数式で精度を確認したり、エラーの原因を見つけたりすることは、数式で参照元または依存セルを使用する場合に難しい場合があります。

  • 参照先セル —   別のセルの数式によって参照されるセル。 たとえば、セル D10 に数式 =B5が含まれている場合、セル B5 はセル D10 の前例です。

  • 依存セル —    これらのセルには、他のセルを参照する数式が含まれている。 たとえば、セル D10 に数式 =B5 が保持されている場合、セル D10 はセル B5 の参照先セルになります。

次の図に示すように、数式のチェックを支援するために、[参照先のトレース] コマンドと [参照先のトレース] コマンドを使用して、これらのセルと数式の関係を トレース矢印でグラフィカルに表示およびトレースできます。

トレース矢印が表示されたワークシート
 

セル間の数式リレーションシップを表示するには、次の手順に従います。

  1. [ファイル オプション] >[詳細設定 > クリックします。
     

    注: を使用している場合は、 Excel 2007。[Microsoft Officeボタン Office ボタンの画像 クリックし、[Excelオプション] をクリックし、[詳細設定] カテゴリをクリックします。

  2. [このブックの表示オプション] セクションで、ブックを選択し、[オブジェクトの場合] で [すべて] が選択されています

  3. 別のブックの参照セルを指定するには、そのブックを開く必要があります。 Microsoft Office Excel では、開いていないブック内のセルにアクセスすることはできません。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

手順

  1. 参照元を調べるセルを選択します。

  2. アクティブ セルにデータを直接提供する各セルにトレース矢印を表示するには、[数式] タブの [数式の監査] グループで、[参照先のトレース] をクリック ボタンの画像

    • 青い矢印は、エラーのないセルを示します。 赤い矢印は、エラーの原因となっているセルを示します。 選んだセルが、他のワークシートやブックのセルの数式で参照されている場合、選んだセルから [ワークシート] アイコン ワークシート アイコンを指す黒い矢印が表示されます。 参照先をトレースする際は、参照先セルがあるブックを開いてから実行してください。

  3. アクティブ セルにデータを提供する次のレベルのセルを識別するには、[参照先のトレース] をクリック ボタンの画像 します。

  4. 一度に 1 レベルのトレース矢印を削除するには、アクティブ セルから最も遠い前のセルから始まります。 次に、[数式]タブの [数式の監査] グループで、[矢印の削除] の横にある矢印をクリックし、[参照先の矢印の削除] を ボタンの画像 。 次のレベルのトレース矢印を削除するには、このボタンをもう一度クリックします。

手順

  1. 参照先を調べるセルを選びます。

  2. アクティブ セルに依存する各セルにトレース矢印を表示するには、[数式] タブの [数式の監査] グループで、[参照データのトレース] をクリック ボタンの画像

    青い矢印は、エラーのないセルを示します。 赤い矢印は、エラーの原因となっているセルを示します。 選択したセルが別のワークシートまたはブック上のセルによって参照されている場合、選択したセルの黒い矢印は、 のワークシート アイコンをポイント [ワークシート] アイコン 。 参照先をトレースする際は、参照先セルがあるブックを開いてから実行してください。

  3. アクティブ セルに依存する次のレベルのセルを識別するには、[依存セルのトレース] を ボタンの画像 します。

  4. アクティブ セルから最も離れた従属セルから始まるトレース矢印を一度に1レベルで削除するには、[数式] タブの [数式の監査] グループで、[矢印の削除] の横にある矢印をクリックし、[依存矢印の削除]ボタンの画像をクリックします。 次のレベルのトレース矢印を削除するには、このボタンをもう一度クリックします。

手順

  1. 空のセルに「 = (等号)」と入力します。

  2. [すべて選択] をクリックします。

    [すべて選択] ボタン

  3. セルを選択し、[数式]タブの [数式の監査] グループで、[参照先のトレース] を2 ボタンの画像 クリックします。

ワークシート上のすべての トレース矢印 を削除するには、[数式] タブの [数式の監査]グループで、[矢印の削除] をクリック ボタンの画像

問題: [参照先のトレース] または [参照元のトレース] コマンドをクリックすると警告音が鳴る

[Excel 参照先のトレース ボタンの画像 ]または [参照先のトレース] ボタンの画像をクリックすると、Excel がすべてのレベルの数式をトレースした場合、または追跡できない項目をトレースしようとすると、ビープ音が鳴る可能性があります。 数式で参照できるワークシートの次の項目は、監査ツールを使用して追跡できません。

  • ワークシート上のテキスト ボックス、埋め込みグラフ、または図への参照。

  • ピボットテーブル レポート。

  • 名前付き定数への参照。

  • 他のブックが閉じている場合にアクティブ セルを参照する別のブックにある数式。

注: 

  • 数式の引数に使用している色分けされた参照元セルを表示するには、セルを選んで F2 キーを押します。

  • 矢印で示されたセルを選ぶには、その矢印をダブルクリックします。 参照元のセルがその他のワークシートやブックにある場合は、黒い矢印をダブルクリックして [ジャンプ] ダイアログ ボックスを表示し、[移動先] ボックスの一覧で目的のセルをダブルクリックします。

  • 矢印のポイント、列または行の挿入または削除、セルの削除または移動を行う数式を変更すると、すべてのトレース矢印が表示されなくなります。 これらの変更を行った後でトレース矢印を元に戻すには、ワークシート分析コマンドを使ってトレース矢印を表示し直します。 変更前のトレース矢印を記録しておく必要がある場合は、ワークシートを変更する前に、トレース矢印を表示してワークシートを印刷します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×