数式でネストした関数を使う

関数を使う数式の引数の1つとして関数を使用することは、入れ子と呼ばれ、その関数を入れ子になった関数として参照します。 たとえば、IF 関数の引数で AVERAGE 関数と SUM 関数を入れ子にすると、次の式では、別の数値セットの平均 (F2: F5) が50よりも大きい場合にのみ、数値のセット (G2: G5) が合計されます。 それ以外の場合は、0 を返します。

入れ子になった関数

AVERAGE 関数と SUM 関数が IF 関数内にネストされています。

数式では 64 レベルまで関数をネストできます。

  1. 数式を入力するセルをクリックします。

  2. 数式の先頭に関数を挿入するには、[数式バー ボタンの画像 の (関数の挿入 ボタンの画像 ) をクリックします。

    等号 (=) が自動的に挿入されます。

  3. [関数の分類] ボックスの一覧の [すべて表示] をクリックします。

    関数のカテゴリに精通している場合は、カテゴリを選ぶこともできます。

    どの関数を使ったらよいかわからない場合、[関数の検索] ボックスに、計算内容を説明する質問を入力できます。たとえば、「合計 数値」と入力すると、SUM 関数が返されます。

  4. 別の関数を引数として入力するには、適切な引数ボックスに目的の関数を入力します。

    [関数の引数] ダイアログ ボックスに表示される数式の各部分は、前の手順で選んだ関数を反映したものになります。

    [IF] をクリックした場合は、[関数の引数] ダイアログ ボックスに IF 関数の引数が表示されます。 別の関数をネストするには、引数ボックスに関数を入力します。 たとえば、IF 関数の [真の場合] ボックスに「SUM(G2:G5)」と入力できます。

  5. 数式を完了するために必要な引数があれば、それを入力します。

    セル参照を入力する代わりに、参照するセルを選ぶこともできます。 [ ボタンの画像 ] をクリックしてダイアログボックスを最小化し、参照先のセルを選択して、[ ボタンの画像 ] をクリックしてダイアログボックスをもう一度開きます。

    ヒント: 関数と引数についての詳細は、[この関数のヘルプ] をクリックします。

  6. 数式の引数を入力したら、[OK] をクリックします。

  1. 数式を入力するセルをクリックします。

  2. 数式の先頭に関数を挿入するには、[数式バー ボタンの画像 の (関数の挿入 ボタンの画像 ) をクリックします。

  3. [関数の挿入] ダイアログボックスの [カテゴリを選択してください] ボックスで、[すべて] を選びます。

    関数のカテゴリに精通している場合は、カテゴリを選ぶこともできます。

  4. 別の関数を引数として入力するには、数式パレットの引数ボックス、または直接セルに関数を入力します。

  5. 数式を完了するために必要な引数があれば、それを入力します。

  6. 数式の引数を入力したら、ENTER キーを押します。

使用例

The following shows an example of using nested IF functions to assign a letter grade to a numeric test score.

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。 必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

得点

45

90

78

数式

説明

結果

'=IF(A2>89,"A",IF(A2>79,"B", IF(A2>69,"C",IF(A2>59,"D","F"))))

ネストされた IF 関数を使って、セル A2 の得点に対する評価を割り当てます。

=IF(A2>89,"A",IF(A2>79,"B",IF(A2>69,"C",IF(A2>59,"D","F"))))

'=IF(A3>89,"A",IF(A3>79,"B", IF(A3>69,"C",IF(A3>59,"D","F"))))

ネストされた IF 関数を使って、セル A3 の得点に対する評価を割り当てます。

=IF(A3>89,"A",IF(A3>79,"B",IF(A3>69,"C",IF(A3>59,"D","F"))))

'=IF(A4>89,"A",IF(A4>79,"B", IF(A4>69,"C",IF(A4>59,"D","F"))))

ネストされた IF 関数を使って、セル A4 の得点に対する評価を割り当てます。

=IF(A4>89,"A",IF(A4>79,"B",IF(A4>69,"C",IF(A4>59,"D","F"))))

ヒント: 

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

ビデオ: 入れ子になった IF 関数

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×