メイン コンテンツへスキップ
サポート
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

Word 文書を拡張できる基本的な種類のグラフィックには、描画オブジェクト、SmartArt、グラフ、画像、クリップ アートなどがあります。 描画とは描画オブジェクトまたは描画オブジェクトのグループを指します。

描画オブジェクトには、図形、図、フローチャート、曲線、直線、ワードアート が含まれます。 これらのオブジェクトは、Word 文書の一部です。 これらのオブジェクトに色、パターン、罫線、その他の効果を追加して変更したり拡張したりできます。

注: Wordで描画オブジェクトを操作するために描画キャンバスを挿入する必要がなくなりました。 ただし、複数の描画オブジェクトを操作する場合や、図形間にコネクタを追加する場合は、引き続き図面キャンバスを組織の支援として使用できます。 描画キャンバスを挿入するには、[ 挿入 ] タブで [ 図形] をクリックし、[ 新しい描画キャンバス] をクリックします。

目的に合ったトピックをクリックしてください

文書に描画オブジェクトを追加する

  1. 文書内で、描画を作成する位置をクリックします。

  2. [挿入] タブの [] グループで、[図形] をクリックします。

    Excel の [挿入] タブの [図] グループ

  3. 図形描画を挿入した後に表示される [書式] タブでは次のいずれかを実行できます。

    • 図形を挿入する。 [書式] タブの [図形の挿入] グループで図形をクリックして、文書の任意の場所をクリックします。

    • 図形を変更する。 変更する図形をクリックします。 [書式] タブの [図形の挿入] グループで、[図形の編集] をクリックし、[図形の変更] をポイントして、別の図形を選択します。

    • 図形にテキストを追加する。 図形のテキストを追加する場所をクリックして、テキストを入力します。

    • 選んだ図形をグループ化する。 一度に複数の図形を選択するには、キーボードの Ctrl キーを押しながらグループに追加する図形をそれぞれクリックします。 [書式] タブの [配置] グループで、すべての図形が 1 つのオブジェクトとして扱われるように [グループ] をクリックします。

    • 文書内に描画する。 [書式] タブの [図形の挿入] グループで、矢印をクリックして、図形のオプションを展開します。 [] で [フリー フォーム] または [フリーハンド] をクリックします。

      ヒント: フリーフォームまたはフリーハンドの線を使用した描画を中止するには、ダブルクリックします。

    • 図形のサイズを調整する。 サイズを変更する図形 (複数可) を選びます。 [書式] タブの [サイズ] グループの [高さ] と [] ボックスで、矢印をクリックするか、新しいサイズを入力します。

    • 図形にスタイルを適用する。 [図形のスタイル] グループで、スタイルにポインターを合わせると、そのスタイルが適用された場合の図形の外観を確認できます。 適用するには、スタイルをクリックします。 または、[図形の塗りつぶし] または [図形の輪郭] をクリックして、目的のオプションを選択します。

      リボンにある [図形のスタイル] のコマンド

      注: [図形のスタイル] グループに表示されない色とグラデーションを適用する場合は、最初に色を選択してから、グラデーションを適用します。

    • フロー チャートにコネクタを追加する。 フロー チャートを作成する前に、[挿入] タブをクリックし、[] グループの [図形] をクリックし、[新しい描画キャンバス] をクリックして、描画キャンバスを追加します。 [書式] タブの [図形の挿入] グループで、フロー チャートの図形をクリックします。 [] で [曲線矢印コネクタ] などのコネクタの線を選びます。

    • 影と 3 次元 (3-D) 効果を使用して描画の図形にアクセントを加える。 [書式] タブの [図形のスタイル] グループで、[図形の効果] をクリックし、効果を選択します。

    • キャンバスにオブジェクトを配置する。 オブジェクトを配置するには、Ctrl キーを押しながら配置するオブジェクトを選びます。 [書式] タブの [配置] グループで、[整列] をクリックして、配置コマンドを選択します。

描画のすべてまたは一部を削除する

  1. 削除する描画オブジェクトを選択します。

  2. Del キーを押します。

関連項目

図形を追加する

曲線や円の図形を描画する

Office 2013 および Office 2016 で画像を挿入する

図をトリミングする

ファイルにクリップ アートを追加する

目的に合ったトピックをクリックしてください

文書に描画オブジェクトを追加する

  1. 文書内で、描画を作成する位置をクリックします。

  2. [挿入] タブの [] グループで、[図形] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  3. 挿入する図形を見つけたら、ダブルクリックして自動的に挿入するか、クリックしてドラッグしてドキュメントに描画します。

    図形描画を挿入した後に表示される [書式] タブでは次のいずれかを実行できます。

    • 図形を挿入する。 [書式] タブの [図形の挿入] グループで図形をクリックして、文書の任意の場所をクリックします。

    • 図形を変更する。 変更する図形をクリックします。 [ 書式 ] タブの [ 図形スタイル ] グループで、[ 図形の変更] をクリックし、別の図形を選択します。

    • 図形にテキストを追加します。 図形を右クリックし、[ テキストの追加] をクリックし、「」と入力します。

    • 選んだ図形をグループ化する。 一度に複数の図形を選択するには、キーボードの Ctrl キーを押しながらグループに追加する図形をそれぞれクリックします。 [書式] タブの [配置] グループで、すべての図形が 1 つのオブジェクトとして扱われるように [グループ] をクリックします。

    • 文書内に描画する。 [書式] タブの [図形の挿入] グループで、矢印をクリックして、図形のオプションを展開します。 [] で [フリー フォーム] または [フリーハンド] をクリックします。

    • 図形のサイズを調整する。 サイズを変更する図形 (複数可) を選びます。 [ 書式 ] タブの [ サイズ ] グループで、矢印をクリックするか、[ 図形の高さ ] ボックスと [ 図形の幅 ] ボックスに新しい寸法を入力します。

    • 図形にスタイルを適用する。 [図形のスタイル] グループで、スタイルにポインターを合わせると、そのスタイルが適用された場合の図形の外観を確認できます。 適用するには、スタイルをクリックします。 または、[図形の塗りつぶし] または [図形の輪郭] をクリックして、目的のオプションを選択します。

      Excel リボンの [図形のスタイル] グループ

      注: [図形のスタイル] グループに表示されない色とグラデーションを適用する場合は、最初に色を選択してから、グラデーションを適用します。

    • フロー チャートにコネクタを追加する。 フロー チャートを作成する前に、[挿入] タブをクリックし、[] グループの [図形] をクリックし、[新しい描画キャンバス] をクリックして、描画キャンバスを追加します。 [書式] タブの [図形の挿入] グループで、フロー チャートの図形をクリックします。 [] で [曲線矢印コネクタ] などのコネクタの線を選びます。

    • 影と 3 次元 (3-D) 効果を使用して 、図面内の図形に関心を追加します。 [ 書式 ] タブで、[ 影の効果 ] または [ 3-D 効果 ] グループのオプションを選択します。

    • キャンバスにオブジェクトを配置する。 オブジェクトを配置するには、Ctrl キーを押しながら配置するオブジェクトを選びます。 [書式] タブの [配置] グループで、[整列] をクリックして、配置コマンドを選択します。

描画のすべてまたは一部を削除する

  1. 削除する描画オブジェクトを選択します。

  2. Del キーを押します。

関連項目

曲線や円の図形を描画する

Office 2013 および Office 2016 で画像を挿入する

図をトリミングする

ファイルにクリップ アートを追加する

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×