[自動バックアップ] オプションが有効である場合は、ファイルの操作中にそのファイルの複数のバージョンを自動的に保存できます。 特定の内容を回復する方法は、ファイルを保存したタイミングによって異なります。

ファイルを保存していた場合

  1. 操作していたファイルを開きます。

  2. [ファイル]、[情報] の順にクリックします。

  3. [ ドキュメントの管理] で、(保存せずに閉じたときに) という ラベルの付いたファイルを選択します

    Office 2016 の [ドキュメントの管理]

  4. ファイルの上部にあるバーで、[復元] を選択 して、以前 に保存したバージョンを上書きします。

    Office 2016 でドキュメントを復元する

    ヒント: [復元] の代わりに [比較] を 選択して 、バージョンを比較 することもできます

ファイルを保存していなかった場合

  1. [ファイルの管理] >に移動>[ドキュメントの管理] >[未保存のドキュメントを回復する]を選択します

    Office 2016 で保存されていない文書を回復する

  2. ファイルを選択し、[開く] を 選択します

    Office 2016 で保存されていないファイルを開く

  3. ファイルの上部にあるバーで、[名前を付けて保存] を選択して ファイルを保存します。

    Office 2016 で回復したファイルを保存する

関連項目

Office ファイルの過去のバージョンを表示する

SharePoint リストまたはライブラリ内のアイテムまたはファイルのバージョン履歴を表示する

SharePoint リストまたはライブラリでのバージョン管理の機能

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×