以前のバージョンの Microsoft Office Access (Access 2007 以前) でカスタム ツール バーとメニュー バーを作成した場合、この記事では、現在のバージョンの Accessでこれらの設定を開いた場合の動作について説明します。

この記事の内容

以前のバージョンのデータベースの現在のバージョンでの動作

以前のバージョンの Access データベース (.mdb ファイル) にカスタム ツール バー、カスタム メニュー バー、またはユーザー設定の起動動作が含まれている場合、より新しいバージョンでデータベースを開いた場合、または従来のデータベースを .accdb または .accde ファイルに変換するときに、オプションを保持できます。 たとえば、組み込みのツール バーをオフにし、Access 2003 で作成されたデータベースの既定のメニュー バーを置き換えた場合、以前のバージョンの Access を使用してデータベースを変更しない限り、現在のバージョンの Access でデータベースを開いた場合、その動作はそのまま残ります。

現在のバージョンで従来のファイル (.mdb、.mde、.mda ファイル) を開いた場合にリボンを非表示にしたり、Access のオプションを使用してリボンとツール バーの動作をカスタマイズして、以前のバージョンのファイルに対して異なる動作を定義することができます。 詳細については、「カレント データベースのユーザー オプションを設定する」を参照してください。

以前のバージョンの Access データベースを開き、リボンの表示を選択すると、[アドイン] タブにカスタム ツール バーがグループ として表示 されます。 タブ内の各グループはカスタム ツール バーに対応し、各グループは元のツール バーに割り当てられた名前を使用します。 ただし、従来のデータベースにツール バーが表示されている必要があります。または、タブには表示されません。

注: カスタム起動動作を回避するには、Shift キーを押しながらデータベースを開きます。

カスタム ツール バーを含む以前のバージョンのデータベースを開く

  1. [ファイル] タブをクリックし、[開く] をクリックします。

    [ファイルを開く] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. データベース ファイル (.mdb ファイルまたは .mde ファイル) を選び、[開く] をクリック します

    以前のバージョンのデータベースが開き、データベース オブジェクトがナビゲーション ウィンドウに表示されます。 起動時に表示するフォーム、スイッチボード、その他のオブジェクトを設定している場合は、そのオブジェクトもナビゲーション ウィンドウに表示されます。 また、ユーザー設定のツールバーまたはメニュー バーを作成した場合は、[アドイン] タブに 1 つ以上のグループとして表示されます。 各グループは、ユーザー設定ツール バーまたはメニュー バーに最初に割り当てられた名前を使用します。

    注: [アドイン] タブが表示されない場合は、[ファイル]タブをクリックし、[オプション] をクリックし、[リボンのユーザー設定]をクリックします。 [リボン のユーザー設定] 領域で、[アドイン ] オプションが選択 されている必要があります。

  3. [ アドイン] タブをクリック します。

    ユーザー設定ツール バーは 1 つ以上のグループとして表示され、必要に応じてツール バーを使用できます。 たとえば、カスタム ツール バーに [リレーションシップの印刷] コマンドが含まれている場合、データベースのリレーションシップを表示するまで、そのコマンドは有効にされません。

カスタム メニュー バーのみを使用する Access を設定する

  1. 以前のバージョンの Access データベースを現在のバージョンで開きます。

  2. [ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックします。

  3. [Access のオプション] ダイアログ ボックスで [カレント データベース] をクリックします。

  4. [ リボンとツール バーのオプション] の [フル メニューの 許可] オプションをオフにし 、[OK] をクリックします

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×