図形データをデータベースにエクスポートする

Office 365 サブスクリプション, Office 2019, Office 2016, Office 2013, Office 2010

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

図形にデータが含まれている場合は、そのデータを含むデータベース テーブルを作成するのには、データベースのエクスポート ウィザードを実行できます。

データベースのエクスポート ウィザードデータベースにエクスポート] コマンドを使用して表示されるダイアログ ボックスの違いは、ウィザードを使用できますレイヤーに図形をすべてエクスポートします。 レイヤーをエクスポートする必要はありません] 場合データベースにエクスポート]コマンドを使用してがより合理化されたことがあります。

データベースのエクスポート ウィザードを使用します。

  1. ビュー _gtアドオン_gt Visio エキストラ_gtデータベースのエクスポート ウィザード] タブします。

  2. ウィザードのページでは、指示に従います。

    ヒント: 

    • 一覧に表示される図形データのセルの名前は、プロパティProp.Costなどで始まる数値します。

    • 図形のデータをエクスポートするデータベースのエクスポート ウィザードを実行すると、図面ページで、エクスポートに関連する情報を格納します。 図形に変更を加えるをエクスポートするデータは、もう一度、図面ページを右クリックし、[データベース テーブルのエクスポート] を選びます。

エクスポート Database コマンドを使用します。

  1. ビュー _gtアドオン_gt Visio エキストラ_gt のデータベースにエクスポート] タブします。

  2. 使用するデータベース テーブルを選択します。

    • 既定の場所以外の任意の場所に保存されているデータ ソースを使っている場合は、ファイルを参照ををクリックします。

    • 新しいデータ ソースを作成するには、[作成を] をクリックします。 新しいデータ ソースを作成するウィザードに従います。 終了日]をクリックすると、[ ODBC セットアップ] ダイアログ ボックスが表示されます。 そこからは、既存のデータベースを選択するか、新しいアカウントを作成します。 後で、データベースのテーブルを作成します。

      注: 

      • Excel データ ソースとしてを使用している場合は、既存のブック] を選択することができますが、ウィザードからいずれかを作成できません。

      • Excel ブックを選択する場合は、ブックの選択] ダイアログ ボックスには、[読み取り専用] チェック ボックスをオフにします。

  3. 所有者をサポートする、[所有者] ボックスの一覧で、データベース場合、は、テーブルの所有者のリストをフィルター処理する所有者名をクリックします。 データベースにログインするために使用する名前を使用してデータベースのテーブルが作成されます。

  4. データベースでは、複数のデータベースにアクセスする場合は、[限定子] ボックスでデータベースを使用するをクリックします。

    ヒント: Access または Excel を使用している場合は、データベースにエクスポートするデータの場所と名前がここに表示します。

  5. テーブルの一覧を使用するデータベースのテーブルをクリックします。 新しいテーブルを作成するには、その名前を入力します。

  6. シェイプ シート セルからデータをエクスポートする方法を変更する場合は、次のいずれかの操作を行います。

    エクスポートの一覧にシェイプ シート セルを追加します。

    1. [追加] をクリックします。

    2. エクスポートするシェイプ シート セルを選択します。

    3. [評価対象] ボックスに、データベース フィールドに格納されている値のデータ型を選択します。

    4. データをコピーする図形に、データベース フィールドを選択します。

    5. データベースのデータ型、フィールドの長さ、データベース フィールドの小数の精度を指定します。

    シェイプ シート セル内のデータをエクスポートする方法を変更します。

    1. セル名を選択し、[変更] をクリックします。

    2. データのエクスポート方法を変更します。

    エクスポートの一覧からシェイプ シート セルを削除します。

    セル名を選択し、[削除] をクリックします。

データベースのエクスポート ウィザードを使用します。

  1. ツール] メニューでアドオン] をポイントし、[ Visio エキストラ] をポイントし、[データベースのエクスポート ウィザード] をクリックします。

  2. ウィザードのページでは、指示に従います。

    ヒント: 

    • 一覧に表示される図形データのセルの名前は、プロパティProp.Costなどで始まる数値します。

    • 図形のデータをエクスポートするデータベースのエクスポート ウィザードを実行すると、図面ページで、エクスポートに関連する情報を格納します。 図形に変更を加えるをエクスポートするデータは、もう一度、図面ページを右クリックし、[データベース テーブルのエクスポート] を選びます。

エクスポート Database コマンドを使用します。

  1. [ツール] メニューで、アドオン] をポイントVisio エキストラ] をポイントし、[データベースにエクスポート] をクリックします。

  2. 使用するデータベース テーブルを選択します。

    • 既定の場所以外の任意の場所に保存されているデータ ソースを使っている場合は、ファイルを参照ををクリックします。

    • 新しいデータ ソースを作成するには、[作成を] をクリックします。 新しいデータ ソースを作成するウィザードに従います。 終了日]をクリックすると、[ ODBC セットアップ] ダイアログ ボックスが表示されます。 そこからは、既存のデータベースを選択するか、新しいアカウントを作成します。 後で、データベースのテーブルを作成します。

      注: 

      • Microsoft Office Excel データ ソースとしてを使用している場合は、既存のブック] を選択することができますが、ウィザードからいずれかを作成できません。

      • Excel ブックを選択する場合は、ブックの選択] ダイアログ ボックスには、[読み取り専用] チェック ボックスをオフにします。

  3. 所有者をサポートする、[所有者] ボックスの一覧で、データベース場合、は、テーブルの所有者のリストをフィルター処理する所有者名をクリックします。 データベースにログインするために使用する名前を使用してデータベースのテーブルが作成されます。

  4. データベースでは、複数のデータベースにアクセスする場合は、[限定子] ボックスでデータベースを使用するをクリックします。

    ヒント: Microsoft Office Access または Excel を使用している場合は、データベースにエクスポートするデータの場所と名前がここに表示します。

  5. テーブルの一覧を使用するデータベースのテーブルをクリックします。 新しいテーブルを作成するには、その名前を入力します。

  6. シェイプ シート セルからデータをエクスポートする方法を変更する場合は、次のいずれかの操作を行います。

    エクスポートの一覧にシェイプ シート セルを追加します。

    1. [追加] をクリックします。

    2. エクスポートするシェイプ シート セルを選択します。

    3. [評価対象] ボックスに、データベース フィールドに格納されている値のデータ型を選択します。

    4. データをコピーする図形に、データベース フィールドを選択します。

    5. データベースのデータ型、フィールドの長さ、データベース フィールドの小数の精度を指定します。

    シェイプ シート セル内のデータをエクスポートする方法を変更します。

    1. セル名を選択し、[変更] をクリックします。

    2. データのエクスポート方法を変更します。

    エクスポートの一覧からシェイプ シート セルを削除します。

    セル名を選択し、[削除] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×