家庭向けから一般法人向けに Microsoft 365 サブスクリプションを切り替える

Microsoft 365 Personal などの家庭向けプランで Microsoft 365 を使用し始め、自宅で仕事を始めたところかもしれません。 または、自宅で使用してきたものの、ニーズが変わったかもしれません。 理由は何であれ、この記事では Microsoft 365 サブスクリプションから一般法人向けサブスクリプションに移行する方法の手順を説明します。

取りかかる前に、Microsoft 365 Family サブスクリプションと一般法人向け Microsoft 365 アプリ サブスクリプションの主な違いをいくつか理解することが役立ちます。

家庭向けプラン

ビジネス プラン

家庭とビジネス用のライセンス

ビジネス用のライセンス

Microsoft 365 Personal は、1 人のユーザーのみ使用できます。

1 から 300 ユーザーのユーザー ライセンスを購入して、ニーズの変化に応じてユーザーを追加または削除できます。

ユーザーは、sue@live.com や david@outlook.com などの Microsoft アカウントを使用してサインインします。

ユーザーは、ユーザー ID (職場または学校アカウントとも呼ばれる) を使用してサインインします。

Microsoft アカウントを使って、メールにアクセスします。

メールは Microsoft 365 に格納され、Microsoft 365 の職場または学校アカウントを使用してアクセスします。

ファイルは、ユーザーの Microsoft アカウントに関連付けられている OneDrive に格納されます。

ファイルは、Microsoft 365 for business にサインインするために使用されるユーザーの職場または学校アカウントに関連付けられた OneDrive for Business に格納されます。

OneDrive ファイルとメールは家庭向け Microsoft 365 と Microsoft 365 for business サブスクリプションで異なる場所に保存されるため、OneDrive に保存されているメールやファイルの一部を、選択した Microsoft 365 for business サブスクリプションに移行する必要がある可能性があります。

次の場合、返金を受け取ることができます。

  • 過去 30 日以内に年間サブスクリプションを購入した場合。

または

  • 月単位のサブスクリプションを購入し、最終更新日の 30 日以内に解約する場合。

注: Apple や Best Buy などのサード パーティ販売店を通じて Microsoft 365 サブスクリプションを購入した場合、サブスクリプションの管理と請求については、販売店に直接連絡してください。

最初の手順は、組織のニーズに最も適合する Microsoft 365 for business のプランを購入します。 次に、ビジネス プランを選択する際に、決定する必要があることを示します。

完全ダウンロード可能 Office アプリが必要か    ユーザーにデスクトップ バージョンの Office を用意し、インターネットに接続していない場合でも使用できるようにする場合は、デスクトップ バージョンの Office が含まれるプランを選択してください。

ヒント: 

  • 完全ダウンロード可能 Office アプリが含まれるプラン: Microsoft 365 Apps for enterprise、Microsoft 365 Business Standard、および Office 365 Enterprise E1 E1、E3、および E5 プラン。.

  • 完全ダウンロード可能 Office アプリが含まれないプラン: Microsoft 365 Business Basic および Office 365 Enterprise E1 プラン。 それらには Office Online アプリのみが含まれます。

組織内の各ユーザーにビジネス クラスのメールを使用させるか    ユーザーあたり 50 GB の受信トレイで、ビジネス クラスのメール、予定表、および連絡先を使用する場合は、メールを含むビジネス プランを選択します。

ヒント: 

  • ビジネス クラスのメールが含まれるプラン: Microsoft 365 Business Basic、Microsoft 365 Business Standard、Office 365 Enterprise E1、E3、E5 プラン。

  • ビジネス クラスのメールが含まれないプラン: Microsoft 365 Apps for business および Microsoft 365 Apps for enterprise。

購入する準備ができているか   products.office.com に移動して、一般法人向けサブスクリプションを選択します。 サブスクリプションを購入する際に、必要なユーザー ライセンス数を入力するように求められます。 新しいサブスクリプションの購入時に、自分自身と各ユーザーのユーザー ライセンスを購入しておけば、移行プロセスの後ではるかに楽になります。

新しい Microsoft 365 for business サブスクリプションを購入したら、次の手順は、david@contoso.onmicrosoft.com や david@contoso.com などの各ユーザーのユーザー アカウントを作成することです。 サブスクリプションの購入時に、自分自身と各ユーザーのユーザー ライセンスを購入した場合、ユーザー アカウントの作成時にユーザー ライセンスが自動的にユーザーに割り当てられます。

Microsoft 365 for business でユーザー アカウントを作成する方法については、「Microsoft 365 にユーザーを個別に追加する - 管理者向けヘルプ」を参照してください。 ユーザー ライセンスの詳細については、「ライセンスを管理する」を参照してください。

ユーザーは、Microsoft 365 に付属している Microsoft Outlook アプリを使用して、メール、予定表、タスク、および連絡先を Outlook データ ファイル (PST) に保存できます。

ヒント: Outlook Web App を使用して、このセクションに記載されている手順を実行することはできません。 Outlook の情報を移行したいと考える各ユーザーは、Microsoft 365 の家庭向けサブスクリプションからインストールできる、完全ダウンロード可能な Microsoft Outlook アプリを使う必要があります。

ユーザーは、Microsoft 365 の家庭向けサブスクリプションをキャンセルするまで、完全ダウンロード可能な Outlook アプリにフル アクセスできます。 Microsoft 365 の家庭向けサブスクリプションをキャンセルすると、選択した Microsoft 365 for business サブスクリプションに完全 Microsoft アプリが含まれていない限り、以前にダウンロードした製品版 Microsoft アプリは機能制限モードになることがあります。

各ユーザーに、次の手順を示されている順番で実行するように求めます。

Outlook の情報を Outlook データ ファイルにエクスポートする

Outlook データ ファイル (.pst) を作成する前に、Outlook の情報をエクスポートするアカウントが、デスクトップ バージョンの Outlook に既に追加されている必要があります。 Outlook 2013 以上にアカウントを追加する方法については、「Outlook 2010 または 2013 で Office 365 のメールを設定する」または「Outlook for Mac 2011 で電子メールを設定する」を参照してください。

各ユーザーに、「メール、連絡先、予定表を Outlook の .pst ファイルにエクスポートまたはバックアップする」の手順を実行するように求めます。

Outlook でメール アカウントをセットアップする

各ユーザーは、Microsoft 365 for business サブスクリプションに付属している新しいメール アカウントをセットアップする必要があります。 これを行うには、新しいメール アカウントのアドレスが必要です。 各ユーザーのメール アカウントは Microsoft 365 for business にサインインするために使用するユーザー名と同じです。 Sue@contoso.onmicrosoft.com や david@contoso.com のようなものになります。

各ユーザーに、メール アカウントを Outlook に追加するように求めます。 この方法については、「Outlook 2010 または 2013 で Office 365 のメールを設定する」または「Outlook for Mac 2011 で電子メールを設定する」を参照してください。

Outlook 情報にアクセスする

PST ファイルの作成後、Outlook を使って、以下のいずれかまたは両方を実行できます。

  • PST ファイルの情報を別のメール アカウントにインポートする。 この操作を行うと、PST ファイルに保存されているメール、予定表、タスク、連絡先が、Microsoft 365 for business メール アカウントに結合されます。

    PST ファイルに保存されている情報を Microsoft 365 for business メール アカウントにインポートするには、各ユーザーに「Outlook .pst ファイルからメール、連絡先、予定表をインポートする」の手順を実行してもらいます。

    および/または

  • PST ファイルを開いてメールにアクセスする。 このオプションでは、Microsoft 365 for business メール アカウントにメールを結合せずに、PST ファイル内のメールにアクセスできます。 このオプションを使用すると、PST ファイルから必要なメールだけをコピーできます。

    ヒント: Mac を使用している場合は、次の手順ではなく、「アイテムを Outlook for Mac のアーカイブ ファイルにエクスポートする」の手順を実行してください。

    PST ファイルに含まれるメールにアクセスするだけの場合は、次の手順を実行します。 PST ファイルを開くと、PST ファイルに保存されているメールが、Outlook の左側のナビゲーションに表示されます。 そこから、メールを開いたり、既存の Outlook フォルダーにドラッグしたりできます。

    注: 以下の手順では、Outlook 2013 以上を使用していることを想定しています。 以前のバージョンの Outlook を使用している場合は、代わりに「Outlook データ ファイル (.pst) を開く、または閉じる」の手順に従います。

  1. Outlook 2013 以上で、[ファイル]、[開く/エクスポート]、[Outlook データ ファイルを開く] の順に選択します。

    PST ファイルを開いて、PST でメールを表示する方法。
  2. 以前に作成した PST ファイルを参照し、[OK] を選択します。

    ヒント: パスワードの入力が求められたら、PST ファイルに割り当てたパスワードを入力します。

    PST ファイルが Outlook の左側のナビゲーションに表示されます。

すべての Microsoft 365 for business プランには、OneDrive for Business が含まれ、各ユーザーに 1 TB のオンライン ファイル ストレージが提供されます。 Microsoft アカウントに関連付けられている OneDrive ファイル ストレージ内のファイルを、Microsoft 365 for business サブスクリプションに含まれている OneDrive for Business に移行する方法を説明します。

各ユーザーに、次の手順を示されている順番で実行するように求めます。

注: ユーザーは、移行するオンライン ファイルのコピーを一時的に保存するために、コンピューターのハード ドライブに十分な記憶領域がある必要があります。

OneDrive データをコピーする

  1. Microsoft 365 for business に移行するファイルを一時的に保存するために、ハード ドライブに一時的なフォルダーを作成します。

  2. https://onedrive.live.com/ にアクセスし、Microsoft 365 の家庭向けサブスクリプションへのアクセスに使用している Microsoft アカウントを使ってサインインします。

  3. Microsoft 365 for business で使用するファイルを手順 1 で作成したローカル フォルダーにコピーします。

    ヒント: フォルダーをダウンロードすると、OneDrive によって、*.zip ファイルにフォルダーの内容が保存されます。 *.zip ファイルにフォルダーをダウンロードした場合は、それらを Microsoft 365 for business にアップロードする前に、ファイルを解凍していることを確認します。

OneDrive ファイルを Microsoft 365 for business にインポートする

  1. admin.microsoft.com にアクセスし、ユーザー名とパスワード (sue@contoso.onmicrosoft.com など) でサインインします。

  2. 左上のアプリ起動ツール アイコンを選択し、[OneDrive] を選択します。

    ヒント: OneDrive for Business を初めて開いたときに、OneDrive をセットアップする必要があります。 [OneDrive for Business へようこそ] ページで、[次へ] を選択します。 OneDrive を設定したら、[OneDrive の準備ができました] を選択します。

  3. 空の OneDrive フォルダーに移動します。 サブフォルダーを作成する場合は、[新規]、[フォルダー] の順に選択します。

    OneDrive for Business で新しいフォルダーを作成します。
  4. [アップロード] を選択し、OneDrive ファイルをコピーしたハード ドライブからファイルをコピーします。

    OneDrive for Business にファイルをアップロードします。

    注: 

    • 個々のファイルとファイルのグループ (特定のフォルダー内のすべてのファイルなど) を同時にアップロードできますが、OneDrive for Business にフォルダーをコピーすることはできません。 代わりに、OneDrive for Business に必要なフォルダー構造を作成する必要があります。

    • 手順 4 で作成したフォルダーにファイルをコピーする場合は、ファイルをアップロードする前に、そのフォルダーを開きます。 そうしないと、ファイルはルート フォルダーにアップロードされます。 ファイルのアップロード後、OneDrive for Business のフォルダー間でファイルを移動することもできます。

これで、ユーザーは新しい Microsoft 365 for business サブスクリプションに登録されたので、Microsoft サブスクリプションを取り消すか、定期請求を無効にすることができます

ご意見を寄せてください。

この手順は役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。 役に立たず、問題がまだ解決していない場合は、何をしようとしたときにどのような問題が発生したかをお知らせください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×