会話の履歴フォルダー内でクリックしたり、ボイスメールなど、独自のメッセージ クラスを持つ電子メールをクリックしたとき Outlook が停止する

最終更新日:2020 年 6 月 16 日

問題

会話の履歴フォルダー内のアイテムをクリックすると、Outlook が停止したり、"応答していません" というエラー メッセージが表示されることがあります。 また、Skype アイテムやボイスメール形式のメールなど、カスタムメッセージクラスを使用して他のメールをクリックした場合にもこの問題が発生することがあります。

状態: 回避策

Outlook では、メッセージ クラスを解決しようとしたときに特定の組み合わせのエラーが発生すると、正しいメッセージ クラスが使用できることを確認するために、パブリック フォルダー サーバー上の組織フォーム ライブラリが確認されます。 その結果、パブリック フォルダー サーバーに対してメッセージ クラスを解決するための追加の呼び出しが行われます。  自動検出とパブリック フォルダーの応答時間の遅延により、Outlook が停止することがあります。 最近報告されたメッセージ クラスの例として IPM.Note.Microsoft.Conversation があります。 また、パブリック フォルダーが使用できない場合や最適に構成されていない場合、または以前のサポートされていないバージョンの Exchange 2007 上にある場合にも、この問題が発生することがあります。

サポートでは、クライアント側の考えられる回避策を 3 つ確認しています。 これらの各回避策により、既定の Outlook 機能が除外され、停止の問題の大部分またはすべてが解決されます。

ExcludeHttpsAutoDiscoverDomain

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\AutoDiscover DWORD:ExcludeHttpsAutoDiscoverDomain の値:1

参照 KB 2212902

DisableOrganizationalForms

このオプションは、Outlook の組織フォーム ライブラリ機能を完全に無効にします。 これは、Outlook で組織フォーム ライブラリにアクセスする必要がない場合に使用するのに適したオプションです。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Forms\ 
DWORD: DisableOrganizationalForms
値:1

ExcludedEnterpriseForms

このオプションを使用すると、特定のメッセージクラス用に特定のユーザー設定のフォームを検索しないように指定することができます。 これは、組織フォーム ライブラリ内に、Outlook でのアクセスを許可する必要がある他のアイテムがある場合に使用するのに適したオプションです。

パス:パスは、Outlook と Windows のビット数 (32 ビット/64 ビット) の組み合わせによって異なります。 ビット数が異なる場合、WOW6432Node キーの下にある必要があります。 ビット数が同じ (64 ビットおよび32ビットの両方) の場合、そのキーの下にある必要はありません。

Outlook と Windows のビット数が異なる

HKLM\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Forms\ExcludedEnterpriseForms\

Outlook と Windows のビット数が同じ

HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Forms\ExcludedEnterpriseForms\

DWORD: < メッセージクラス内の各ユーザー設定の単語に固有の DWORD を含むメッセージ クラスの名前 > の値:1

たとえば、メッセージ クラスの "IPM.Note.Microsoft.Conversation" には、次の DWORD を追加する必要があります。どちらも値は1です。

  • IPM.Note.Microsoft

  • IPM.Note.Microsoft.Conversation

たとえば、メッセージクラスの "IPM.Note.Custom.Voice.Mail.Email” には、次の DWORD を追加する必要があります。すべて値は1です。

  • IPM.Note.Custom

  • IPM.Note.Custom.Voice

  • IPM.Note.Custom.Voice.Mail

  • IPM.Note.Custom.Voice.Mail.Email

注:Outlook でアイテムのメッセージクラスを決定するには、次の手順を実行します。

  1. メールリストの列見出しを右クリックし、[ フィールドの選択] をクリックします。

  2. [すべてのメールフィールド] を選択し、リストから メッセージクラス を検出します。

  3. メッセージ クラス を選択して、列見出しにドラッグ、列として追加するにはドロップします。

その他のリソース

エキスパートのアイコン (脳、歯車)

エキスパートに質問する

エキスパートとつながり、最新の Outlook のニュースおよびベスト プラクティスについて議論し、ブログを参照します。

Outlook 技術コミュニティ

コミュニティのアイコン

コミュニティでサポートを得る

サポート担当者、MVP、エンジニア、および Outlook ユーザーに質問し、解決策を見つけます。

Answers の Outlook フォーラム

機能リクエストのアイコン (電球、アイデア)

新機能の提案

ご意見ご感想をお待ちしております。 ご意見をお聞かせください。 ご連絡をお待ちしております。

Outlook UserVoice

関連項目

最近の Outlook for Windows の問題に関する修正プログラムと解決策

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×