動的に認識されない Excel の動的配列数式

2018年9月に、動的配列数式が導入されました。 動的配列数式は、隣接していないセルに自動的にデータを追加または "スピル" することができます。また、従来の Ctrl + Shift + Enter (CSE) 配列数式を削除する必要はありません。 以前のバージョンの Excel で動的配列数式を含むブックを開くときに、互換性の考慮事項がいくつかあります。

注: 動的配列数式のサポートは、2020年1月に現在のチャネルのMicrosoft 365 サブスクライバーにリリースされました。

内容

  • 動的配列数式認識 Excel で数式を作成するたびに、数式が複数の値を返す可能性があるかどうかを判断します (現時点では、値が1つしか返されていない場合でも)。 複数の値を返す可能性がある場合は、動的配列数式として保存します。これは、以前のバージョンの Excel で従来の CSE 式として表示されます。 

  • 動的配列数式として、または従来の CSE 式として入力された Munit 関数 の例を次に示します。 従来の CSE 配列数式は、動的配列数式と同じように動作することに注意してください。 主な違いは、サイズ変更やスピル境界線のない点です。 2つの比較については、「動的配列数式とレガシ CSE の配列数式」を参照してください。

動的配列

従来の CSE

動的配列として入力された MUNIT 関数 CSE 配列として入力された MUNIT 関数
  • 動的な配列数式が有効になっているブックを動的に認識されない Excel を使っているユーザーと共有していることがわかっている場合は、使用できない機能を使用しないことをお勧めします。 互換性チェックを使用して、動的配列数式として保存されている数式を検索し、以前のバージョンの Excel で CSE 配列として表示されるようにすることができます。 

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

FILTER 関数

RANDARRAY 関数

SEQUENCE 関数

SORT 関数

SORTBY 関数

UNIQUE 関数

Excel での #SPILL! エラー

こぼれた配列の動作

暗黙的なインターセクション演算子:@

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×