年齢を計算する

Excel は、さまざまな方法で人の年齢を計算するのに役立ちます。 次の表は、Date and time 関数を使用して一般的な 方法を示しています

この例を Excel で使うには、テーブル内のデータをドラッグして選び、選択内容を右クリックして [コピー] をクリックします。 新しいワークシートを開き、セル A1 を右クリックし、[貼り付けオプション] を選択> 書式を保持します

データ

10/2/2012

2014/5/2

2014/6/3

2014/7/3

6/3/2002

数式

説明

=(YEAR(NOW())-YEAR(A2))

その結果、人の年齢 (今日と A2 の生年月日の違い) が得られます。

この例では 、YEAR 関数とNOW 関数を使用 します。

このセルに数値が表示しない場合は、数値または [一般] の形式で表示 されますセルの書式を [数値] または [日付] に設定する方法についてはこちらを参照してください

=YEAR(NOW())-1960

セル参照を使用せずに、1960 年に生まれた人の年齢。

このセルが数値として表示しない場合は、数値または [全般] の形式で表示 されますセルの書式を [数値] または [日付] に設定する方法についてはこちらを参照してください

=YEARFRAC(A3,A5)

A5 と A3 の日付の間の年と分数の年齢を計算します。

=(A5-A6)/365.25

A5 と A6 の日付の間の年齢 (12.08) を計算します。

4 年ごとに発生するうるう年を考慮するために、数式では 365.25 が使用されます。

=("2014/10/2"-"2014/5/2")

セル参照 (153) を使用せずに、2 つの日付間の日数を計算します。

=DAYS(TODAY(),"79/2/15")

2 つの日付関数を使用する 2 つの日付間の日数。

DAYS関数の 2 つの引数には、実際の日付、セル参照、または別の日付と時刻関数(TODAY 関数など)を指定できます

=(YEAR(NOW())-YEAR(A3))*12+MONTH(NOW())-MONTH(A3)

A3 から現在の日付の間の月数。

この例では、YEAR 関数NOW 関数MONTH 関数を使います。

このセルが数値として表示しない場合は、数値または [全般] の形式で表示 されますセルの書式を [数値] または [日付] に設定する方法についてはこちらを参照してください

=NETWORKDAYS(A3,A2,A3:A5)

A2 と A3 の 2 つの日付の間の全営業日数 (107)。 稼働日からは週末と祝日が除外されます。 最後の引数 A3:A5 は、稼働日から除外される祝日の一覧の範囲です。

この例では、NETWORKDAYS 関数を使っています。

=DAYS360(A2,A3,TRUE)

A2 と A3 の 2 つの日付の間の日数 (570)。 これは、会計計算で一般的な 360 日年 (12 か月 30 日) に基づいて作成されます。

この例では、DAYS360 関数を使っています。

=EDATE(A3,-4)

これを日付形式に 変換します。これは 2014 年 1 月 2 日で、A3 の日付より 4 か月前 (または -4) である必要があります。

この例では、EDATE 関数を使っています。この関数は、銀行取引記録の満期日の計算に使われます。

関連情報

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×