[図形の書式設定] ウィンドウで数回クリックして、図面内のオブジェクトに 影の効果を追加 します。

  1. 影を取得するオブジェクトを右クリックし、[図形の書式設定] をクリックします

  2. [図形の 書式設定] ウィンドウで 、[効果] を クリックし、[ 影] を クリックします

  3. [ プリセット] を クリックし、既定の影の効果のいずれかを選択します。 他のコマンドを使用してカスタマイズできます。

    [影] のオプション

    スライダーまたは数値ボックスを使用して、外観を調整します。

    • [    色] を使用すると、影の色を変更できます。

    • 透明度は    、影を暗くする (数値が小さい) か明るい (数値が大きい) に変わる。

    • サイズを    指定すると、影が短くなるか長くなります。

    • ぼかしを    適用すると、あいまい (数値が大きい) またはシャープ (小さい数値) に設定されます。

    • [角度    ] は、影の原因となっている光源が図形を中心に回転している場合と同様に、影を回転させます。

    • 距離    は、オブジェクトが影の上に表示される高を変更します (図形と影の間にギャップが生じます)。

ヒント: 影が図面上の別のオブジェクトを覆っている場合は、そのオブジェクトを前方に移動して、影が背後に表示されます。 オブジェクトをクリックし、[ホーム] をクリック>、[前面>配置] をクリックします

もう 1 つの便利なリマインダー: 視覚効果を慎重に使用して、図面の情報を気に入らないようにします。

図面内の図形に影を適用し、それらの影の色、スタイル、パターン、サイズ、位置、角度を簡単に変更できます。

タスク

アクション

図形に影を適用する

  1. 影を適用する図形を選択します。

  2. [ホーム] タブの [図形]グループで[影] をクリックし、目的の色を選択します。

影のスタイル、パターン、サイズ、位置を変更する

  1. 変更する影が付く図形を選択します。

  2. [ホーム] タブの [図形] グループで [影] をクリックし、[影のオプション] を選択します

  3. [影 ] ダイアログ ボックスで、目的の書式設定オプションを選択します。

  4. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

図形から影を削除する

  1. 変更する影が付く図形を選択します。

  2. [ホーム] タブの [図形] グループで [影] をクリックし、[影なし] を選択します

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×