日付を加算または減算する

たとえば、プロジェクトのスケジュールされている日付に 2 週間を加えて完了日を確認したうえでスケジュールを調整する場合や、プロジェクトのタスクの一覧で 1 つの作業の完了に要する期間を確認する場合があります。 Excel では、簡単な数式を使用して日付への日数の加算や減算を行ったり、特に日付の操作を目的として設計されたワークシート関数を使用したりできます。

日付から日数を加算または減算する

請求書が毎月第 2 金曜日に支払期日とします。 その日の 15 日前に資金を受け取り、期日から 15 日を減算するために、当て勘定口座に資金を移動する必要があります。 次の例では、正または負の数値を入力して日付を加算および減算する方法を示します。 

=A2+B2 の日付 (A2 は日付)、B2 は加算または減算の日数である日付から日数を加算または減算します。

  1. 列 A に期限を入力します。

  2. 列 B に加算または減算する日数を入力します。開始日から日数を減算するには負の数値を入力し、日付に加算する正の数を入力できます。

  3. セル C2 に 「=A2+B2」と入力し、必要に応じて下にコピーします。

EDATE 関数を使用して日付から月を加算または減算する

EDATE 関数を使用すると、日付から月数をすばやく加算または減算できます。

EDATE 関数には、開始日と加算または減算する月数の 2 つの引数が必要です。 月数を減算するには、2 番目の引数として負の数値を入力します。 たとえば、=EDATE("9/15/19",-5) は4/15/19を返します。

日付から月数を加算または減算するには、EDATE を使用します。 この場合、=EDATE(A2,B2) (A2 は日付)、B2 には加算または減算する月数が含まれる。

  1. この例では、列 A に開始日を入力できます。

  2. 列 B に加算または減算する月数を入力します。月を減算する必要があるかどうかを示すために、数値の前に負符号 (-) を入力します (例: -1)。

  3. セル C2 に「=EDATE(A2,B2)」 と入力し、必要に応じてコピーします。

    注: 

    • 入力した数式を含むセルの形式によっては、結果がシリアル値として表示される場合があります。 たとえば、2019 年 2 月 8 日は 43504 と表示されます。

    • Excel では、日付を計算に使用できるように一連のシリアル番号として保存します。 既定では、1900 年 1 月 1 日がシリアル値 1 として保存され、2010 年 1 月 1 日は 1900 年 1 月 1 日から 40,178 日後に当たるので、シリアル値は 40179 になります。

    • 結果がシリアル値として表示される場合は、目的のセルを選択し、次の手順に進みます。

      • Ctrl キーを押しながら 1 キーを押して [セルの書式設定]ダイアログを開き、[数値] タブをクリックします。

      • [ カテゴリ]の [ 日付] をクリックし、目的の日付形式を選択して 、[OK]をクリックします。 各セルの値がシリアル値ではなく日付として表示されます。

日付から年数を加算または減算する

この例では、次の数式を使用して開始日から年数を加算および減算しています。

=DATE(YEAR(A2)+B2,MONTH(A2),DAY(A2))

=DATE(YEAR(A2)+B2,MONTH(A2),DAY(A2)) を使用して開始日から年数を加算または減算します。

数式のしくみ:

  • YEAR 関数はセル A2 の日付を参照し、2019 を返します。 次に、セル B2 から 3 年が加算され、結果は 2022 になります。

  • MONTH 関数DAY 関数はセル A2 の元の値のみを返しますが、DATE 関数ではそれらを必要とします。

  • 最後に 、DATE 関数は、これら 3 つの値を 3 年後の日付 (02/08/22)に結合します。

日付に対して日、月、年の組み合わせを加算または減算する

この例では、開始日から年、月、日を加算および減算し、次の数式を使用します。

=DATE(YEAR(A2)+B2,MONTH(A2)+C2,DAY(A2)+D2)

DATE 関数を使用して、日付に対して年、月、または日を加算または減算します。

数式のしくみ:

  • YEAR 関数はセル A2 の日付を参照し、2019 を返します。 次に、セル B2 から 1 年が加算され、結果は 2020 になります。

  • MONTH 関数は 6 を返し、セル C2 から 7 を加算します。 これは、1 年 1 か月の 6 + 7 = 13 なので、興味深いものになります。 この場合、数式はこれを認識し、結果に別の年を自動的に追加し、2020 から 2021 に変更します。

  • DAY 関数は 8 を返し、15 を加算します。 これは、特定の月の日数を超えると、数式の MONTH 部分と同様に機能します。

  • 次に、DATE関数は、これら 3 つの値を 1 年、7 か月、15 日後の日付(01/23/21)に結合します。

日付を操作する数式またはワークシート関数を使用して、2 週間を追加した場合にプロジェクトのスケジュールに与える影響や、タスクの完了に必要な時間を見つける方法を以下に示します。

たとえば、アカウントの請求サイクルが 30 日で、2013 年 3 月の請求日の 15 日前に口座に資金を入したいとします。 ここでは、数式または関数を使用して日付を操作する方法を示します。

  1. セル A1 に 「2/8/13」と入力します

  2. セル B1 に「=A1-15」と入力します。

  3. セル C1 に「=A1+30」と入力します。

  4. セル D1 に「=C1-15」と入力します。

    日付を計算する

日付に月を追加する

EDATE 関数を使用します。開始日と追加する月数が必要です。 2013/10/24 に 16 か月を追加する方法を示します。

EDATE の数式を使って日付に月を加算する

  1. セル A1 に 「10/24/13」と入力します

  2. セル B1 に 「=EDATE(A1,16)」と入力します

  3. 結果を日付として書式設定するには、セル B1 を選択します。 [表示形式] の横にある 矢印をクリックし、[短い> をクリックします

日付から月を減算する

同じ EDATE 関数を使用して、日付から月を減算します。

セル A1 に日付を入力し、セル B1 に「=EDATE(2013/4/15,-5)」という数式を入力します。

日付から月を減算する

ここでは、日付を引用符で囲んで入力する開始日の値を指定します。

日付値を含むセルを参照するか、同じ結果に=EDATE(A1,-5)という数式を使用 して参照できます。

その他の例

日付に年を加算する、または日付から年を減算するには

日付の加算と減算の例

開始日

加算または減算された年数

数式

結果

10/24/2013

3 (3 年を追加)

=DATE(YEAR(A2)+B2,MONTH(A2),DAY(A2))

10/24/2016

10/24/2013

-5 (5 年を減算)

=DATE(YEAR(A4)+B4,MONTH(A4),DAY(A4))

10/24/2008

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×