  • 文字起こしは、言語の編集言語として設定した言語でOffice。 現在、サポートされているのは en-US のみです。

  • 現在、より多くの地域と言語で Transcribe を利用できる取り組み中です。

  • 変換するには、インターネット接続が必要です。

  • 文字起こしは、新しいアプリと Chrome でのみ Microsoft Edge動作します。

Transcribe に関する重要な情報

Transcribe は、Office インテリジェント サービスの 1 つであり、クラウドの機能を Office アプリに導入して、時間を節約し、より良い結果を生み出します。

オーディオ ファイルは Microsoft に送信され、このサービスを提供するためにのみ使用されます。 トランスクリプションが完了すると、音声とトランスクリプションの結果はサービスによって保存されません。  詳細については、「接続エクスペリエンス」を参照Office。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×