予定表の設定

予定表は、Outlook Web App のメールや連絡先などの機能と完全に統合されています。 [予定表] の設定を使えば、予定表の既定の外観と設定を変更することができます。

この記事は、Exchange Server 2013 または 2010 を実行しているメール サーバーを管理する組織で使用されている Outlook Web App を対象としています。 Microsoft 365 または Exchange Server 2016 を使用している場合、メール プログラムは Outlook on the web です。 Outlook on the web に関するヘルプについては、「Outlook on the web に関するヘルプを参照する」を参照してください。

  1. Web ブラウザーで、組織のメールを管理する担当者から提供された URL を使用して、Outlook Web App にサインインします。 ユーザー名とパスワードを入力し、[サインイン] を選択します。

  2. ページの上部で、[ 予定表] を選択します。

  3. ページ上部で、[設定] 設定アイコン 、[オプション] の順に選択します。

  4. [ オプション] で、[ 設定] を選択し、[ 予定表] を選択します。

次の設定の変更について

予定表の外観を変更するには、[外観] 設定を使います。

設定

説明

[稼働日を次のように表示する]

予定表で [稼働日] ビューを選択したときに表示される曜日を選びます。

[稼働時間の設定]

稼働時間の 開始時刻終了時刻 を選択します。 非稼働時間は、予定表の残りの部分よりも濃い色で表示されます。 スケジュール アシスタントを使用している場合は、各出席者の稼働時間は、会議時間の候補が考慮されます。

[月単位の表示に週番号を表示する]

このチェックボックスをオンにすると、 ビューで予定表を表示したときの週の数が表示されます。

[週の最初の曜日]

ここで選択した曜日は、[] ビューの中で週の最初の曜日として表示されます。

[年の最初の週]

[月単位の表示に週番号を表示する] を有効にしている場合は、週番号の開始を、年の最初の日から、年の最初の 4 日以上の週から、または、年の最初の 7 日間の完全な週からとするのかを選ぶことができます。

[時間の表示間隔]

この設定を使って予定表で表示される時間の表示間隔を設定します。 オプション ボタンを使って 15 分間隔または 30 分間隔を選びます。

[アラーム] 設定では、予定表の項目に対する既定のアラームを変更します。 既定では、アラームは項目の予定時刻の 15 分前にオンになるように設定されています。

設定

説明

[アラーム機能を有効にする]

予定表の項目に対してアラームを表示するには、このチェック ボックスをオンにします。

[アラームを音で知らせる]

アラームを音で知らせるには、このチェック ボックスをオンにします。

[アラームの既定値]

イベント発生のどれくらい前に既定のアラームを表示させるかを設定するには、この設定を使います。

[自動処理] 設定を使用して、会議出席依頼、返答、および通知を処理する方法を変更します。

設定

説明

[更新された会議出席依頼と返信を削除する]

このチェック ボックスをオンにすると、期限切れの会議出席依頼と返信が、受信トレイから自動的に削除されます。

[転送された会議出席依頼に関する通知を削除する]

このチェック ボックスをオンにすると、会議出席依頼の転送通知が [削除済みアイテム] に自動的に入れられます。 既定では、主催する会議出席依頼が、会議出席者の 1 人によって新しい受信者に転送された場合に、これらの通知を受信します。 このオプションを選択しても、会議出席依頼に対する応答の処理に影響はありません。

予定表イベントに関する通知が、テキスト メッセージとして電話に直接送信されるようにすることができます。 テキスト メッセージングの通知をまだ設定していない場合、[通知の設定] というラベルの付いたボタンが表示されます。 テキスト メッセージングの通知の設定を完了したら、以下の設定を管理できます。

設定

説明

[あと <日数> 日で予定表が更新されるときの通知]

予定表の更新に関するテキスト通知を受信するには、このチェック ボックスをオンにします。 このチェックボックスをオンにした後、1 ~ 7 日間の範囲を選択します。 [稼働時間内にのみ送信する] チェック ボックスをオンにすると、通知は、[外観] 設定で設定した稼働時間に制限されます。

[会議のアラームの通知]

このチェック ボックスをオンにすると、今後の会議のテキスト通知が送信されます。 [稼働時間内にのみ送信する] チェック ボックスをオンにすると、通知は、[外観] 設定で設定した稼働時間に制限されます。

[日次予定表の項目]

テキスト メッセージを介して日次予定表の項目を受信するには、このチェック ボックスをオンにします。 このチェック ボックスをオンにした後で、日次予定表の項目が送信される時間を選びます。

予定表で問題が発生している場合は、[予定表のトラブルシューティングを使用する] リンクを使ってサポート担当者へお問い合わせください。 使用するには、リンクを選択し、次の操作を行います。

  1. [設定] > の [設定] を選択し>カレンダー>設定] を選択します。

  2. [ 予定表のトラブルシューティングをサポートします] を選択します。

  3. 問題のある予定表アイテムの件名を [件名でこれらの単語を検索する] に入力します。

  4. [送信] を選択します。

予定表のログを確認した後、サポートがお客様にご連絡いたします。

関連項目

Outlook Web App の予定表

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×