固有の権限を持つ SharePoint フォルダーアイテムを共有する

SharePoint ユーザーは、フォルダー内の他のユーザーとの間に保存されている一意の permissioned コンテンツを含むすべてのコンテンツを共有できます。

[フォルダーの共有] ダイアログボックスで、フォルダーの内容を共有します。

フォルダーの [共有] ダイアログボックスで、[このフォルダー内のアイテムもすべて共有する] チェックボックスをオンにします。

クラシック SharePoint の [このフォルダー内のアイテムもすべて共有する] チェックボックスをオフにして、アクセス許可を継承するフォルダーとコンテンツのみを共有します。 

この機能は基本的なアクセス許可モデルを変更しません。 この機能により、ユーザーがアクセス権を持たないコンテンツを共有したり、検出したりすることはできません。

[フォルダーの共有] ダイアログボックスで、[このフォルダー内のすべてを共有]、固有の権限が選択されているアイテムも含む

注: 

  • このオプションは、一部のバージョンの SharePoint を使用する場合は表示されません。 モダンな SharePoint 環境では、フォルダーは既定で固有のアクセス許可に関係なく、自動的にコンテンツを共有し、編集することはできません。

  • ユーザーが固有の権限を持つアイテムを含むフォルダーを共有する場合、編集権限は削除または制限されません。 代わりに、共有ではアクセス許可が追加または付与されます。

固有のアクセス許可フォルダー共有のしくみ:

親フォルダーのアクセス許可を継承するファイルまたはフォルダーには、親フォルダーと同じアクセス許可が割り当てられます。 ユーザーが他のユーザーと共有したり、匿名のゲストリンクを作成したりする場合は、ファイルまたはフォルダーに固有のアクセス許可を設定できます。または、手動でアクセス許可の継承を停止します。

次の例では、既存の編集権限は削除されません。

  • フォルダー A には 2 つのファイルが含まれています。

  • ユーザー A には1つのファイルへの読み取りアクセス権があり、他のファイルに対する編集アクセス権があります。

  • 管理者 または他のユーザーが、ユーザー a表示権限を持つフォルダー A を共有している。 (その後、両方のファイルに表示権限があります)。

  • ユーザーが 、フォルダー a への招待/共有のリンクをクリックします。

  • ユーザー A は、編集アクセス権を持つファイルを引き続き編集できます。

この問題が発生する理由 ユーザーが、固有の権限を含むアイテムがあるフォルダーを共有する場合、既存の権限を削除または制限しません。 権限の追加または付与のみを行います。

ユーザーがファイルを編集できないようにするには、次のいずれかのオプションを使用します。

  • オプション 1 —ファイルのアクセス許可を直接変更します (UserA に対して view アクセス許可のみを付与します)。

  • オプション 2 — UserA へのフォルダーの共有を停止します。 これにより、すべてのサブフォルダーとフォルダーへのアクセス許可が削除されます。 次に、ビューの権限を持つフォルダーに新しい共有を作成します。

権限の継承の詳細については、「権限の継承とは」を参照してください。

さらにサポートが必要な場合 Microsoft コミュニティに移動します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×