以前のバージョンの Excel で Excel を使用する

Excel の新バージョンをインストールした後で、以前のバージョンの Excel で作成したブックの作業を引き続き行う方法、現在のバージョンの Excel をインストールしていないユーザーがこれらのブックに引き続きアクセスできるようにする方法、そしてバージョン間の違いが作業方法にどう影響するかについて説明します。

Excel 97-2003 など、以前のバージョンの Excel との下位互換性を保つには、2 つの方法のいずれかを使用して、異なるバージョン間でブックを交換できます。

  • 互換モードで作業する    以前のバージョンの Excel で作成されたブックを開き、互換性モードで作業して、以前のバージョンで簡単に開くことができるファイル形式でブックを維持できます。 互換性モードは、他のブック Excel 2007 できません。

  • 互換性を確認するブック    現在のファイル形式で作業するが、以前のバージョンの Excel を使用しているユーザーとブックを共有する必要がある場合は、データが以前のバージョンの Excel と互換性を持っている必要があります。 その後、以前のバージョンのブックでブックを開いた場合に発生する可能性があるデータの損失や忠実度を回避するために必要な変更をExcel。

互換モードで作業する

Excel 97-2003 で作成したブックを Excel 2010 以降で開くと、自動的に互換モードでブックが開き、Excel のタイトル バーのファイル名の隣に、[互換モード] と角かっこ付きで表示されます。

互換モードのファイル形式

互換モードでは、新しい Excel 機能または拡張された Excel 機能を使用できないので、以前のバージョンの Excel でブックを開いた場合のデータの損失と忠実度を防Excel。 また、現在のファイル形式 (.xlsx、.xlsb、.xlsm、.xltx、.xltm) を使用する代わりに、ブックは Excel 97-2003 ファイル形式 (.xls) に保存されます。以前のバージョンの Excel で開くことができるファイル形式です。

自動的に有効になる互換モード

Word などの他の Office プログラムとは違い、Excel の互換モードを手動で有効にすることはできません。また、互換モードでブックの作業を行うときに、新しい機能を組み込むオプションはありません。

互換モードを終了する

互換モードで作業を行う必要がなくなった場合は、ブックを現在のファイル形式に変換できます。 詳細については、「ブックを Excel 2010 のファイル形式に変換する」を参照してください。

以前のバージョンの Excel でサポートされない Excel の機能

以前のバージョンの Excel では、Excel の機能が一部サポートされません。 互換モードで作業する場合、または Excel ブックを Excel 97-2003 (.xls) のファイル形式で保存する場合は、互換性チェックによって、以前のバージョンの Excel では機能が大幅に失われたり、忠実に再現されなかったりする可能性のある問題を識別できます。 互換性チェックの実行後、以前のバージョンの Excel でデータまたは機能が失われないようにするため、必要に応じて現在のブックを変更できます。

ブックを Excel 97-2003 ファイル形式で保存すると、互換性チェックが自動的に実行されます。 ただし、現在のバージョンの Excel と互換性があることを確認するには、ブックを初めて保存するときに互換性チェックを手動で実行する必要があります。 その後、そのブックを保存するたびに互換性チェックが自動的に実行されるように指定できます。 互換性チェックの実行方法の詳細については、「以前のバージョンの Excel との互換性について Excel 2010 ブックを確認する」を参照してください。

互換性チェックでは、検出された互換性の問題が一覧表示され、多くの問題に対して [検索] および [ヘルプ] が表示されます。 問題の発生箇所をすべて確認し、解決方法に関する情報を取得することができます。 互換性チェックが自動的に実行される場合、互換性の問題が発生する可能性がある Excel のバージョンも特定されます。

バージョンが強調表示された互換性チェック

サポートされていないワークシートの機能

サポートされていないワークシートの機能が原因で、次の互換性の問題が発生し、機能が大幅に損なわれたり、元の状態を忠実に再現できなくなったりする可能性があります。

機能の大幅な損失

解決方法

このブックでは、選択したファイル形式で扱える行列数の範囲外にあるセルに、データが存在します。 65,536 行を超える高さ 256 (IV) 列幅のデータは保存されません。 範囲外のデータを参照している数式は、#REF! エラーを返します。

意味   Excel 2007 以降のワークシートのサイズは、高さ 1,048,576 行、幅 16,384 列であるのに対し、Excel 97-2003 では高さ 65,536 行、幅 256 列のみです。 Excel 97-2003 では、この行列数の範囲外にあるセルのデータは失われます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、列数と行数の制限範囲外にあるセルや範囲を探してそれらの列および行を選択し、[切り取り] および [貼り付け] を使用して、これらのセルや範囲を行列数の制限範囲内に配置するか、別のワークシートに移動します。

互換性チェック

このブックには、選択したファイル形式の行数/列数の制限を上回る数のセルを参照するシナリオが含まれています。 これらのシナリオは、選択したファイル形式では保存されません。

<c0>意味</c0>ワークシート内のシナリオが、Excel 97-2003 の列数と行数の制限 (256 列、65,536 行) を超える範囲にあるセルを参照しています。    ワークシートのシナリオは、Excel 97 から 2003 の列と行の制限 (256 列で 65,536 行) の列と行の制限外のセルを参照し、以前のバージョンの Excel のファイル形式にブックを保存し続ける場合は使用できなくなりました。

解決策    シナリオ マネージャーで、以前のバージョンの Excel の行と列の制限を超える参照を含むシナリオを探し、その制限内の場所への参照を変更します。

[データ] タブの [データ ツール] で、[What-If 分析] をクリックし、[シナリオの登録と管理] をクリックします。 [シナリオ] ボックスで、この互換性の問題を引き起こしているシナリオを探し、参照を編集します。

このブックには、選択したファイル形式でサポートされていないカレンダーの書式による日付が含まれています。 これらの日付は、グレゴリオ暦の日付として表示されます。

意味   Excel 2007 以降では、ヘブライ太陰暦、旧暦 (日本)、旧暦 (中国)、サカ暦、干支 (中国)、干支 (韓国)、六曜旧暦、旧暦 (韓国) などの国際的なカレンダーの書式をユーザーのニーズに合わせて作成できます。 しかし、これらのカレンダーの書式は、Excel 97-2003 ではサポートされていません。

操作    機能の損失を防ぐには、カレンダーの書式を Excel 97-2003 でサポートされている言語 (またはロケール) に変更します。

このブックには、選択したファイル形式でサポートされていないカレンダーの書式による日付が含まれています。 これらの日付は、グレゴリオ暦のカレンダーを使用して編集してください。

意味    Excel 2007 以降では、欧米以外のカレンダーの種類 (タイ仏暦やイスラム暦など) を適用できます。 Excel 97-2003 では、このような種類のカレンダーは西暦でのみ編集できます。

操作    機能の損失を防ぐには、カレンダーの書式を Excel 97-2003 でサポートされている言語 (またはロケール) に変更します。

このブックには、以前のバージョンの Excel でサポートされている数よりも多くのセルにデータが含まれています。 以前のバージョンの Excel では、このブックを開くことができません。

意味   Excel 2007 以降では、有効なセル ブロック (CLB) の合計数は、使用可能なメモリのサイズによって制限されます。 Excel 97-2003 では、有効な CLB の合計数は、Excel の 1 つのインスタンスにつき 64,000 個に制限されています。

1 つの CLB に含まれるワークシートの行は 16 行です。 ワークシートのすべての行にデータが含まれる場合、そのワークシートには 4,096 個の CLB が含まれることになりますが、Excel の 1 つのインスタンスでは、そのようなワークシートは 16 枚しか保持できません (この場合、Excel で開いているブックの数は考慮していません)。

操作    ブックの CLB が 64,000 個を超えないようにして、Excel 97-2003 でブックを開くことができるようにするには、ブックを Excel 97-2003 ファイル形式で保存してから、互換モードで操作する必要があります。 互換モードでは、作業中のブックに含まれる CLB が Excel によって管理されます。

このブック内の一部のセルには、スパークラインが含まれています。 スパークラインは保存されません。

意味    Excel 97-2007 では、値の系列の傾向を表示するスパークラインはワークシートに表示されません。

ただし、すべてのスパークラインはブック内でそのまま保持され、再び Excel 2010 以降でブックを開いた場合に適用されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、スパークラインを含むセルを探し、必要な変更を加えます。 たとえば、以前のバージョンの Excel では表示されないスパークラインの代わりとして、またはスパークラインと共に、条件付き書式を適用できます。

再現性の低下

解決方法

以前のバージョンの Excel では、ヘッダーとフッターのテキストに色を設定することはできません。 色の書式設定の情報は、以前のバージョンの Excel では書式なしのテキストとして表示されます。

意味    Excel 2007 以降では、ヘッダーとフッターのテキストに色を設定できます。 Excel 97-2003 では、ヘッダーとフッターのテキストに色を設定することはできません。

操作    色の書式設定を削除する場合は、互換性チェックで [修正] をクリックします。

互換性チェック

このブックには、偶数ページまたは先頭ページのヘッダーとフッターを持つワークシートがあります。 これらのページのヘッダーとフッターは、以前のバージョンの Excel では表示できません。

意味   Excel 2007 以降では、偶数ページや先頭ページに異なるヘッダーとフッターのテキストを表示できます。 Excel 97-2003 では、偶数ページまたは先頭ページのヘッダーとフッターは表示できませんが、Excel 2007 以降で再度これを開くと、これらのヘッダーとフッターが使用されます。

操作    Excel 97-2003 ファイル形式でブックを保存することが多い場合、当該のブックでは偶数ページまたは先頭ページのヘッダーとフッターを使用しないことをお勧めします。

選択したファイル形式でサポートされていない書式が、このブック内の一部のセルまたはスタイルに設定されています。 このような書式は、選択したファイル形式で使用できる最も近い書式に変換されます。

意味    Excel 2007 以降では、特殊効果や影など、さまざまなセルの書式やスタイルのオプションを使用できます。 これらのオプションは Excel 97-2003 では使用できません。

操作    ブックを保存し続けると、使用できる書式のうち最も近いものが適用されますが、この書式はブック内で既に他の要素に適用されているものと同じである場合があります。 書式が重複しないようにするには、ブックを Excel 97-2003 ファイル形式で保存する前に、サポートされていないセルの書式およびスタイルを変更または削除します。

このブック内の一意のセル書式の数が、選択したファイル形式でサポートされる上限を超えています。 一部のセル書式は保存されません。

意味    Excel 2007 以降では、64,000 個の一意のセル書式を使用できますが、Excel 97-2003 で使用できる一意のセル書式の数は、最大 4,000 個です。 一意のセル書式には、ブック内で適用されている、あらゆる特定の書式の組み合わせが含まれます。

操作    Excel 97-2003 で使用する特定のセル書式が失われないようにするには、保持しておく必要がないセル書式を削除します。

このブック内の一意のフォント書式の数が、選択したファイル形式でサポートされる上限を超えています。 一部のフォント書式は保存されません。

意味    2007 Excelから、1,024 種類のグローバル フォントを使用できます。ブックあたり最大 512 を使用できます。 Excel 97-2003 では、一意のフォント形式がサポートされています。

操作    Excel 97-2003 で使用する特定のフォント書式が失われないようにするには、保持しておく必要がないフォント書式を削除します。

これらの互換性の問題を解決する方法の詳細については、次の記事を参照してください。

サポートされていない Excel テーブルの機能

サポートされていないExcel機能を使用すると、次の互換性の問題が発生し、忠実度が軽微に失われる可能性があります。

再現性の低下

解決方法

テーブルの集計行に、ユーザー設定の数式またはテキストが含まれています。 以前のバージョンの Excel では、そのデータはテーブルなしで表示されます。

意味    Excel 97-2003 では、数式およびテキストはそのまま残りますが、範囲はテーブル形式ではなくなります。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックして、ユーザー設定の数式またはテキストを含むテーブルを見つけ、その数式またはテキストを合計行から削除し、合計行で使用できる数式のみを使用します。

このブックのテーブルの見出し行が非表示になっています。 以前のバージョンの Excel では、[リストに見出しを付ける] チェックボックスがオンになっている場合を除き ([データ]、[リスト]、[リストを作成])、データはテーブルなしで表示されていました。

意味    Excel 97-2003 では、テーブルの表示には見出し行が必要です。

操作    互換性チェックで、[検索] をクリックして見出し行が非表示のテーブルを検索し、見出し行を表示します。

このブック内のテーブルに、テーブルのスタイルが適用されています。 以前のバージョンの Excel では、テーブルのスタイルによる書式は表示できません。

意味    Excel 97-2003 では、テーマに基づくテーブル スタイルは使用できず、表示もできません。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックして、テーブル スタイルが適用されているテーブルを探し、そのテーブル スタイルを削除し、テーブルの書式を手動で設定します。

このブックのテーブルが、外部データ ソースに接続されています。 テーブルの機能は失われますが、データの接続は保持されます。 テーブルの行がフィルターによって非表示になっている場合、その行は以前のバージョンの Excel でも非表示となります。

意味    テーブルの機能は、97-2003 Excelで失われます。

操作    互換性チェックで、[検索] をクリックして外部データ ソースに接続されたテーブルを探し、そのテーブルと外部データ ソースとの接続を解除します。 その後、Excel 97-2003 を使用して、データと外部データ ソースを再度接続することができます。

このブック内のテーブルには、Windows SharePoint Services リストへの読み取り専用の接続が設定されています。 テーブル機能と、接続を更新および編集する機能は失われます。 テーブルの行がフィルターによって非表示になっている場合、その行は以前のバージョンの Excel でも非表示となります。

意味    テーブルの機能は、97-2003 Excelで失われます。

操作    互換性チェックで、[検索] をクリックして Microsoft SharePoint Foundation リストへの読み取り専用の接続が設定されたテーブルを検索し、そのテーブルと SharePoint リストとの接続を解除します。 その後、Excel 2003 を使用して SharePoint リストを読み取りおよび書き込みが可能なリストとしてインポートできます。

また、Excel 2003 ブックで読み取りおよび書き込みが可能なリストを作成してから、このブックを Excel 2010 の互換モードで操作することができます (この場合、Excel 97-2003 ファイル形式は維持されます)。

このブック内のテーブルには、代替テキストが適用されています。 Excel 2010 より前のバージョンでは、代替テキストは削除されます。

意味    代替テキストは、Excel 97-2007 では使用できず、表示もできません。

操作    互換性チェックで、[検索] をクリックして代替テキストを含む Excel テーブルを探します。 以前のバージョンの Excel で代替テキストを表示するには、代替テキストをワークシート内の空白セルにコピーするか、そのテキストを含むコメントを挿入します。

テーブル内の任意の場所で右クリックし、[テーブル]、[代替テキスト] の順にクリックします。 [説明] ボックスで代替テキストを選択し、Ctrl キーを押しながら C キーを押してコピーします。

これらの互換性の問題を解決する方法の詳細については、次の記事を参照してください。

サポートされていないピボットテーブルの機能

サポートされていないピボットテーブルの機能により、次の互換性の問題が発生し、機能が大幅に損なわれたり、元の状態を忠実に再現できなくなったりする可能性があります。

機能の大幅な損失

解決方法

このブックのピボットテーブルは最新のファイル形式のみで有効であり、以前のファイル形式で保存すると失われます。 以前のバージョンの Excel では、互換モードで作成されたピボットテーブルのみ機能します。

意味    Excel 2007 以降で、ピボットテーブル レポートが 1 つのフィールドに対してサポートできるフィールド固有のアイテムの数は 1,048,576 個ですが、Excel 97-2003 では 32,500 個です。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、以前のバージョンの制限を超えているピボットテーブル レポートを探します。 その後、ブックを Excel 97-2003 形式で保存し、該当のピボットテーブル レポートを互換モードで再作成します。

このブックのピボットテーブルには、折りたたまれている行または列のセルに適用される条件付き書式ルールが含まれています。 以前のバージョンのデータベースでこれらのルールが失Excel行または列を展開します。

意味    折りたたむ行または列のセルに適用される条件付き書式規則は、97 ~ 2003 年Excel失われます。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックして、条件付き書式規則を含む折りたたまれている行または列を検索し、それらの行または列を展開してから、ブックを以前の Excel ファイル形式で保存します。

このブックには、ピボットテーブルに関連付けられていない名前付きセットが含まれています。 これらの名前付きセットは保存されません。

意味    ピボットテーブルに関連付けられていない名前付きセットは、Excel 97-2007 では削除されます。

解決策    この問題を回避するには、接続を使用してピボットテーブルを作成してください。

このブックには、What-If 分析が有効になっているピボットテーブルがあります。 以前のバージョンの Excel では、発行されていない What-If 値の変更は失われます。

意味    サーバーに公開されていない What-if 分析の変更は、以前のバージョンのサーバーに表示Excel。

解決策    以前のバージョンの Excel (ピボットテーブル ツール、オプション タブ、ツール グループ、What-If Analysisボタン) でブックを開く前に、what-if 分析の変更を発行してください。

このブック内のピボットテーブルには、同じ測定結果が 2 回以上表示されるデータ軸が含まれています。 このピボットテーブルは保存されません。

意味    Excel 2010 以降では、オンライン分析処理 (OLAP) データ ソースに接続されたピボットテーブルで測定結果を複製できます。 このピボットテーブルは、Excel 97-2007 では表示できません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、同じ測定結果が 2 回以上表示されるデータ軸を含むピボットテーブル レポートを探し、重複した測定結果を削除して測定結果が 1 つだけ表示されるようにします。

このブックのピボットテーブルまたはデータ接続には、以前のバージョンの Excel では使用されていなかったサーバー設定が含まれています。 ピボットテーブルまたはデータ接続のサーバー設定の一部は保存されません。

意味    Excel 97-2007 で利用できないピボットテーブルまたはデータ接続のサーバー設定の一部は失われます。

解決策    使用するサーバー設定が以前のバージョンの Excel と互換性を持ち、必要な変更を行います(ピボットテーブルツール、オプションタブ、データ グループ、データ ソースの変更ボタン、接続プロパティコマンド)。

このブック内のピボットテーブルには、&apos;計算の種類&apos; 機能を使用して表されたデータが含まれています。 これらのユーザー設定の出力は保存されず、データ ソースの元の値で置き換えられます。

意味    計算の種類機能は、Excel 97-2007 ではサポートされておらず、入力したユーザー設定の値データ (総計に対する比率列集計に対する比率累計など) は表示できません。

操作    互換性チェックで、[検索] をクリックして、ユーザー設定の値の出力が含まれているピボットテーブルを探し、ユーザー設定の出力を削除します ([ピボットテーブル ツール] の [オプション] タブにある [計算] グループで [計算の種類] をクリックします)。

このブック内のピボットテーブルには代替テキストが適用されています。 Excel 2010 より前のバージョンでは、代替テキストは削除されます。

意味    代替テキストは、Excel 97-2007 では使用できず、表示もできません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、代替テキストを含むピボットテーブルを探します。 以前のバージョンの Excel で代替テキストを表示するには、代替テキストをワークシート内の空白セルにコピーするか、そのテキストを含むコメントを挿入します。

ピボットテーブル内の任意の場所を右クリックし、[ピボットテーブル オプション] をクリックします。 [代替テキスト] タブの [説明] ボックスで代替テキストを選び、Ctrl キーを押しながら C キーを押してコピーします。

再現性の低下

解決方法

このブック内のピボットテーブルに、ピボットテーブルのスタイルが適用されています。 以前のバージョンの Excel では、ピボットテーブルのスタイルによる書式は表示できません。

意味    Excel 97-2003 では、テーマに基づくピボットテーブル スタイルは使用できず、表示もできません。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックして、ピボットテーブル スタイルが適用されているピボットテーブル レポートを見つけ、そのピボットテーブル スタイルを削除し、以前のバージョンの Excel でサポートされているピボットテーブル書式を手動で適用します。

このブックのピボットテーブルは、Excel 2007 より前のバージョンでは機能しません。 以前のバージョンの Excel では、互換モードで作成されたピボットテーブルのみ機能します。

意味    Excel 2007 以降で作成したピボットテーブル レポートは、Excel 97-2003 で最新の情報に更新することができません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、現在のファイル形式で作成されたピボットテーブル レポートを探します。 ブックを Excel 97-2003 形式で保存し、該当のピボットテーブル レポートを互換モードで再作成することにより、機能を損なうことなく Excel 97-2003 で開くことができます。

このブックのピボットテーブルに、コンパクト形式のフィールドがあります。 以前のバージョンの Excel では、このレイアウトは表形式に変更されます。

意味    Excel 97-2003 では、関連データが画面の横方向にはみ出さないようにし、スクロールが最小限で済むようにするコンパクト形式 (単一形式、または表形式とアウトライン形式の組み合わせ) は使用できないため、フィールドは表形式で表示されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、コンパクト形式のフィールドがあるピボットテーブル レポートを探し、[セルとラベルを結合して中央揃えにする] チェック ボックス ([ピボットテーブル ツール] の [オプション] タブにある [ピボットテーブル] グループで [オプション] をクリックすると表示される [レイアウトと書式] タブ内) をオフにして、必要に応じて書式をアウトライン形式または表形式に変更します。

このブック内のピボットグラフには、有効または無効になっている特定のフィールド ボタンが含まれています。 すべてのフィールド ボタンは有効として保存されます。

意味    ブックに表示されていないフィールド ボタンは、ピボットグラフバージョンのブックを開いて保存すると、有効として保存Excel。

解決策    ブックを以前のバージョンの Excel のファイル形式に保存した後に再度開くと、必要なボタン(ピボットグラフツール、分析タブ、グループの表示/非表示、フィールド ボタン) を表示するために、フィールド ボタンを有効または無効にする必要があります。

このブックには、ブック内のピボットテーブルやキューブ関数をフィルター処理できるスライサーが含まれています。 スライサーは、以前のバージョンの Excel では機能しません。

意味    スライサーは Excel 2010 以降で導入されています。

解決策    以前のバージョンの Excelピボットテーブル フィルターを使用してデータをフィルター処理できます。

このブックには、ブック内のピボットテーブルやキューブ関数をフィルター処理できるスライサーが含まれています。 スライサーは保存されません。 スライサーを参照する数式は #NAME? エラーを返します。

意味    スライサーは、Excel 97-2007 でサポートされておらず、表示もできません。

接続を最新の状態に更新するか、ピボットテーブルを更新すると、スライサーによって適用されていたフィルターは表示されなくなり、スライサーが失われます。

スライサーを参照している OLAP 関数が設定された接続を最新の情報に更新すると、予期された結果ではなく、#NAME? エラーが返されます。

解決策    データをフィルター処理するには、スライサーの代わりにピボットテーブル フィルターを使用します。

このブックにはスライサー スタイルがあり、以前のバージョンの Excel ではサポートされていません。 このスライサー スタイルは保存されません。

意味    以前のバージョンのブックのファイル形式にブックを保存すると、カスタム スライサー スタイルが失Excel。

解決策    以前の Excel ファイル形式 (スライサー ツール、オプション タブ、スライサー スタイル ギャラリー) にブックを保存する前に、カスタム スライサー スタイルを組み込みのスライサー スタイルに変更します。

このブックのピボットテーブルには、ラベルの重複したフィールドが含まれています。 このピボットテーブルを更新すると、これらのラベルは失われます。

意味    Excel 97-2007 では、ラベルの重複はサポートされないため、以前のバージョンの Excel でピボットテーブル レポートを最新の状態に更新すると、重複したラベルは失われます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、ラベルの重複があるピボットテーブルを探し、ラベルが重複しないようにします ([ピボットテーブル ツール] の [デザイン] タブの [レイアウト] で [レポートのレイアウト] をクリックし、[アイテムのラベルを繰り返さない] をクリックします)。

これらの互換性の問題を解決する方法の詳細については、次の記事を参照してください。

サポートされていない並べ替えとフィルター処理の機能

サポートされていない並べ替えとフィルター処理の機能により、次の互換性の問題が発生し、元の状態を忠実に再現できなくなる可能性があります。

再現性の低下

解決方法

このブック内のワークシートに、4 つ以上の条件を使用した並べ替え状態が含まれています。 この情報は、以前のバージョンの Excel では失われます。

意味    Excel 2007 から始まり、最大 64 個の並べ替え条件を含む並べ替え状態を適用してデータを並べ替えできますが、Excel 97-2003 では、最大 3 つの条件のみを含む並べ替え状態がサポートされます。 Excel 97-2003 で並べ替え状態情報を失うことを避けるために、並べ替え状態を 3 つ以下の条件を使用する状態に変更することができます。 97 Excel 2003 では、データを手動で並べ替えすることもできます。

ブックにあるすべての並べ替え状態の情報は、使用可能なまま維持されます。また、Excel 97-2003 で並べ替え状態の情報が編集されていなければ、Excel 2007 以降でブックをもう一度開いたときに、これらの情報が適用されます。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックして、3 つ以上の条件で並べ替えたデータを探し、3 つ以下の条件のみを使用して並べ替え状態を変更します。

このブック内のワークシートに、ユーザー設定リストによる並べ替え条件を使用した並べ替え状態が含まれています。 この情報は、以前のバージョンの Excel では失われます。

意味    Excel 2007 以降では、ユーザー設定リストを使用して並べ替えることができます。 Excel 97-2003 で同様の並べ替えの結果を得るには、並べ替えるデータをグループ化してから、手動でデータを並べ替えます。

ブックにあるすべての並べ替え状態の情報は、使用可能なまま維持されます。また、Excel 97-2003 で並べ替え状態の情報が編集されていなければ、Excel 2007 以降でブックをもう一度開いたときに、これらの情報が適用されます。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックして、カスタム リストで並べ替えたデータを探し、並べ替えの状態を変更して、カスタム リストが含まれるのをやめかします。

このブック内のワークシートに、書式設定情報を指定する並べ替え条件を使用した並べ替え状態が含まれています。 この情報は、以前のバージョンの Excel では失われます。

意味    Excel 2007 以降では、セルの色、フォントの色、アイコン セットなど、特定の書式によってデータを並べ替えることができます。 Excel 97-2003 では、テキストによってのみ並べ替えることができます。

ブックにあるすべての並べ替え状態の情報は、使用可能なまま維持されます。また、Excel 97-2003 で並べ替え状態の情報が編集されていなければ、Excel 2007 以降でブックをもう一度開いたときに、これらの情報が適用されます。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックして、特定の形式で並べ替えたデータを探し、書式設定情報を指定せずに並べ替え状態を変更します。

再現性の低下

解決方法

このブックにあるデータの一部は、以前のバージョンの Excel ではサポートされていない形式でフィルターされています。 以前のバージョンの Excel では、このフィルターによって非表示になっている行は非表示のままとなりますが、このフィルター自体が正しく表示されなくなります。

意味    Excel 2007 以降では、Excel 97-2003 で利用できない形式のフィルターを適用できます。 フィルターの機能が失われるのを防ぐには、フィルターをクリアしてから、以前のバージョンの Excel ファイル形式でブックを保存します。 その後で、Excel 97-2003 でデータを手動でフィルターできます。

ブックにあるすべてのフィルター状態の情報は使用可能なまま維持されます。また、Excel 97-2003 でフィルター状態の情報が編集されていなければ、Excel 2007 以降でブックをもう一度開いたときに、これらの情報が適用されます。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックしてフィルター処理されたデータを探し、フィルターをクリアして非表示の行を再表示できます。 [ホーム] タブの[編集]グループで、[フィルターの並べ替え&クリックし、[クリア] をクリックしてフィルターをクリアします。

このブックにあるデータの一部は、セルの色でフィルターされています。 以前のバージョンの Excel では、このフィルターによって非表示になっている行は非表示のままとなりますが、このフィルター自体が正しく表示されなくなります。

意味    Excel 2007 以降では、セルの色、フォントの色、またはアイコン セットによってフィルターを適用できますが、このようなフィルターは、Excel 97-2003 では利用できません。 フィルターの機能が失われるのを防ぐには、フィルターをクリアしてから、以前のバージョンの Excel ファイル形式でブックを保存します。 その後で、Excel 97-2003 でデータを手動でフィルターできます。

ブックにあるすべてのフィルター状態の情報は使用可能なまま維持されます。また、Excel 97-2003 でフィルター状態の情報が編集されていなければ、Excel 2007 以降でブックをもう一度開いたときに、これらの情報が適用されます。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックしてフィルター処理されたデータを探し、フィルターをクリアして非表示の行を再表示できます。 [ホーム] タブの[編集]グループで、[フィルターの並べ替え&クリックし、[クリア] をクリックしてフィルターをクリアします。

このブックにあるデータの一部は、フォントの色でフィルターされています。 以前のバージョンの Excel では、このフィルターによって非表示になっている行は非表示のままとなりますが、このフィルター自体が正しく表示されなくなります。

意味    Excel 2007 以降では、セルの色、フォントの色、またはアイコン セットによってフィルターを適用できますが、このようなフィルターは、Excel 97-2003 では利用できません。 フィルターの機能が失われるのを防ぐには、フィルターをクリアしてから、以前のバージョンの Excel ファイル形式でブックを保存します。 その後で、Excel 97-2003 でデータを手動でフィルターできます。

ブックにあるすべてのフィルター状態の情報は使用可能なまま維持されます。また、Excel 97-2003 でフィルター状態の情報が編集されていなければ、Excel 2007 以降でブックをもう一度開いたときに、これらの情報が適用されます。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックしてフィルター処理されたデータを探し、フィルターをクリアして非表示の行を再表示できます。 [ホーム] タブの[編集]グループで、[フィルターの並べ替え&クリックし、[クリア] をクリックしてフィルターをクリアします。

このブックにあるデータの一部は、セルのアイコンでフィルターされています。 以前のバージョンの Excel では、このフィルターによって非表示になっている行は非表示のままとなりますが、このフィルター自体が正しく表示されなくなります。

意味    Excel 2007 以降では、セルの色、フォントの色、またはアイコン セットによってフィルターを適用できますが、このようなフィルターは、Excel 97-2003 では利用できません。 フィルターの機能が失われるのを防ぐには、フィルターをクリアしてから、以前のバージョンの Excel ファイル形式でブックを保存します。 その後で、Excel 97-2003 でデータを手動でフィルターできます。

ブックにあるすべてのフィルター状態の情報は使用可能なまま維持されます。また、Excel 97-2003 でフィルター状態の情報が編集されていなければ、Excel 2007 以降でブックをもう一度開いたときに、これらの情報が適用されます。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックしてフィルター処理されたデータを探し、フィルターをクリアして非表示の行を再表示できます。 [ホーム] タブの[編集]グループで、[フィルターの並べ替え&クリックし、[クリア] をクリックしてフィルターをクリアします。

このブックにあるデータの一部は、3 つ以上の条件でフィルターされています。 以前のバージョンの Excel では、このフィルターによって非表示になっている行は非表示のままとなりますが、このフィルター自体が正しく表示されなくなります。

意味    Excel 2007 以降では、3 つ以上の条件によってフィルターを適用できます。 フィルターの機能が失われるのを防ぐには、フィルターをクリアしてから、以前のバージョンの Excel ファイル形式でブックを保存します。 その後で、Excel 97-2003 でデータを手動でフィルターできます。

ブックにあるすべてのフィルター状態の情報は使用可能なまま維持されます。また、Excel 97-2003 でフィルター状態の情報が編集されていなければ、Excel 2007 以降でブックをもう一度開いたときに、これらの情報が適用されます。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックしてフィルター処理されたデータを探し、フィルターをクリアして非表示の行を再表示できます。 [ホーム] タブの[編集]グループで、[フィルターの並べ替え&クリックし、[クリア] をクリックしてフィルターをクリアします。

このブックにあるデータの一部は、グループ化された日付の階層により、3 つ以上の条件でフィルターされています。 以前のバージョンの Excel では、このフィルターによって非表示になっている行は非表示のままとなりますが、このフィルター自体が正しく表示されなくなります。

意味    Excel 2007 以降では、グループ化された階層を使用し、日付に対してフィルターを適用できます。 これは Excel 97-2003 でサポートされていないため、日付の階層のグループを解除することをお勧めします。 フィルターの機能が失われるのを防ぐには、フィルターをクリアしてから、以前のバージョンの Excel ファイル形式でブックを保存します。

ブックにあるすべてのフィルター状態の情報は使用可能なまま維持されます。また、Excel 97-2003 でフィルター状態の情報が編集されていなければ、Excel 2007 以降でブックをもう一度開いたときに、これらの情報が適用されます。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックしてフィルター処理されたデータを探し、フィルターをクリアして非表示の行を再表示できます。 [ホーム] タブの[編集]グループで、[フィルターの並べ替え&クリックし、[クリア] をクリックしてフィルターをクリアします。

データのグループ化は、[ファイル]、[オプション]、[詳細設定]、[このブックの表示オプション] の [オートフィルター メニューで日付をグループ化する] オプションをオフにすることでもオフにできます。

Excel 2007 を使用している場合、Office ボタン Microsoft Office ボタンをクリックする を押し、[Excel のオプション] をクリックします。

サポートされていない数式の機能

サポートされていない数式の機能により、次の互換性の問題が発生し、機能が大幅に損なわれたり、元の状態を忠実に再現できなくなったりする可能性があります。

機能の大幅な損失

解決方法

いくつかのワークシートに含まれる、他のワークシートを参照する配列数式の個数が、選択したファイル形式でサポートされる上限を超えています。 これらの配列数式の一部は保存されず、#VALUE! エラーに変換されます。

意味    Excel 2007 以降では、他のワークシートを参照するブックの配列は、使用可能なメモリ容量によってのみ制限されますが、Excel 97-2003 では、ワークシートに含むことができる他のワークシートを参照するブックの配列は 65,472 個までとなっています。 上限を超えるブックの配列は変換され、#VALUE! エラーが表示されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、他のワークシートを参照する配列数式が設定されているセルを探し、必要な変更を加えて、#VALUE! エラーが表示されないようにします。

いくつかの数式に含まれる値、参照、または名前の数が、選択したファイル形式でサポートされる上限を超えています。 これらの数式は保存されず、#VALUE! エラーに変換されます。

意味    Excel 2007 以降では、数式の最大長は 8,192 文字、数式内部で扱える最大長は 16,384 バイトです。 Excel 97-2003 では、数式の最大長は 1,024 文字、数式内部で扱える最大長は 1,800 バイトです。 数式の引数 (値、参照、名前など) の組み合わせが Excel 97-2003 の上限を超えた場合、ブックを以前のバージョンの Excel ファイル形式で保存すると、数式の結果は #VALUE! エラーとなります。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、Excel 97-2003 に関する上限を超えている数式が設定されているセルを探し、必要な変更を加えて、#VALUE! エラーが表示されないようにします。

いくつかの数式の入れ子のレベル数が、選択したファイル形式でサポートされる上限を超えています。 入れ子のレベル数が 8 以上の数式は保存されず、#VALUE! エラーに変換されます。

意味    Excel 2007 年より、数式には最大 64 レベルの入れ子を含めできますが、Excel 97~ 2003 では、入れ子の最大レベルは 7 です。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、8 レベル以上の入れ子を含む数式が設定されているセルを探し、必要な変更を加えて、#VALUE! エラーが表示されないようにします。

いくつかの数式にある関数の引数の個数が、選択したファイル形式でサポートされる上限を超えています。 1 つの関数に 31 個以上の引数がある数式は保存されず、#VALUE! エラーに変換されます。

意味    Excel 2007 以降では、数式には 255 個までの引数を含めることができますが、Excel 97-2003 では、数式内の引数は 30 個までに制限されています。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、31 個以上の引数を含む数式が設定されているセルを探し、必要な変更を加えて、#VALUE! エラーが表示されないようにします。

いくつかの数式で使用されているオペランドの個数が、選択したファイル形式で許容される上限を超えています。 これらの数式は保存されず、#VALUE! エラーに変換されます。

意味    Excel 2007 以降では、数式で使用できるオペランドの最大数は 1,024 個ですが、Excel 97-2003 では 40 個です。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、41 個以上のオペランドを含む数式が設定されているセルを探し、必要な変更を加えて、#VALUE! エラーが表示されないようにします。

いくつかの数式に含まれる関数の引数の個数が、選択したファイル形式でサポートされる上限を超えています。 関数に 30 個以上の引数がある数式は保存されず、#VALUE! エラーに変換されます。

意味    Excel 2007 以降では、Visual Basic for Applications (VBA) で作成したユーザー定義関数 (UDF) に含めることができる引数の数は 60 個までですが、Excel 97-2003 では、この引数の数は VBA で制限されており、29 個までとなっています。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、30 個以上の引数を使用する関数が設定されているセルを探し、必要な変更を加えて、#VALUE! エラーが表示されないようにします。 ユーザー定義関数を変更する場合は、VBA コードを使用してください。

このブック内の一部の関数は、以前のバージョンの Excel では使用できません。  これらの関数が以前のバージョンで再計算されると、現在の計算結果ではなく、#NAME? エラーが返されます。

意味    Excel 2007 以降では、名前が変更された関数や新しい関数が用意されています。 これらの関数は Excel 97-2003 では使用できないため、以前のバージョンの Excel でブックを開いた場合、期待された結果ではなく #NAME? エラーが返されます。

場合によっては、数式にプレフィックス _xlfn が追加されます (=_xlfn.IFERROR (1,2) など)。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、以前のバージョンの Excel で使用できない関数を含むセルを探し、必要な変更を加えて、#NAME? エラーが表示されないようにします。

名前が変更されたすべての関数について、互換性のある関数が用意されています。 エラーを回避するために、代わりにそれらの関数を使用できます。

新しい関数は、以前のバージョンの Excel で使用できる適切な関数に置き換えることができます。 新しい関数を数式の結果に置き換えて、新しい関数を使用する数式を削除することもできます。

テーブルへの参照がいくつかの数式に含まれていますが、選択したファイル形式ではこれらの参照がサポートされていません。 これらの参照はセル参照に変換されます。

意味    Excel 2007 から始まる構造化参照を使用すると、テーブルを参照する数式、テーブルの一部、またはテーブル全体を参照する数式を使用する場合に、テーブル データを操作しやすく、より直感的に操作できます。 この機能は、97 Excel 2003 ではサポートされていません。構造化参照はセル参照に変換されます。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックして、テーブルへの構造化参照を含む数式を含むセルを見つけて、使用するセル参照に変更できます。

いくつかの数式には、作業中の Excel で現在開いていない他のブック内のテーブルへの参照が含まれています。 これらの参照はシート参照に変換できないため、Excel97-2003 形式で保存するときに #REF に変換されます。

意味    Excel 2007 から始まる構造化参照を使用すると、テーブルを参照する数式、テーブルの一部、またはテーブル全体を参照する数式を使用する場合に、テーブル データを操作しやすく、より直感的に操作できます。 この機能は、97 Excel 2003 ではサポートされていません。構造化参照はセル参照に変換されます。 ただし、構造化参照が現在開いていない他のブック内のテーブルを指している場合、そのテーブルはに変換され、エラーとして#REFされます。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックして、他のブック内のテーブルへの構造化参照を含む数式を含むセルを見つけて、エラーが発生しないように変更#REFします。

このブック内の一部のセルには、8,192 を超える不連続のセル領域を参照するデータ入力規則が含まれています。 これらのデータ入力規則は保存されません。

意味    Excel 2010 以降では、データ入力規則は 8192 を超える不連続のセル領域を参照することができます。 Excel 97-2007 では、この種類のデータ入力規則はサポートされていないため、使用できません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、8192 を超える不連続のセル領域を参照するデータ入力規則を含むセルを探し、必要な変更を加えます。

このブック内の一部のセルには、他のワークシートの値を参照するデータ入力規則が設定されています。 これらのデータ入力規則は、以前のバージョンの Excel ではサポートされません。

意味    Excel 2010 以降では、他のワークシートの値を参照するデータ入力規則を使用できます。 これは Excel 97-2007 ではサポートされていません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、他のワークシートの値を参照するデータ入力規則を含むセルを探し、必要な変更を加えて、データ入力規則が同じワークシートの値を参照するようにします。

このブック内の一部のセルには、他のワークシートの値を参照するデータ入力規則が設定されています。 これらのデータ入力規則は、以前のバージョンの Excel ではサポートされません。

意味    Excel 2010 以降では、他のワークシートの値を参照するデータ入力規則を使用できます。 Excel 97-2007 では、この種類のデータ入力規則はサポートされていないため、ワークシートに表示できません。

ただし、Excel 97-2007 で編集しない限り、すべてのデータ入力規則はブック内でそのまま保持され、再び Excel 2010 以降でブックを開いた場合は適用されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、他のワークシートの値を参照するデータ入力規則を含むセルを探し、[データの入力規則] ダイアログ ボックス ([データ] タブの [データ ツール]) の [設定] タブで必要な変更を加えます。

このブックには、選択したファイル形式の行列数の制限を上回る数のセルを参照するデータの統合範囲が含まれています。 この範囲のデータを参照する数式は調整され、以前のバージョンの Excel では適切に表示されない可能性があります。

意味    Excel 2010 以降では、データの統合範囲に、選択したファイル形式で扱うことができる行列数の範囲外にあるデータを参照する数式を含めることができます。 Excel 97-2003 のワークシートのサイズは 256 列、65,536 行です。 この行列数の範囲外にあるセルのデータを参照する数式は調整され、正しく表示されない可能性があります。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、Excel 97-2003 の行列数の範囲外にあるデータを参照する数式を含むデータの統合範囲を探し、必要な変更を加えます。

再現性の低下

解決方法

このブックに含まれるいくつかの配列数式は、列全体を参照しています。 以前のバージョンの Excel では、再計算時にこれらの数式が #NUM! エラーに変換される場合があります。

意味    Excel 2007 以降で列全体を参照している配列数式が Excel 97-2003 で再計算されると、変換されて、#NUM! エラーが表示されます。

解決策    互換性チェックで [検索]をクリックして、列全体を参照する配列数式を見つけて、エラーを回避するために必要な変更#NUMします。

このブック内のいくつかの定義名には、選択したファイル形式の上限である 255 文字を超える文字数を使用した数式が設定されています。 これらの数式は保存されますが、以前のバージョンの Excel で編集するときに、上限を超える部分は切り捨てられます。

意味    数式の名前付き範囲が Excel 97-2003 でサポートされる 255 文字を超えている場合、数式は適切に機能しますが、[名前] ダイアログ ボックスでは上限を超える部分が切り捨てられ、編集できなくなります。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、数式の名前付き範囲が設定されているセルを探し、必要な変更を加えて、Excel 97-2003 で数式を編集できるようにします。

このブックに含まれるいくつかの数式は、現在閉じている他のブックにリンクしています。 以前のバージョンの Excel で、リンクされているブックを開かずにこれらの数式を再計算すると、255 文字の制限を超えた文字は返されません。

意味    ブック内の数式が閉じている他のブックにリンクされている場合、97~ 2003 年に再計算された場合、最大 255 文字までしか表示Excelできません。 数式の結果が切り捨てられる可能性があります。

<c0>操作</c0>現在閉じている他のブックにリンクする数式が設定されているセルを探します。    次に、リンクを確認し、Excel 97-2003 で数式の結果が切り捨てられないように、必要な変更を加えます。

データの入力規則の数式が 255 文字を超えています。

意味    Excel 97- 2003 でサポートされているデータ入力規則の数式が 255 文字の制限を超えると、数式は正しく動作しますが、切り捨てられ、編集できません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、データの入力規則の数式が設定されているセルを探し、Excel 97-2003 で数式を編集できるように、数式に含まれる文字数を減らします。

いくつかの数式に含まれている配列の要素の数が、選択したファイル形式でサポートされる上限を超えています。 256 列を超える配列や 65536 行を超える配列は保存されないため、異なる結果となる可能性があります。

意味    Excel 2010 以降では、256 列や 65536 行を超える要素を含む配列数式を使用できます。 Excel 2007 では、これは配列要素の制限を超えているため、異なる結果となる可能性があります。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、以前のバージョンの Excel の上限を超える要素を含む配列数式が設定されたセルを探し、必要な変更を加えます。

このブックには VBA ユーザー定義関数に関するユーザー設定の説明が含まれています。 ユーザー設定の説明はすべて削除されます。

意味    Excel 2010 以降では、Visual Basic for Applications (VBA) を使用して、ユーザー設定の説明を含むユーザー定義関数 (UDF) を作成できます。 ユーザー設定の説明は、Excel 97-2007 ではサポートされていないため、削除されます。

解決策    すべてのカスタム記述が削除されますので、アクションは必要とされません。

これらの互換性の問題を解決する方法の詳細については、「新機能: Excel 関数に対する変更」を参照してください。

サポートされていない条件付き書式の機能

サポートされていない条件付き書式の機能により、次の互換性の問題が発生し、機能が大幅に損なわれる可能性があります。

機能の大幅な損失

解決方法

いくつかのセルに設定されている条件付き書式の数が、選んだファイル形式でサポートされている上限数を超えています。 以前のバージョンの Excel では、最初の 3 件の条件のみが表示されます。

意味    Excel 2007 以降では、条件付き書式には 64 件までの条件を含めることができますが、Excel 97-2003 では、最初の 3 件の条件のみが表示されます。

ただし、Excel 97-2003 で編集しない限り、すべての条件付き書式のルールはブック内でそのまま保持され、再び Excel 2007 以降でブックを開いた場合は適用されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、3 件以上の条件を使った条件付き書式が設定されているセルを探し、必要な変更を加えて、条件が 3 件以下になるようにします。

一部のセルに、条件付き書式の範囲が重複して設定されています。 以前のバージョンの Excel では、重複のあるセルに対して、一部の条件付き書式ルールの評価が行われません。 重複のあるセルでは、異なる条件付き書式が表示されます。

意味    Excel 97-2003 では、条件付き書式の範囲の重複はサポートされていないため、条件付き書式が予期したとおりに表示されません。

ただし、Excel 97-2003 で編集しない限り、すべての条件付き書式のルールはブック内でそのまま保持され、再び Excel 2007 以降でブックを開いた場合は適用されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、条件付き書式の範囲が重複しているセルを探し、必要な変更を加えて、重複をなくします。

このブック内の一部のセルには、以前のバージョンの Excel でサポートされていない種類の条件付き書式 (データ バー、カラー スケール、アイコン セットなど) が設定されています。

意味    Excel 97-2003 では、データ バー、カラー スケール、アイコン セット、上位または下位に入る値、平均より上または下の値、一意の値、重複する値などの条件付き書式や、書式を設定するセルを決定するためのテーブルの列の比較はサポートされていません。

ただし、Excel 97-2003 で編集しない限り、すべての条件付き書式のルールはブック内でそのまま保持され、再び Excel 2007 以降でブックを開いた場合は適用されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、Excel 2007 以降の新しい種類の条件付き書式が設定されているセルを探し、必要な変更を加えて、以前のバージョンの Excel でサポートされている書式の種類のみを使うようにします。

一部のセルに、[条件を満たす場合は停止] オプションがオフになっている条件付き書式が設定されています。 以前のバージョンの Excel ではこのオプションは認識されず、最初に満たされた条件の後で停止します。

意味    Excel 97-2003 には、条件が満たされた場合に停止することなく条件付き書式を適用するオプションはありません。 一度条件が満たされると、それ以降は書式が適用されなくなります。

ただし、Excel 97-2003 で編集しない限り、すべての条件付き書式のルールはブック内でそのまま保持され、再び Excel 2007 以降でブックを開いた場合は適用されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、[条件を満たす場合は停止] オプションがオフになっている条件付き書式が設定されているセルを探し、[修正] をクリックして互換性の問題を解決します。

このブック内の一部のセルには、隣接していない範囲に対する条件付き書式 (上位/下位 N 項目、上位/下位 N%、平均より上/下、標準偏差上/下など) が設定されています。 このような条件付き書式は、以前のバージョンの Excel ではサポートされていません。

意味    Excel 97-2003 には、隣接していないセルに対する条件付き書式は存在しません。

ただし、Excel 97-2003 で編集しない限り、すべての条件付き書式のルールはブック内でそのまま保持され、再び Excel 2007 以降でブックを開いた場合は適用されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、隣接していない範囲に対する条件付き書式が設定されているセルを探し、必要な変更を加えて、以前のバージョンの Excel で使用できる条件付き書式ルールを使うようにします。

このブック内のいくつかのピボットテーブルに設定されている条件付き書式は、以前のバージョンの Excel で正しく機能しない可能性があります。 以前のバージョンの Excel でこれらのピボットテーブルを使用した場合、条件付き書式ルールの表示結果が異なります。

意味    Excel 97-2003 のピボットテーブル レポートの条件付き書式の結果は、Excel 2007 以降のピボットテーブル レポートとは同じになりません。

ただし、Excel 97-2003 で編集しない限り、すべての条件付き書式のルールはブック内でそのまま保持され、再び Excel 2007 以降でブックを開いた場合は適用されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、条件付き書式ルールが設定されているピボットテーブル レポートのフィールドを探し、以前のバージョンの Excel で使用できる条件付き書式ルールを適用します。

このブック内の一部のセルには、他のワークシートの値を参照する条件付き書式が設定されています。 これらの条件付き書式は、以前のバージョンの Excel ではサポートされません。

意味    Excel 97-2007 では、他のワークシートの値を参照する条件付き書式は表示されません。

ただし、Excel 97-2007 で編集しない限り、すべての条件付き書式のルールはブック内でそのまま保持され、再び Excel 2010 以降でブックを開いた場合は適用されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、他のワークシートの値を参照する条件付き書式を含むセルを探し、他のワークシートの値を参照しない条件付き書式を適用します。

このブック内の一部のセルには、セル参照またはセルの数式に関する &apos;指定の文字列を含む&apos; 書式を使用した条件付き書式が設定されています。 これらの条件付き書式は、以前のバージョンの Excel ではサポートされません。

意味     Excel 97-2007 では、ルールを含むテキストに数式を使う条件付き書式は、ワークシートには表示されません。

ただし、Excel 97-2007 で編集しない限り、すべての条件付き書式のルールはブック内でそのまま保持され、再び Excel 2010 以降でブックを開いた場合は適用されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、ルールを含むテキストに数式を使う条件付き書式を含むセルを探し、以前のバージョンの Excel でサポートされている条件付き書式を適用します。

このブックには、以前のバージョンの Excel でサポートされないルールを含むセルがあり、そのセルの範囲内に数式エラーがあります。

意味    Excel 97-2007 では、範囲を基にしたルールを使う条件付き書式は、範囲を基にしたルールに数式エラーが含まれる場合、ワークシートに正しく表示されません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、数式エラーが含まれた範囲を基にしたルールを含むセルを探し、必要な変更を加えて、範囲を基にしたルールに数式エラーが含まれないようにします。

このブック内の一部のセルには、以前のバージョンの Excel でサポートされていない条件付き書式が設定されたアイコン セットが含まれています。

意味    Excel 97-2003 では、特定のアイコン セットを表示する条件付き書式はサポートされておらず、アイコン セットはワークシートに表示されません。

ただし、Excel 97-2003 で編集しない限り、すべての条件付き書式のルールはブック内でそのまま保持され、再び Excel 2007 以降でブックを開いた場合は適用されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、特定のアイコン セットを表示する条件付き書式を含むセルを探し、条件付き書式にそのアイコン セットが表示されないことを確認します。

このブック内の一部のセルには、"負の値" 設定を使用するデータ バー ルールが設定されています。 これらのデータ バーは、以前のバージョンの Excel ではサポートされません。

意味    Excel 97-2007 では、負の値を使うデータ バー ルールを含む条件付き書式はワークシートに表示されません。

ただし、Excel 97-2007 で編集しない限り、すべての条件付き書式のルールはブック内でそのまま保持され、再び Excel 2010 以降でブックを開いた場合は適用されます。

操作    互換性チェックで、[検索] をクリックして、[新しい書式ルール] ダイアログ ボックスで負の値の書式が [自動] に設定されているか、[負の値と軸の設定] ダイアログ ボックスで [軸の設定] が [自動] または [セルの中間] に設定されているために負のデータ バーを含む条件付き書式が設定されているセルを検索し、必要な変更を加えます。

このブック内の一部のセルには、8192 を超える不連続のセル領域を参照する条件付き書式が含まれています。 これらの条件付き書式は保存されません。

意味    Excel 97-2007 では、8192 を超える不連続のセル領域を参照する条件付き書式はワークシートに表示されません。

ただし、Excel 97-2007 で編集しない限り、すべての条件付き書式のルールはブック内でそのまま保持され、再び Excel 2010 以降でブックを開いた場合は適用されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、8192 を超える不連続のセル領域を参照する条件付き書式を含むセルを探し、条件付き書式が参照する不連続のセル領域の数を変更します。

再現性の低下

解決方法

このブック内の一部のセルには、塗りつぶし、罫線、"棒の方向" を使用しているデータ バー ルールが設定されています。 これらのデータ バーは、以前のバージョンの Excel ではサポートされません。

意味    Excel 97-2007 では、単色の塗りつぶしや罫線、または左から右と右から左の棒の方向設定を使うデータ バー ルールを含む条件付き書式はワークシートに表示されません。

ただし、Excel 97-2007 で編集しない限り、すべての条件付き書式のルールはブック内でそのまま保持され、再び Excel 2010 以降でブックを開いた場合は適用されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、単色の塗りつぶしや罫線、またはデータ バーに対する左から右と右から左の設定を使う条件付き書式データ バー ルールを含むセルを探し、必要な変更を加えます。

これらの互換性の問題を解決する方法の詳細については、次の記事を参照してください。

サポートされていないグラフ作成機能

サポートされていないグラフ機能では、次の互換性の問題が発生し、機能が大幅に失われる可能性があります。

機能の大幅な損失

解決方法

グラフに 255 文字を超えるタイトルまたはデータ ラベルが含まれています。 255 文字の制限を超えた文字は保存されません。

意味    Excel 97-2003 では、グラフ タイトルや軸ラベル、およびデータ ラベルに使用できる文字数が 255 文字に制限されているので、その制限を超えた文字が失われます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、255 文字の制限を超えるタイトルまたはデータ ラベルを特定し、そのタイトルまたはデータ ラベルを選択して、255 文字以下になるように編集してください。

このブックのグラフに使用されている一部の書式は、以前のバージョンの Excel ではサポートされていないため表示されません。

意味    ユーザー設定の図形の塗りつぶし、図形の枠線、および図形の効果 (光彩や面取り効果、線のグラデーションなど) は、Excel 97-2003 ではサポートされていないため、表示されません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、サポートされないカスタム書式を特定し、該当する書式を以前のバージョンの Excel でサポートされている書式に変更してください。

以前のバージョンの Excel では、カラー パレットにある色以外はサポートされません。 以前のバージョンの Excel でブックを開いた場合、すべての線の色がカラー パレットの最も近い色にマッピングされるため、グラフの複数の系列が同じ色で表示される場合があります。

意味    Excel 2007 では、最大 1,600 万色がサポートされますが、Excel 97~2003 では、標準カラー パレットで使用できる色に制限されています。 サポートされていない色については、標準カラー パレットの最も近い色に変更されますが、このとき、既に使用されている色に変更される可能性があります。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、サポートされないユーザー設定の色を特定し、標準カラー パレットを使用して色の設定を変更してください。

このブックには、以前のバージョンの Excel で表示可能な数を上回るデータ要素を持つグラフが含まれています。 このブックを以前のバージョンの Excel で開くと、2-D グラフの場合は系列ごとに最初の 32,000 データ要素のみ、3-D グラフの場合は系列ごとに最初の 4,000 データ要素のみが表示されます。

意味    Excel 2010 年から、2-D グラフでは系列あたり 32,000 を超えるデータ ポイントを使用し、3-D グラフでは 1 系列あたり 4,000 以上のデータ ポイントを使用できます。 これは、97 ~ 2007 年の 1 系列Excelの制限を超えています。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、系列ごとのデータ要素が制限を超えているグラフを特定し、データ要素の数が制限内になるように必要な変更を加えます。

サポートされていないグラフィックス、オブジェクト、およびActiveX機能

サポートされていないグラフィックス、オブジェクト、ActiveX機能は、次の互換性の問題を引き起こす可能性があります。その結果、機能が大幅に失われる可能性があります。

機能の大幅な損失

解決方法

このオブジェクトに適用されている効果が削除されます。 このグラフィックの境界線からはみ出たテキストは表示されません。

意味    2007 Excelから、97-2003 ではサポートされていない透明な影などの特殊効果を使用Excelできます。 このような特殊効果は解除されます。

また、Excel 2007 から始まり、図形よりも広い図形にテキストを挿入すると、図形の境界を越えてテキストが表示されます。 Excel 97-2003 では、境界線からはみ出たテキストは切り捨てられます。 テキストの切り捨てを防ぐには、テキストの長さに合うように図形のサイズを調整します。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、特殊効果が適用されているオブジェクトを探し、必要に応じて特殊効果を解除します。

このオブジェクトは編集できなくなります。

意味    Excel 2007 以降で作成された埋め込みオブジェクトは、Excel 97-2003 では編集できません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、編集できないテキストを含むオブジェクトを探し、必要な変更を加えます。

初期化されていない ActiveX コントロールを、選択した形式のファイルに保存することはできません。  続行すると、このようなコントロールは失われます。

意味    初期化に危険が伴う (UFI) と見なされる ActiveX コントロールがブックに含まれている場合、ブックを以前のバージョンの Excel ファイル形式で保存すると、それらのコントロールが失われます。 このようなコントロールは、初期化しても安全な (SFI) コントロールとして設定することができます。

操作    ブックに高いレベルのセキュリティが設定されていて、初期化されていない ActiveX コントロールが含まれている場合、そのブックを開くときに、最初にメッセージ バーを使用してコントロールを有効にしてから、これらのコントロールを初期化する必要があります。

図形、ワードアート、テキスト ボックスなど、このブックのオブジェクトの一部では、オブジェクトの境界を超える長さのテキストを入力できる場合があります。 以前のバージョンの Excel では、このオプションに対応していないため、境界を超えたテキストは表示されません。

意味    2010 Excel以降、図形などのオブジェクトにテキスト ボックスを表示し、それらのオブジェクトの境界を超えてテキストを表示できます。 Excel 97-2007 では、オブジェクトの境界を超えたテキストは表示されません。

解決策    互換性チェックで、[検索]をクリックして、図形の境界をオーバーフローするテキストを含むテキスト ボックスを探し、テキストを境界内に保持するために必要な変更を行い、テキストをオーバーフローさせるオプションをオンにします (図形を右クリックし、[図形の書式設定] 、[テキスト ボックスカテゴリ]の [テキストのオーバーフローを許可する] チェック ボックス)。

再現性の低下

解決方法

このブックには、以前のバージョンの Excel で使用できない書式が設定されたテキスト ボックスが含まれています。 テキスト ボックス内のテキストは、以前のバージョンの Excel では別の書式で表示されます。

意味    2007 Excelから、複数のテキスト列を表示する図形などのオブジェクトにテキスト ボックスを使用できます。 Excel 97-2003 では、テキストは表示されますが、別の書式が使用されます。

操作    互換性チェックで、[検索]をクリックして、複数の列のテキストを表示するテキスト ボックスを探し、1 つの列にのみテキストを表示するために必要な変更を行います (図形を右クリックし、[図形の書式設定]、[テキスト ボックスカテゴリ]、[列] ボタン)。

サポートされていないカスタマイズ機能

サポートされていないカスタマイズ機能により、次の互換性の問題が発生し、忠実度が軽微に失われる可能性があります。

再現性の低下

解決方法

このブックには、以前のバージョンの Excel でサポートされていないユーザー設定のクイック アクセス ツール バーまたはユーザー インターフェイス要素が含まれています。 このようなユーザー設定の機能は、以前のバージョンの Excel では使用できません。

意味    Office 2007 で導入されたリボン インターフェイスは、Excel 97-2003 のメニューやツール バーとは大違いなので、Excel 2007 以降の 060392 で行われたクイック アクセス ツール バーのカスタマイズは、Excel 97-2003 では使用できません。

操作    Excel 97-2003 で、同様のユーザー設定のコマンドをツール バーやメニューに追加できます。

サポートされていないレビュー機能

次のサポートされていない機能は、互換性の問題を引き起こす可能性があります。その結果、忠実度が軽微に失われる可能性があります。

再現性の低下

解決方法

ファイル コンバーターを使用して以前のバージョンの Excel でこのブックを開くと、ブックは読み取り専用となり、共有ブック機能は使用できなくなります。 ブックを以前のバージョンの Excel でも共有ブックとして使用するためには、以前のバージョンのファイル形式でブックを保存する必要があります。

意味    複数のユーザーによる変更を許可する...設定 ([レビュー] タブ > [ブックの共有] ボタン) をオンにすると、Excel 97-2003 のユーザーは、新しいファイル形式 (.xlsx など) にある場合、ファイルを使用することはできません。

解決策    ブックを 97 Excel 2003 ファイル形式に保存し、そのブックを互換モードで使用します。

ブックを別のファイル形式.xls変換する

Excel 97-2003 で作成されたブックを開き、この以前のバージョンでこのブックを作業する予定がなくなった場合は、ブックを現在の XML ベースのファイル形式 (.xlsx、.xlsb、.xlsm、.xltx、.xltm) に変換できます。 現在のファイル形式に変換すると、Excel の新しいバージョンが提供する新しい機能と機能にアクセスできます。通常、ファイル サイズは小さめになります。

ブックを変換するには、次の方法を実行します。

  • ブックを現在のファイル形式に変換する    Excel 97-2003 ブックを変換すると、選択した現在のファイル形式 (.xlsx、.xlsb、.xlsm、.xltx、.xltm) のブックのコピーに置き換えることができます。 ブックを変換すると、元のファイル形式でブックを使用できなくなりました。

    ブックを現在のファイル形式に変換するには、次の操作を行います。

    1. 現在のファイル形式に変換するブックを開きます。

      メモ    ブックは互換モードで開きます。

    2. [変換] ボタン>互換性>ファイル情報>移動します。

      2007 Excel 2007 で、[2007] ボタンをOfficeクリック Microsoft Office ボタンをクリックする

    3. ブックの変換に関するメッセージが表示された場合は 、[OK] をクリックします

      ヒント    ブックの変換に関するこのメッセージが表示されない場合は、[ブックの変換についてもう一度確認しない ] を選択します

    4. 現在のファイル形式で作業するには、[はい] をクリック してブックを閉じてもう一度開きます。

  • ブックを現在のファイル形式で保存する    ブックのコピーを元のファイル形式で保持する場合は、ブックを変換する代わりに、ブックのコピーを現在のファイル形式 (.xlsx、.xlsb、.xlsm、.xltx、.xltm) の 1 つで保存できます。

    ブックを現在のファイル形式で保存するには、次の操作を行います。

    1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選択します。

      2007 Excel 2007 で、[2007] ボタンをOfficeクリック Microsoft Office ボタンをクリックする

    2. [ファイル名] ボックスに表示されているブック名をそのまま使うか、新しいブック名を入力します。

    3. [ファイルの種類] ボックスの一覧で、次のいずれかの操作を行います。

      • ブックを現在のブック ファイル形式でExcelするには、[ブック] をクリック.xlsx。

      • 新しいバイナリ ファイル形式でファイルを保存するには、[.xlsb] をクリックします。

      • ブックをテンプレートとして保存するには、[.xltx] をクリックします。

      • ブックに保持するマクロが含まれている場合は、[.xlsm] をクリックします。

      • ブックに保持するマクロが含まれている場合に、ブックをテンプレートとして保存する場合は、[.xltm] をクリックします。

    4. [保存] をクリックします。

Excelバージョンではサポートされていない 97~ 2003 の機能

Excel 97-2003 で作成されたブックを Excel 2007 以降で開いた場合、以前のバージョンの Excel の一部の機能はブックでサポートされていません。 サポートされていない機能は、新しい機能に置き換えられたか、ほとんど使用されていないために削除されています。

ヒント    リボンで機能を使用できないが、Excel で引き続き使用できる場合は、クイック アクセス ツール バーまたはリボンに追加することで、それらの機能を使用できます。

次のExcel 97-2003 の機能が異なる、削除された、またはリボンで使用できない場合があります。

サポートされていないワークシートの機能

In Excel 97-2003

2007 Excel以降の場合

オートフォーマット機能を使用して、複数のオートフォーマットのいずれかを適用して、データの範囲をすばやく書式設定できます。

テーブル、セル、ピボットテーブルのスタイル ギャラリーは、迅速に適用できる一連のプロフェッショナルな形式を提供します。 多くの定義済みのスタイルから選択するか、必要に応じてカスタム スタイルを作成できます。 スタイルは、セル範囲に書式を適用する最も簡単な方法として、オートフォーマットに置き換わる。

[オートフォーマット] コマンドは引き続き使用できますが、最初にクイック アクセス ツール バーにコマンドを追加する必要があります。

サポートされていないテーブルの機能

In Excel 97-2003

2007 Excel以降の場合

ワークシート内の関連Excelグループの管理と分析を容易にするために、ユーザーリストを作成できます。

Excelリストは、Word や Excel など、他の Microsoft Office プログラムでこの機能と一致するテーブルと呼PowerPoint。

挿入行 (Excel リストの特殊な行) を使用して、リストの末尾に新しいデータ行をすばやく追加できます。

挿入行は使用できなくなりました。 テーブルに新しい行を追加するには、TAB キーを押します。または入力して、テーブルの下に含めるデータを貼り付けます。 行を挿入して、追加のデータ行を含め設定できます。

リストの名前を定義できます。

テーブルを作成すると、同じ範囲の定義された名前が同時に作成されます。 この名前は、新しい構造化リファレンス機能を使用する数式でテーブルを参照するために使用できます。

Excel の以前のバージョンのリストで使用される名前は、Excel 2007 以降の範囲名の要件を満たしていない可能性があります。そのため、新しい構造化参照機能を使用する数式でテーブルを参照するために使用することはできません。 構造化参照でテーブル名を使用するには、定義された名前を変更する必要があります。

Windows SharePoint Services Excel サイトに Excel リストを発行し、SharePoint サイトの発行済みリストに接続して、Excel と Windows SharePoint Services の間でリスト データを同期Windows SharePoint Services。

テーブルとテーブルのExcelのSharePoint同期はサポートされなくなりました。 テーブル データを一覧にエクスポートSharePoint、データへの一方通行接続を作成できるのは、SharePoint一覧のみです。

SharePoint リスト内のデータへの一方通行接続では、SharePoint リスト内のデータに加えた変更は、Excel 2007 以降に組み込む可能性があります。 Excel 2007 以降でテーブル データを更新すると、SharePoint サイトの最新のデータによって、テーブル データに加えた変更も含め、ワークシート上のテーブル データが上書きされます。 2007 Excel 以降では、SharePoint リストを更新して、そのデータのエクスポート後に Excel でテーブル データに加えた変更を含めなくなりました。

2 ウェイ接続を保持するには、ブックを Excel 2007 以降のファイル形式に変換する代わりに、ブックを Excel Excel 97-2003 ファイル形式に保持する必要があります。

サポートされていない機能を置き換える方法または回避する方法の詳細については、次の記事を参照してください。

サポートされていない数式の機能

In Excel 97-2003

2007 Excel以降の場合

ブックで使用される完全な行参照と完全な列参照には、97 ~ 2003 年の行と列の制限内にあるセルにデータExcel含めできます。

完全な行と完全な列参照では、2007 以降の大きいグリッド サイズのセルExcel考慮されます。 つまり、以前のバージョンの Excel のセル A1:A65536 を参照する参照=A:Aは、Excel 2007 以降のファイル形式のセル A1:A1048576 を参照します。

ブックを以前のバージョンの Excel から Excel 2007 以降のファイル形式に変換すると、そのブックで完全な行参照または列参照が使用され、参照に含める予定がなかったデータが、以前のバージョンの Excel の行と列の制限を超えるセルに入力されている場合に問題が発生する可能性があります。

また、参照内のセル、行、または列の数をカウントする特定の関数(COUNTBLANK、ROWS、COLUMNなど)が使用され、これらの関数が完全な行または列を参照している場合、これらの関数が返す結果は予想とは異なる場合があります。

文字と数字の組み合わせを使用する特定の名前(USA1、FOO100、MGR4など) は、セル参照と競合しないので、Excel 97-2003 の数式で定義および使用できます。

新しい制限が 16,384 列の場合、2007 以降の列は XFD Excelに拡張されます。 つまり、以前のバージョンの Excel で定義できる特定の名前(USA1、FOO100、MGR4など) は、Excel 2007 以降の有効なセル参照と競合します。 さらに、2007 Excel以降は、内部使用のためにXLで始まる名前を予約します。

以前のバージョンの Excel から Excel 2007 以降のファイル形式にブックを変換すると、互換性のない名前が見つかると、競合について警告が表示されます。 これらの名前をセル参照と区別するために、互換性のない名前のプレフィックスとしてアンダースコア (_) が自動的に追加されます。

文字列参照 (INDIRECTなど) を受け取る外部ブックの参照と関数は更新されません。これらの参照と関数は手動で変更する必要があります。

Excel 2007 以降では、Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用して参照される定義済みの名前も変更されません。 互換性のない名前を参照する VBA コードは機能し、更新する必要があります。

サポートされていないグラフ作成機能

In Excel 97-2003

2007 Excel以降の場合

グラフを作成する。

グラフを作成するには、リボンで必要なグラフの種類([ 挿入] タブ、[グラフ] グループ) をクリック します。 グラフを作成した後、グラフ ツールを 使用して グラフを変更および書式設定できます。

複数のグラフのサイズを同時に変更できます。

各グラフのサイズを個別に変更する必要があります。

データを含む既存のグラフ シートを選択すると、F11 キーを押して同じデータを持つグラフ シートを作成できます。

F11 キーを押してデータを含むグラフ シートを複製できなくなりました。

データを含む既存のグラフ シートが選択されている場合に F11 キーを押すと、データのない新しいグラフ シートが作成されます。

マウスを使用して、3-D グラフの回転を変更できます。

マウスを使用して 3-D グラフの回転を変更することはできません。

3-D グラフの回転を変更するには、[グラフ領域の書式設定] ダイアログ ボックスの [3-D 回転 ] カテゴリで設定 指定します。

グラフ要素のパターン塗りつぶしを使用できます。

グラフ要素のパターン塗りつぶしの代わりに、図とテクスチャの塗りつぶしを使用できます。

Excel の以前のバージョンで作成されたパターン塗りつぶしを含むグラフは、Excel 2007 以降で開いた場合と同じように表示されますが、他のグラフ要素でパターン塗りつぶしを使用することはできません。

ウィンドウのサイズを 変更 すると、ウィンドウで [サイズ] コマンドを使用して、グラフ シート上にあるグラフのサイズを自動的に変更できます。

[ウィンドウを使用したサイズ] コマンドの代わりに、[選択範囲にズーム] コマンドを使用して、同様の結果を得ることができます。

グラフ上の任意の場所をクリックして入力を開始すると、テキスト ボックスが自動的に作成されます。

グラフ上の任意の場所をクリックして入力を開始すると、テキスト ボックスを作成できません。

グラフにテキスト ボックスを追加するには、[テキスト ボックスの挿入 ] コマンドを使用 します。

既定では、コピーしたグラフが Word 文書またはプレゼンテーションに図PowerPointされます。

既定では、コピーしたグラフは、Word 2007 以降のドキュメント、または PowrPoint 以降のプレゼンテーションに貼り付け、Excel グラフにリンクされているオブジェクトとして貼り付けされます。

コピーしたグラフの貼り付け方法を変更するには、グラフを貼り付けるときに表示される [貼り付けオプション] ボタンをクリックし、グラフを図またはブック全体として貼り付けます。

新しいグラフのデータとして Word テーブルを使用できます。

Word 2007 以降のテーブルを新しいグラフのデータとして使用することはできません。

Word 2007 以降でグラフを作成すると、選択した Word テーブルのデータではなく、サンプル データを含むワークシートが取得されます。 Word テーブル データを新しいグラフにプロットするには、そのデータをワークシートにコピーし、既存のサンプル データを置き換える必要があります。

[ページ設定] ダイアログ ボックスの [グラフ] タブで、印刷されたグラフのサイズとスケーリングオプション指定できます。 [ グラフ] タブは、グラフが選択されている場合にのみ使用できます ([ファイル ] メニューの [ ページ設定] コマンド )。

[ページ設定] ダイアログ ボックスの [グラフ]タブでは、印刷されたグラフのサイズとスケーリングオプション使用できなくなりました。 [グラフ]タブは、グラフが選択されている場合にのみ使用できます([ページ レイアウト] タブ、[ページ設定] グループ、[ダイアログ ボックス] 起動ツール ボタンの画像

ワークシート内のデータを選択し、グラフにドラッグすることで、グラフにデータを追加できます。

ワークシートからグラフにデータをドラッグできなくなりました。

他の方法を使用して、グラフにデータを追加できます。

グラフ上のデータ ポイントをドラッグし、ワークシートのソース値を変更できます。

データ ポイントをドラッグしてワークシートのソース値を変更する機能はサポートされなくなりました。

図形は、97-2003 で使用される図形のExcel形式で描画されます。

Excel の以前のバージョンで描画された図形は、現在のバージョンにアップグレードされた場合でも、Excel 2007 以降で描画された図形とグループ化することはできません。 異なるバージョンの図形で作成された図形を同時Excel選択することはできません。 異なるバージョンの図形で作成された図形Excel、現在の図形の上に重ね合されています。

図形と同様に、Excel 2007 以降で作成されたグラフは、以前のバージョンの Excel で作成されたダイアログ シートに重ね合う必要があります。また、これらのダイアログ シートの下に重ね合されているグラフを表示することはできません。

現在のグラフを選択するには、グラフ要素の選択ボックス([グラフ ツール] 、[書式] タブ 、[現在の選択] グループ) を使用 します。

以前のバージョンの Excel で作成された非表示のグラフまたは図形を選択するには、まず、[クイックアクセス ツール バー] またはリボンのカスタム グループに [複数のオブジェクトの選択] コマンドを追加する必要があります。

サポートされていない機能を置き換える方法または回避する方法の詳細については、次の記事を参照してください。

サポートされていないピボットテーブルの機能

In Excel 97-2003

2007 Excel以降の場合

ピボットテーブル レポートの名前を定義できます。

Excel の以前のバージョンのピボットテーブル レポートで使用された名前は、Excel 2007 以降の範囲名の要件を満たしていない可能性があります。そのため、新しい構造化参照機能を使用する数式でテーブルを参照するために使用することはできません。 構造化参照でピボットテーブル レポート名を使用するには、定義された名前を変更する必要があります。

OLAP キューブで定義されている計算メンバーは、ピボットテーブル レポートに既定で表示されます。

OLAP キューブで定義されている計算メンバーは、ピボットテーブル レポートでは既定では表示されませんが、計算メジャー (メジャー ディメンションの計算メンバー) は既定で表示されます。

計算メンバーを表示するには、[ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスの [表示] タブで[OLAPサーバーから集計メンバーを表示する] を選択します([ピボットテーブル ツール] 、[オプション] タブ、[ピボットテーブルグループ]、[オプション] )。

2005 年 2005 Microsoft SQL Server以前のバージョンの分析サービスは、OLAP ピボットテーブル レポートSQL Serverサポートするために使用されます。

OLAP ピボットテーブル レポートの新しいフィルター オプションでは、OLAP サーバーでのサブ選択のサポートが必要です。 SQL Server 2005 Analysis Services または SQL Server 2008 Analysis Services では、すべてのフィルター オプションを使用できるサブ選択がサポートされています。

ブックを以前のバージョンの Excel から Excel 2007 以降のファイル形式に変換すると、Excel 2003 ピボットテーブル レポートで使用できるフィルター オプションだけが Excel 2007 以降のピボットテーブル レポートで使用できます。これは、SQL Server Analysis Services の以前のバージョンではサブ選択がサポートされていないためです。

OLAP キューブ ウィザードを使用して、リレーショナル データ ソースから OLAP キューブ ファイルを作成できます。 この機能を使用すると、リレーショナル データに階層的なデータ構造を追加して、リレーショナル データをピボットテーブル レポートで表示し、別のファイルに格納することができます。

OLAP キューブ ウィザードは使用できなくなりました。 リレーショナル データに基づくピボットテーブル レポートを作成するには、リレーショナル データに直接接続するか、リレーショナル データを別のブックにインポートExcelできます。

ピボットテーブル ウィザードを使用してピボットテーブル レポートを作成し、ピボットグラフウィザードを使用してピボットテーブル レポートピボットグラフします。

ピボットテーブル ウィザードとピボットグラフウィザードは、Fluent リボンOffice使用できません。 代わりに、[ピボットテーブルの挿入] コマンドと[ピボットグラフの挿入] コマンドを使用して、ピボットテーブル レポートまたは ピボットグラフ レポートを 1 つの手順で作成します ([挿入] タブ、[テーブルグループ]、[ピボットテーブル] ボタン)。

ピボットテーブル ウィザードを使用し、ピボットグラフクイック アクセス ツール バーまたはリボンのカスタム グループに追加することで、このウィザードを使用できます。 一部の使い慣れた機能は、サーバー定義のページ フィールド、メモリを最適化するオプション、別のピボットテーブル レポートに基づいてピボットテーブル レポートを明示的に作成する機能、複数の統合範囲など、ウィザードを使用する場合にのみ使用できます。

フィールドを折りたたむと、カスタム ラベルとアイテムの書式設定が失われます。

ピボットテーブル レポートでは、ピボットテーブル レポートにアイテムが一時的に表示されない場合でも、アイテムのカスタマイズ (カスタム ラベルやアイテムの書式設定など) が保持されます。

ブックを以前のバージョンの Excel から Excel 2007 以降のファイル形式に変換すると、フィールドを折りたたむときにカスタム ラベルとアイテムの書式設定が適用されます。 カスタム ラベルは、ピボットテーブル レポートからフィールドが削除され、後で再度追加された場合でも、ブックで常に使用できます。

サポートされていない機能を置き換える方法または回避する方法の詳細については、次の記事を参照してください。

サポートされていないファイル形式

次のファイル形式のサポートは、2007 以降Office削除されました。 これらのファイル形式でブックを開く、または保存できない。

2007 以降でサポートされていないExcel形式

WK1、ALL(1-2-3)

WK4 (1-2-3)

WJ1 (1-2-3 日本語) (*.wj1)

WJ3 (1-2-3 日本語) (*.wj3)

WKS (1-2-3)

WKS (Works 日本語) (*.wks)

WK3、FM3(1-2-3)

WK1、FMT(1-2-3)

WJ2 (1-2-3 日本語) (*.wj2)

WJ3、FJ3 (1-2-3 日本語) (*.wj3)

DBF 2 (dBASE II)

WQ1 (Quattro Pro/DOS)

Microsoft Excelグラフ (*.xlc)

次のファイル形式のサポートが変更されました。

ファイル形式

2007 Excel以降の場合

Web ページ (*.htm; *.html)

Office 2007 以降では、このファイル形式Excel固有の機能情報が格納されなくなりました。 この形式でファイルを開き、以前のバージョンの Excelで作成された特定の機能を保持Excel。 ただし、このようなファイル (または他のブック) は、発行目的でのみこのファイル形式で保存できます。

シングル ファイル Web ページ (*.mht; *.mhtml)

Office 2007 以降では、このファイル形式Excel固有の機能情報が格納されなくなりました。 この形式でファイルを開き、以前のバージョンの Excelで作成された特定の機能を保持Excel。 ただし、このようなファイル (または他のブック) は、発行目的でのみこのファイル形式で保存できます。

以前のバージョンExcelとの互換性を確認するブックをExcel

Excel 2007 以降のブックに互換性の問題が発生し、以前のバージョンの Excel で機能が大幅に失われるか、忠実度が軽微に失われる可能性がある場合は、互換性チェックを実行します。 互換性チェックでは、互換性の問題の可能性が見つから、レポートを作成して解決できます。

重要    互換性モードでブックを作業する場合、ブックを保存すると、新しい Excel 2007 以降の XML ベースのファイル形式 (.xlsx) またはバイナリ ファイル形式 (.xlsb) ではなく、ブックが Excel 97-2003 ファイル形式 (.xls) になります。

  1. 2007 Excel以降で、互換性を確認するブックを開きます。

  2. [ファイル] タブで 、[情報] を クリックします

  3. [問題 の確認] ボタンをクリック し、[互換性の確認] をクリックします

    [互換性チェック] ダイアログ ボックス

  4. ブックを保存する度に互換性を確認するには、[このブックを保存するときに互換性を確認する] チェック ボックスを オンにします。

  5. [概要] ボックスに表示されているすべての問題の別のワークシートにレポートを作成するには、[新しいシートにコピー]をクリックします

    ヒント    使用可能な場合は、[検索] クリックしてワークシート内の問題を見つけるか、[ 修正 ] をクリックして簡単な問題を解決できます。 より複雑な問題については、[ヘルプ] をクリックして 詳細を確認してください。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

Excel形式と他のファイル形式に転送されない機能

以前のバージョンの Excel と互換性がある Excel ブックを保存する

ワークシートの互換性に関する問題

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×