図形、図、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトに代替テキストを追加する

Office ドキュメントの図形、画像、グラフ、 SmartArt グラフィック、その他のオブジェクトには 代替テキスト (代替テキスト) を作成できます。 代替テキストは、視覚障碍のあるユーザーが画像やその他のグラフィカルコンテンツを理解するのに役立ちます。 他のユーザーがスクリーンリーダーを使ってドキュメントを表示すると、代替テキストが読み上げられます。代替テキストがないと、画像が表示される内容を知らなくても、画像に到達したことがわかります。

この記事では、図形、画像、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトに代替テキストを追加する手順について説明します。

代替テキストを作成する方法については、「有効な代替テキストを作成するために知っておく必要がある事項」を参照してください。

この記事の内容

Excel for Microsoft 365、Outlook for Microsoft 365、 PowerPoint for Microsoft 365、 Word for Microsoft 365

代替テキストを追加する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • オブジェクトを右クリックして [代替テキストの編集] を選択します。

      Excel Win32 の図形の [代替テキストの編集] メニュー
    • オブジェクトを選択します。 [書式]、[代替テキスト] の順に選択します。

      Outlook for Windows のリボンの [代替テキスト] ボタン。

    注: SmartArt グラフィックまたはグラフ全体に代替テキストを追加するには、個々の図形やオブジェクトではなく、SmartArt グラフィックまたはグラフの枠線をクリックします。

  2. [代替テキスト] ウィンドウのテキスト ボックスで、視覚に障碍がある方のために、オブジェクトとそのコンテキストを説明する 1 - 2 文を入力します。

    Word for Windows の [代替テキスト] ダイアログ

ビジュアルを装飾用にする

ビジュアルが純粋に装飾的で、視覚的な関心事を追加していても有益ではない場合は、代替テキストを作成しなくてもそのままマークすることができます。 装飾としてマークする必要があるオブジェクトの例として、スタイルの境界線があります。 スクリーンリーダーを使用しているユーザーは、重要な情報が不足していないことを示すために、これらのオブジェクトが装飾的なものであると読み上げられます。 Excel、 PowerPoint、 Wordで、視覚効果を装飾としてマークすることができます。

  1. [代替テキスト] ウィンドウを開くには、次のいずれかの操作を行います。

    • 画像を右クリックし、[代替テキストの編集] を選択します。

    • 画像を選択して、[書式]、[代替テキスト] の順に選択します。

  2. [装飾用にする] チェック ボックスをオンにします。 テキスト入力フィールドが淡色表示されます。

    Word Win32 の装飾要素の [代替テキスト] ウィンドウ

[代替テキストの自動生成] のオン/オフを切り替える

挿入した画像に自動的に生成される代替テキストを追加しない場合は、代替テキストの自動生成オプションをオフにすることができます。 後で変更する場合は、簡単にオンに戻すことができます。

  1. [ファイル]、[オプション]、[簡単操作] の順に選択します。

  2. [代替テキストの自動生成] セクションで、[自分用の自動代替テキストを生成します] オプションをオンまたはオフにして、[OK] を選択します。

先頭に戻る

Excel 2019、Outlook 2019、PowerPoint 2019、および Word 2019

代替テキストを追加する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • オブジェクトを右クリックして [代替テキストの編集] を選択します。

      Excel Win32 の図形の [代替テキストの編集] メニュー
    • オブジェクトを選択します。 [書式]、[代替テキスト] の順に選択します。

      Outlook for Windows のリボンの [代替テキスト] ボタン。

    注: SmartArt グラフィックまたはグラフ全体に代替テキストを追加するには、個々の図形やオブジェクトではなく、SmartArt グラフィックまたはグラフの枠線をクリックします。

  2. [代替テキスト] ウィンドウのテキスト ボックスで、視覚に障碍がある方のために、オブジェクトとそのコンテキストを説明する 1 - 2 文を入力します。

    Word for Windows の [代替テキスト] ダイアログ

    ヒント: 時間を節約し、システムによって生成される代替テキストをオブジェクトに追加します。 [代替テキスト] ウィンドウで、[自分用の説明の生成] を選択します。 [Office をより高度に使いこなしましょう] ダイアログ ボックスで [オン] を選択します。 よりコンテンツに適した説明になるように、自動生成した代替テキストを編集します。

ビジュアルを装飾用にする

ビジュアルが純粋に装飾的で、視覚的な関心事を追加していても有益ではない場合は、代替テキストを作成しなくてもそのままマークすることができます。 装飾としてマークする必要があるオブジェクトの例として、スタイルの境界線があります。 スクリーンリーダーを使用しているユーザーは、重要な情報が不足していないことを示すために、これらのオブジェクトが装飾的なものであると読み上げられます。

  1. [代替テキスト] ウィンドウを開くには、次のいずれかの操作を行います。

    • 画像を右クリックし、[代替テキストの編集] を選択します。

    • 画像を選択して、[書式]、[代替テキスト] の順に選択します。

  2. [装飾用にする] チェック ボックスをオンにします。 テキスト入力フィールドが淡色表示されます。

    Word Win32 の装飾要素の [代替テキスト] ウィンドウ

先頭に戻る

Excel 2016/2013、Outlook 2016/2013、PowerPoint 2016/2013、および Word 2016/2013

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 図形、画像、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトの場合は、オブジェクトを右クリックし、[オブジェクトの書式設定]、[図の書式設定]、[グラフ エリアの書式設定]、またはその他の該当するオプションをクリックして、[代替テキスト] をクリックします。

      オブジェクト ウィンドウの [代替テキスト] をクリックする

      注: [代替テキスト] をクリックしたウィンドウは動的となり、クリックするオブジェクトに応じてタイトルとリストが変化します。

      SmartArt グラフィックまたはグラフ全体に代替テキストを追加するには、個々の図形やオブジェクトではなく、SmartArt グラフィックまたはグラフの枠線をクリックします。

    • Excel ピボットテーブルの場合は、ピボットテーブルを右クリックし、[ピボットテーブル オプション] をポイントして、[代替テキスト] をクリックします。

  2. [説明] ボックスに、図形、画像、グラフ、ピボットテーブル、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトの説明を入力します。 このボックスへの入力は必須です。

    ヒント: 代替テキストが必要でない場合は、代替テキストの [タイトル] ボックスと [説明] ボックスから単語を削除するか、これらのボックスに単語を入力しないでください。

  3. 必要に応じて、[タイトル] ボックスに簡単な要約を入力します。 [説明] ボックスに詳細な説明や長い説明を入力した場合にのみ、このボックスを使います。

    注: 複雑なグラフが作成されていない場合は、[説明] ボックスだけでテキストを入力することをお勧めします。 記述する必要がある複雑なコンテンツがある場合は、[タイトル] フィールドに入力することをお勧めします。必要な場合以外は、詳しい説明を読む必要はありません。

注: 

  • 図形、画像、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトに代替テキストを追加することが多い場合は、クイック アクセス ツール バーに [代替テキスト] コマンドを追加して、ショートカットを作成できます。

  • クイック アクセス ツール バーの [代替テキスト] コマンドを使用するには、図形、画像、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトを選択し、ツール バー ボタンをクリックしてから、代替テキストを追加します。

  1. リボンの左上隅で、[クイック アクセス ツール バーのカスタマイズ] ボタンの画像 をクリックします。

  2. [その他のコマンド]、[コマンドの選択]、[リボンにないコマンド] の順にクリックします。

  3. [代替テキスト]、[追加] の順にクリックします。

先頭に戻る

Excel 2010、Outlook 2010、PowerPoint 2010、および Word 2010

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 図形、画像、グラフ、SmartArt グラフィック オブジェクトの場合は、これらを右クリックし、[オブジェクトの書式設定] をクリックして、[代替テキスト] ウィンドウをクリックします。

      SmartArt グラフィックまたはグラフ全体に代替テキストを追加するには、個々の図形やオブジェクトではなく、SmartArt グラフィックまたはグラフの枠線をクリックします。

    • Excel ピボットテーブルの場合は、ピボットテーブルを右クリックし、[ピボットテーブル オプション] をポイントして、[代替テキスト] をクリックします。

  2. [説明] ボックスに、図形、画像、グラフ、ピボットテーブル、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトの説明を入力します。 このボックスへの入力は必須です。

  3. 必要に応じて、[タイトル] ボックスに簡単な要約を入力します。 [説明] ボックスに詳細な説明や長い説明を入力した場合にのみ、このボックスを使います。

    注: 複雑なグラフが作成されていない場合は、[説明] ボックスだけでテキストを入力することをお勧めします。 記述する必要がある複雑なコンテンツがある場合は、[タイトル] フィールドに入力することをお勧めします。必要な場合以外は、詳しい説明を読む必要はありません。

注: 

  • 図形、画像、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトに代替テキストを追加することが多い場合は、クイック アクセス ツール バーに [代替テキスト] コマンドを追加して、ショートカットを作成できます。

  • クイック アクセス ツール バーの [代替テキスト] コマンドを使用するには、図形、画像、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトを選択し、ツール バー ボタンをクリックしてから、代替テキストを追加します。

  1. リボンの左上隅で、[クイック アクセス ツール バーのカスタマイズ] ボタンの画像 をクリックします。

  2. [その他のコマンド]、[コマンドの選択]、[リボンにないコマンド] の順にクリックします。

  3. [代替テキスト]、[追加] の順にクリックします。

先頭に戻る

関連項目

効果的な代替テキストを作成するために必要な知識

Office のヘルプへようこそ & トレーニング

この記事の内容

Excel for Microsoft 365、Outlook for Microsoft 365、 PowerPoint for Microsoft 365、 Word for Microsoft 365 for Mac

Excel for Microsoft 365、 PowerPoint for Microsoft 365、 Word for Microsoft 365 for Macで代替テキストを追加する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • オブジェクトを Control キーを押しながらクリックして、[代替テキストの編集...] を選択します。 [代替テキスト] ウィンドウが開きます。

      PowerPoint for Mac のコンテキスト メニューの [代替テキストの編集] オプション
    • オブジェクトを選択します。 リボンで、オブジェクトの [書式] タブを選択し、[代替テキスト] を選択します。

      PowerPoint for Mac のリボンの [代替テキスト] ボタン

    注: SmartArt グラフィックまたはグラフ全体に代替テキストを追加するには、個々の図形やオブジェクトではなく、SmartArt グラフィックまたはグラフの枠線をクリックします。

  2. [代替テキスト] ウィンドウのテキスト ボックスで、視覚に障碍がある方のために、オブジェクトとそのコンテキストを説明する 1 - 2 文を入力します。

    PowerPoint for Mac の [代替テキスト]

Outlook for Microsoft 365 for Macに代替テキストを追加する

  1. オブジェクトを Control キーを押しながらクリックして、[代替テキストの編集...] を選択します。 [代替テキスト] ウィンドウが開きます。

    注: SmartArt グラフィックまたはグラフ全体に代替テキストを追加するには、個々の図形やオブジェクトではなく、SmartArt グラフィックまたはグラフの枠線をクリックします。

  2. [代替テキスト] ウィンドウのテキスト ボックスで、視覚に障碍がある方のために、オブジェクトとそのコンテキストを説明する 1 - 2 文を入力します。

    Outlook for Mac の [代替テキスト]。

Excel のピボットテーブルに代替テキストを追加する

  1. ピボットテーブルを Control でクリックして、[ピボットテーブルオプション...] を選択します。

  2. [ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスで、[代替テキスト] を選択します。

    Excel for Mac のコンテキスト メニューの [ピボットテーブル オプション]。
  3. [代替テキスト] タブで、[タイトル] テキスト ボックスにピボットテーブルのタイトルを入力します。

  4. [説明] テキスト ボックスで、視覚に障碍がある方のために、表とそのコンテキストを説明する 1 - 2 文を入力します。 完了したら、[OK] を選択します。

Excel のピボットテーブルの [代替テキスト] ダイアログ。

ビジュアルを装飾用にする

ビジュアルが純粋に装飾的で、視覚的な関心事を追加していても有益ではない場合は、代替テキストを作成しなくてもそのままマークすることができます。 装飾としてマークする必要があるオブジェクトの例として、スタイルの境界線があります。 スクリーンリーダーを使用しているユーザーは、重要な情報が不足していないことを示すために、これらのオブジェクトが装飾的なものであると読み上げられます。 Excel、 PowerPoint、 Wordで、視覚効果を装飾としてマークすることができます。

  1. [代替テキスト] ウィンドウを開くには、次のいずれかの操作を行います。

    • 画像を右クリックし、[代替テキストの編集] を選択します。

    • 画像を選択して、[書式]、[代替テキスト] の順に選択します。

  2. [装飾用にする] チェック ボックスをオンにします。 テキスト入力フィールドが淡色表示されます。

    Word for Mac の [代替テキスト] ウィンドウでオンになっている [装飾用にする] チェック ボックス。

[代替テキストの自動生成] のオン/オフを切り替える

PowerPoint および Word では、挿入した画像に自動的に生成される代替テキストを追加しない場合は、代替テキストの自動生成オプションをオフにすることができます。 後で変更する場合は、簡単にオンに戻すことができます。

  1. Command + コンマ (,) キーを押します。 環境設定ウィンドウが開きます。

  2. [全般] を選択します。

  3. [代替テキストの自動生成] セクションで、[自分用の自動代替テキストを生成します] オプションをオンまたはオフにします。

先頭に戻る

Excel 2019、Outlook 2019、PowerPoint 2019、および Word 2019 for Mac

代替テキストを追加する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • オブジェクトを Control キーを押しながらクリックして、[代替テキストの編集...] を選択します。 [代替テキスト] ウィンドウが開きます。

      PowerPoint for Mac のコンテキスト メニューの [代替テキストの編集] オプション
    • オブジェクトを選択します。 リボンで、オブジェクトの [書式] タブを選択し、[代替テキスト] を選択します。

      PowerPoint for Mac のリボンの [代替テキスト] ボタン

    注: SmartArt グラフィックまたはグラフ全体に代替テキストを追加するには、個々の図形やオブジェクトではなく、SmartArt グラフィックまたはグラフの枠線をクリックします。

  2. [代替テキスト] ウィンドウのテキスト ボックスで、視覚に障碍がある方のために、オブジェクトとそのコンテキストを説明する 1 - 2 文を入力します。

    PowerPoint for Mac の [代替テキスト]

    ヒント: 時間を節約し、システムによって生成される代替テキストをオブジェクトに追加します。 [代替テキスト] ウィンドウで、[自分用の説明の生成] を選択します。 [インテリジェント サービスを使用しますか?] ダイアログ ボックスで、[オン] を選択します。

Excel のピボットテーブルに代替テキストを追加する

  1. ピボットテーブルを Control でクリックして、[ピボットテーブルオプション...] を選択します。

  2. [ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスで、[代替テキスト] を選択します。

  3. [代替テキスト] タブで、[タイトル] テキスト ボックスにピボットテーブルのタイトルを入力します。

  4. [説明] テキスト ボックスで、視覚に障碍がある方のために、表とそのコンテキストを説明する 1 - 2 文を入力します。 完了したら、[OK] を選択します。

Excel のピボットテーブルの [代替テキスト] ダイアログ。

ビジュアルを装飾用にする

ビジュアルが純粋に装飾的で、視覚的な関心事を追加していても有益ではない場合は、代替テキストを作成しなくてもそのままマークすることができます。 装飾としてマークする必要があるオブジェクトの例として、スタイルの境界線があります。 スクリーンリーダーを使用しているユーザーは、重要な情報が不足していないことを示すために、これらのオブジェクトが装飾的なものであると読み上げられます。 Excel、 PowerPoint、 Wordで、視覚効果を装飾としてマークすることができます。

  1. [代替テキスト] ウィンドウを開くには、次のいずれかの操作を行います。

    • 画像を右クリックし、[代替テキストの編集] を選択します。

    • 画像を選択して、[書式]、[代替テキスト] の順に選択します。

  2. [装飾用にする] チェック ボックスをオンにします。 テキスト入力フィールドが淡色表示されます。

    Word for Mac の [代替テキスト] ウィンドウでオンになっている [装飾用にする] チェック ボックス。

先頭に戻る

Excel 2016、Outlook 2016、PowerPoint 2016、および Word 2016 for Mac

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 図形、画像、グラフ、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトの場合は、オブジェクトを右クリックし、[オブジェクトの書式設定]、[図の書式設定]、[グラフ エリアの書式設定]、またはその他の該当するオプションをクリックして、[代替テキスト] をクリックします。

      オブジェクト ウィンドウの [代替テキスト] をクリックする

      注: [代替テキスト] をクリックしたウィンドウは動的となり、クリックするオブジェクトに応じてタイトルとリストが変化します。

      SmartArt グラフィックまたはグラフ全体に代替テキストを追加するには、個々の図形やオブジェクトではなく、SmartArt グラフィックまたはグラフの枠線をクリックします。

    • Excel ピボットテーブルの場合は、ピボットテーブルを右クリックし、[ピボットテーブル オプション] をポイントして、[代替テキスト] をクリックします。

  2. [説明] ボックスに、図形、画像、グラフ、ピボットテーブル、SmartArt グラフィック、またはその他のオブジェクトの説明を入力します。 このボックスへの入力は必須です。

    ヒント: 代替テキストが必要でない場合は、代替テキストの [タイトル] ボックスと [説明] ボックスから単語を削除するか、これらのボックスに単語を入力しないでください。

  3. 必要に応じて、[タイトル] ボックスに簡単な要約を入力します。 [説明] ボックスに詳細な説明や長い説明を入力した場合にのみ、このボックスを使います。

    注: 複雑なグラフが作成されていない場合は、[説明] ボックスだけでテキストを入力することをお勧めします。 記述する必要がある複雑なコンテンツがある場合は、[タイトル] フィールドに入力することをお勧めします。必要な場合以外は、詳しい説明を読む必要はありません。

先頭に戻る

関連項目

効果的な代替テキストを作成するために必要な知識

Office のヘルプへようこそ & トレーニング

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×