別の家庭向け Microsoft 365 サブスクリプション プランをアカウントに追加するとどうなりますか?

家庭または個人で使用する場合は、Microsoft 365 Family、Microsoft 365 Personal、Microsoft 365 Personal の 3 つの Microsoft 365 サブスクリプションから選ぶことができます。 ただし、 Microsoft アカウント(Office をインストールするために使用するメールアドレスとパスワード) には、アクティブなMicrosoft 365サブスクリプションは1つしかありません。

1 つの Microsoft アカウントに同じ Microsoft 365 サブスクリプションを追加しても、サブスクリプションの特典に変化はありません (同じサインイン可能な Microsoft 365 デバイス数、Skype 通話プラン、OneDrive ストレージ容量)。 そのサブスクリプションの期間を延長します。サインイン可能な Microsoft 365 デバイス数や、取得するオンライン ストレージの容量を増やすのではありません。 Microsoft 365 サブスクリプションの期間は最大 5 年間延長できます。

たとえば、更新する Microsoft 365 Personal プロダクト キーを使用しており、現在 Microsoft 365 Family サブスクリプションを所有している場合は、Microsoft 365 Family の方が料金が高いため、現在使用している Microsoft 365 Family を引き続き使用して 1 年未満の特典を受けるか、Microsoft 365 Personal に切り替えるかを選択できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

Microsoft 365 Family または Microsoft 365 Personal サブスクリプションを既に持っており、現在のサブスクリプションから別のサブスクリプションに変更する場合の概要を次の表で説明します。 サインインできる Microsoft 365 デバイス数や Skype 通話プランなど、サブスクリプションの詳細情報については、「Microsoft 365 サブスクリプション」を参照してください。

Microsoft 365 Personal から Microsoft 365 Family への切り替え

Microsoft 365 Family から Microsoft 365 Personal への切り替え

Microsoft 365 にインストールしてサインインする

Microsoft 365 Family は、最大 6 人で使用できます。

サブスクリプションの各ユーザーは、すべてのデバイスに Microsoft 365 をインストールして、一度に 5 台のデバイスにサインインすることができます。

Microsoft 365 Personal は、チーム所有者のみ使用できます。

すべてのデバイスに Microsoft 365 をインストールして、一度に 5 台のデバイスにサインインすることができます。

サブスクリプションの共有

サブスクリプションの特典を共有する

共有不可

サブスクリプションの残存期間

延長

延長

OneDrive オンライン ストレージ

ストレージ サイズに変更はなし、ユーザー数は増加

ストレージ サイズに変更はなし、ユーザー数は減少

Skype の無料通話分

無料通話分に変更はなし、ユーザー数は増加

無料通話分に変更はなし、ユーザー数は減少

同じサブスクリプションを使い続ける場合でも、別のサブスクリプション プランに切り替える場合でも、1 ユーザーごとのオンライン ストレージの容量は変更されません。 たとえば、サブスクリプションのユーザーが 1 人のみの場合、1 TB のストレージを使用できますが、Microsoft 365 Family を所有していて 5 人のユーザーで共有する場合は、6 TB のストレージを使用できます。

サブスクリプションを延長したい

Microsoft 365 サブスクリプションを既に使っているアカウントに Microsoft 365 サブスクリプションを追加すると、現在のサブスクリプションの残存期間が、新しいサブスクリプションに追加されます。 たとえば、現在の Microsoft 365 Family サブスクリプション プランの残存期間が 6 か月の場合、1 年間有効の新しい Microsoft 365 Family サブスクリプションをアカウントに追加すると、有効期間が 18 か月に延長されます。

1 つのアカウントに複数のサブスクリプションを追加しすぎると、有効期限は 5 年分までしか延長できないため、「交換失敗」というエラーが表示されます。

ほとんどの場合、別のサブスクリプション を Microsoft アカウントに追加すると、自動的に新しいサブスクリプションに切り替えられます。 ただし、現時点で Microsoft 365 Family サブスクリプションを使っているアカウントに Microsoft 365 Personal プロダクト キーを適用した場合、Microsoft 365 Family を引き続き使用するか、サブスクリプションを Microsoft 365 Personal に変換するかを選択できます。 変換が終わると、サブスクリプション特典も変更されます。 詳細については、「Microsoft 365 についてよく寄せられる質問」の「Microsoft 365 サブスクリプションの管理」セクションを参照してください。 サブスクリプションの切り替え方法については、「別の家庭向け Microsoft 365 のサブスクリプションへの切り替え」を参照してください。

重要: Microsoft 365 Personal、Microsoft 365 Family、または Microsoft 365 Personal サブスクリプションを誤って切り替えてしまった場合は、アカウントと課金のサポート チームにお問い合わせください。

次のいずれかの方法で無料のサブスクリプションを使用できます。

  • サブスクリプションを今すぐ使用し、Microsoft 365 Family を使い続ける。 この場合、サブスクリプションが 9 か月間延長されます。

  • サブスクリプションを今すぐ使用し、Microsoft 365 Family サブスクリプションを Microsoft 365 Personal に切り替える。 この場合、サブスクリプションが 12 か月間延長されます。

  • 別の Microsoft アカウントを使用してサブスクリプションを今すぐ使用する。

  • 現在のサブスクリプションをそのまま使い続ける場合は、サブスクリプションが期限切れになるまで待ってから、無料の Microsoft 365 Personal サブスクリプションを使います。

既に Microsoft 365 Family サブスクリプションを所有していて、1 年間無料の Microsoft 365 Personal サブスクリプション プランを使用する場合、既存のサブスクリプションを Microsoft 365 Personal に変換するか、または Microsoft 365 Family をそのまま使い続けるかの選択を求められます。 Microsoft 365 Personal に変換した場合は、サブスクリプションを共有することはできなくなります。

無料のプランを使って、現在のサブスクリプションに追加する方法については、「プロダクト キーを使って Microsoft 365 Home から切り替える」を参照してください。

ご意見を寄せてください。

この情報は役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。 役に立たず、問題がまだ解決していない場合は、何をしようとしたときにどのような問題が発生したかをお知らせください。

関連項目

別の家庭向け Microsoft 365 プランに切り替える

家庭向けから一般法人向けに Microsoft 365 サブスクリプションをアップグレードする

お時間を最大限に活用するためのサブスクリプション

ヘルプを表示

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×