予定、計画、予算の管理 - Microsoft 365 では簡単に行うことができます

任意の小数点以下の桁数に数値を丸める

任意の小数点以下の桁数に数値を丸める

セルに ###### 記号が表示されるため、不要な小数点以下の桁数を設定したくない場合や、微細なレベルの精度を必要としない場合は、任意の小数点以下の桁数になるようにセルの書式設定を変更します。

また、千、百、十、一など、最も近い位で丸めるには、数式に関数を使用します。

ボタンを使用する方法:

  1. 表示形式を変更するセルを選びます。

  2. [ホーム] タブで、[小数点以下の​​表示桁数を増やす] または [小数点以下の​​表示桁数を減らす] をクリックして、小数点の後に表示される桁数を増減します。

組み込みの表示形式 を適用する方法:

  1. [ホーム] タブの [数値] で表示形式の一覧の横にある矢印をクリックし、[その他の表示形式] をクリックします。

[ホーム] タブの [数値] グループ

  1. 数値のデータ型に応じて、[カテゴリ] ボックスの [通貨]、[会計]、[パーセンテージ]、または [指数] のいずれかをクリックします。

  2. [小数点以下の桁数] ボックスに、表示する小数点以下の桁数を入力します。

数式で関数を使用する方法:

必要な桁数に数値を丸めるには、ROUND 関数を使用します。 この関数には、2 つの引数 (関数を実行するために必要なデータ) があります。

  • 1 番目の引数には、四捨五入の対象となる数値をセル参照または数値で指定します。

  • 2 番目の引数には、四捨五入した結果の桁数を指定します。

セル A1 に 823.7825 が含まれているとします。 数値を最も近い位に四捨五入するには

  • 千の位

    • =ROUND(A1,-3)」のように入力すると、結果は 1,000 になります。

    • 823.7825 は、0 (0 は 1,000 の倍数) よりも 1,000 により近いからです。

    • 小数点の左側に丸めを発生させる場合は、負の数値を使用します。 これと同じことが、次の2つの数式に適用されます。これは、100 ~ 10 の数式に丸められます。

  • 百の位

    • =ROUND(A1,-2)」のように入力すると、結果は 800 になります。

    • 823.7825 は、900 より 800 により近いからです。 ここまでで、だいたいわかったと思います。

  • 十の位

    • =ROUND(A1,-1)」のように入力すると、結果は 820 になります。

  • 一の位

    • =ROUND(A1,0)」のように入力すると、結果は 824 になります。

    • 数値を最も近い 1 桁に丸めるときは、ゼロ (0) を使用します。

  • 小数点以下第 1 位

    • =ROUND(A1,1)」のように入力すると、結果は 823.8 になります。

    • 指定した小数点以下の桁数に数値を丸めるには、ここに正の数を使用します。 百分の一の位と千分の一の位に丸める次の 2 つの数式にも同様に適用します。

  • 小数点以下第 2 位

    • =ROUND(A1,2)」のように入力すると、結果は 823.78 になります。

  • 小数点以下第 3 位

    • =ROUND(A1,3)」のように入力すると、結果は 823.783 になります。

数値を切り上げるには、ROUNDUP 関数を使用します。 使用方法は ROUND 関数と同じですが、この関数は常に数値を切り上げる点が異なります。 たとえば、3.2 の小数点以下を切り上げるとします。

  • =ROUNDUP(3.2,0) で、結果は 4 になります。

数値を切り捨てるには、ROUNDDOWN 関数を使用します。 使用方法は ROUND 関数と同じですが、この関数は常に数値を切り捨てる点が異なります。 たとえば、3.14159 の小数点以下第 3 位から切り捨てるとします。

  • =ROUNDDOWN(3.14159,3) で、結果は 3.141 になります。

ヒント:  他の例を取得して、Excel Online のブックのサンプル データを試したい場合は、「ROUND」、「ROUNDUP」、および「ROUNDDOWN」を参照してください。

Excel の [オプション] では、数値に既定の小数点を設定することができます。

  1. [ オプション ] (excel 2010 から excel 2016)、または Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 > excel のオプション (excel 2007) をクリックします。

  2. [ 詳細設定 ] カテゴリの [ 編集オプション] で [ 小数点位置を自動的に挿入する ] チェックボックスをオンにします。

  3. [入力単位] ボックスに、小数点の右側の桁数を指定する場合は正の数値を、小数点の左側の桁数を指定する場合は負の数値を入力します。

    注: たとえば、[場所] ボックスに「 3 」と入力して、セルに「 2834 」と入力すると、値は2.834 になります。 [場所] ボックスに「 -3 」と入力して、セルに「 283 」と入力すると、値は283000になります。

  4. [OK] をクリックします。

    ステータスバーに 固定小数点 インジケーターが表示されます。

  5. ワークシートで、セルをクリックし、目的の数値を入力します。

    注: [ 小数点 位置を固定する] チェックボックスをオンにする前に入力したデータは変更されません。

  • [小数点位置を固定する] チェックボックスを一時的に無効にするには、数値を入力するときに小数点を入力します。

  • すでに入力した数値から小数点を修正するには、次の操作を行います。

    1. [ オプション ] (excel 2010 から excel 2016)、または Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 > excel のオプション (excel 2007) をクリックします。

    2. [ 詳細設定 ] カテゴリの [ 編集設定] で、[ 小数点位置を自動的に挿入する ] チェックボックスをオフにします。

    3. 空のセルに、削除する小数点以下の桁数に応じて、 101001000などの数値を入力します。

      たとえば、数値に2つの小数点以下の桁数が含まれていて、それを整数に変換する場合は、セルに「 100 」と入力します。

    4. [ ホーム ] タブの [ クリップボード ] グループで [ ボタンの画像コピー ] をクリックするか、CTRL キーを押しながら C キーを押します。

    5. ワークシートで、変更する小数点以下の桁数の数値が含まれているセルを選択します。

    6. [ホーム] タブの [クリップボード] で、[貼り付け] の下にある矢印をクリックし、[形式を選択して貼り付け] をクリックします。

    7. [形式を選択して 貼り付け ] ダイアログボックスの [操作] で、[ 乗算] をクリックします。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

丸める

。数値が丸められるのはなぜですか?

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×