図面に表を追加する

Visio には図面で表を作成するための図形が含まれていますが、編集機能は制限されています。 カスタマイズできる表を作成する場合や、変更する可能性がある情報を入力する場合には、Excel、Word、または PowerPoint で表を作成して図面に貼り付ける方法が最良です。

Visio 図形で表を作成する

表を作成するための最も一般的な Visio 図形は、[チャートとグラフ] ステンシルです。

[図形] ウィンドウで [その他の図形] をクリックし、[ビジネス] > [チャートとグラフ] をポイントし、[チャートとグラフ] をクリックします。 [図形] ウィンドウにステンシルが表示されます。

[チャートとグラフ] のステンシル

最も簡単に一般的な表の作成を開始するには、[グリッド] 図形を使用します。

  1. [図形] ウィンドウから図面ページに [グリッド] 図形をドラッグします。

  2. 図形をリリースすると表示される [図形データ] ボックスに、表に配置する行数と列数を入力します。 [OK] をクリックすると、図面にグリッドが表示されます。

    ヒント: 表を移動するには、表をクリックしないでドラッグします。 表をクリックすると、グリッド内の 1 つのセルが選択されてしまい、表は移動しません。 そのような場合は、表以外の場所をクリックして、もう一度ドラッグしてください。

  3. 表のサイズを拡大または縮小するには、図形の側面にあるサイズ変更ハンドルをドラッグします。

  4. 文字を入力するには、セルをダブルクリックします。 セル内の入力を終了するには、Esc キーを押すか、図面の別の場所をクリックします。

    注: 入力した文字がセル内に収まらない場合、セルのサイズは自動的には調整されません。 この作業が重要な場合には、Excel または Word で表を作成する方が簡単かもしれません。 詳細については、以下のトピックを参照してください。

  5. 行または列に特別なヘッダーを付ける場合は、図面ページに [行ヘッダー] または [列ヘッダー] 図形をドラッグし、対応する場所に配置します。 ダブルクリックして文字を入力します。

他の Office プログラムからの表の貼り付け

Excel または Word で表を作成して Visio 図面に配置する方が、より簡単に、またはより柔軟に表を作成できる場合があります。 [形式を選択して貼り付け] を使用して表の元の形式を維持すれば、後から作成したプログラムを使って編集できます。

注: PowerPoint で作成した表は、貼り付けて元の形式を維持することはできますが、[形式を選択して貼り付け] を使用しても、後から表を編集することはできません。

Excel スプレッドシートまたは Word 文書からコピーする手順は、どちらも同じです。 この例では、Excel ワークシートを使用します。

  1. Excel スプレッドシートから図面に挿入する表を選ぶか、スプレッドシートの一部を選びます。 選んだセルを右クリックし、[コピー] をクリックします。

  2. Visio で、表を挿入するページを右クリックし、[形式を選択して貼り付け] をクリックします。

    重要: [形式を選択して貼り付け] を使用してください。 [貼り付け] をクリックすると、表の行、列、形式が失われます。

  3. [形式を選択して貼り付け] ボックスの [貼り付ける形式] の一覧で [Microsoft Excel ワークシート] をクリックし、Excel の表として貼り付けます。 後から表を編集するには、図面上で表をダブルクリックします。 小さな Excel ファイルが開き、表を編集できます。

[] をクリックしてワークシートまたはドキュメントとして貼り付けると、何も起こらない場合は、テーブルが組み込まれていたプログラムを確認します。 たとえば、Excel に戻ると、Visio でマクロを使用してテーブルを Excel に接続しているためにトリガーされるセキュリティの警告が表示されることがあります。 [マクロを有効にする] をクリックし、データ接続について別の通知が表示された場合は、[有効] をクリックします。 これで、表が Visio 図面上に表示されます。

ヒント: 後で表を編集する必要がない場合は、[形式を選択して貼り付け] ボックスの [貼り付ける形式] の一覧で [] をクリックします。 表を作成したプログラムの形式が維持されます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×