受信したメッセージからひな形とテーマを削除する

電子メールメッセージで背景画像、ひな形、または書式設定のテーマを見つけた場合、Outlook ではテキスト形式で開いたメッセージを表示することができます。 この操作を行うと、メッセージに含まれるすべての書式も削除されます。

注:  この記事では、受信したメッセージについて説明します。 送信するメッセージの背景を変更する方法を探している場合は、「 電子メールメッセージのひな形を作成する」を参照してください。

メッセージの形式に関する詳細情報

Outlook は、次の3つのメッセージ形式をサポートします。

  • HTML     これは Outlookの既定のメッセージ形式です。 また、さまざまなフォント、色、箇条書きリストなど、従来の文書に似たメッセージを作成するときに最適な形式でもあります。 既定では、書式設定が可能なオプションのいずれか ([HTML] または [リッチ テキスト形式]) を選択すると、メッセージは HTML 形式で送信されます。 このため、HTML 形式を使用した場合は、送信した内容がそのまま受信者側に表示されます。

  • <c0>テキスト形式</c0> すべての電子メール アプリケーションでサポートされている形式です。     受信するメッセージをテキスト形式のみで開くように Outlook を設定することができます。 テキスト形式のみで受信したメッセージを開くように Outlook を構成することができます。 また、メッセージ本文に画像を直接表示することもできません。 また、メッセージ本文に直接表示されている画像はサポートされませんが、添付ファイルとして画像を含めることはできます。

  • Outlook リッチテキスト形式 (RTF)     これは、 Outlook および Microsoft Exchange Server でサポートされている Microsoft の形式です。

    Microsoft Exchange を使用している組織内でメッセージを送信する場合は、RTF を使うことができます。 HTML 形式を使用することをお勧めします。 RTF は、箇条書き、配置、リンクオブジェクトなどのテキストの書式をサポートします。 既定では、メッセージの書式設定が維持され、添付ファイルが受信されるように、インターネットの受信者に対して RTF 形式のメッセージを送信すると、 Outlook 自動的に HTML に変換されます。 また、メッセージの既定の形式に関係なく、会議出席依頼やタスクの依頼、および投票ボタンが含まれているメッセージを自動的に書式設定して、他の Outlook ユーザーにこれらの項目をそのまま送信することができます。Outlook インターネットにバインドされたメッセージがタスクまたは会議出席依頼の場合、 Outlook は、インターネットの予定表アイテムの一般的な形式であるインターネットの予定表形式に自動的に変換されます。 これは、他のメールアプリケーションでサポートされるようにするためです。

  1. [ ファイル > オプション ] をクリックし > セキュリティセンターの設定 > セキュリティ センター設定をクリックします。

  2. [ 電子メールのセキュリティ] をクリックします。

  3. [ テキスト形式で表示] で、[ すべての標準メールをテキスト形式で 表示する] チェックボックスをオンにします。

    デジタル署名付きのメッセージを含めるには、[ すべてのデジタル署名されたメールをテキスト形式で 表示する] チェックボックスをオンにします。

ヒント: テキスト形式のメッセージを元の形式で表示する場合は、メッセージの上部にある 情報バー をクリックし、[ HTML として表示 ] または [ リッチテキストとして表示] を選択します。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×