依存関係図形

依存関係とは、ソース要素の変更によってターゲット要素の変更が発生する可能性があることを示す、2つの要素間の関係です。

依存関係の表記は破線の矢印であり、矢印の尾部の要素は矢印の要素に依存します。 したがって、依存関係を表す矢印は、プロセスの方向ではなく、リレーションシップの方向を指定します。

Depdency 図形。

依存関係はモデル要素自体に関連するものであり、意味を持つインスタンスは必要ありません。 

依存関係 依存関係図形アイコン の表記は破線の矢印であり、矢印の尾部の要素は矢印の要素に依存します。 依存関係はモデル要素自体に関連するものであり、意味を持つインスタンスは必要ありません。 次の4種類の依存関係が定義されており、オプションのステレオタイプでラベルが付けられています。 追跡、 絞り込み、 用途、 バインド。

依存関係図形に名前を付ける、その他のプロパティ値を追加する

要素の [ UML プロパティ] ダイアログボックスを開くには、 ツリー ビュー 内の要素または図で要素を表す図形をダブルクリックします。

ヒント: 図面内の図形に表示されるプロパティ値を制御するには、図形を右クリックして、[図形の表示オプション]をクリックします。 [ UML 図形の表示オプション] ダイアログボックスで、オプションをオンまたはオフにして、プロパティ値の表示と非表示を切り替えます。

依存関係図形に表示されるプロパティ値を制御する

図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、値の表示と非表示を切り替えるオプションをオンまたはオフにします。

依存関係の他のビューに移動する

図形を右クリックし、[表示] をクリックして、目的のビューを選び、[ OK]をクリックします。

[依存性] 図形のプロパティ

プロパティ

説明

Name

依存関係の名前を入力します。

ステレオタイプ

ボックスの一覧から必要なステレオタイプを選びます。 使用するステレオタイプが一覧にない場合は、[ UML ] メニューの [ステレオタイプ] をクリックして、新しいステレオタイプを追加したり、既存のステレオタイプを編集したりすることができます。

説明

依存関係のテキストの説明を入力します。

書類

タグ付き値として要素に追加するドキュメントを入力します。 要素を表す図形またはアイコンを選択すると、ここで入力したドキュメントも [ドキュメント] ウィンドウに表示されます。

関連項目

UML コンポーネント図を作成する

お時間を最大限に活用するためのサブスクリプション

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×