日付を曜日で表示する

セルに入力した日付値に対して、実際の日付 "2005 年 10 月 3 日" の代わりに "月曜日" と表示したい場合があるとします。 日付を曜日で表示するには、いくつかの方法があります。

注: この記事のスクリーンショットは、次の記事で Excel 2016。 別のバージョンでは表示が少し異なる場合がありますが、特に記載がない限り、機能は同じです。

セルを書式設定して、日付を曜日として表示する

  1. 曜日として表示する日付を含むセルを選択します。

  2. [ホーム] タブの[数値書式] リスト ボックスのドロップダウンをクリックし、[その他の数値書式] をクリックし、[数値] タブをクリックします。

    [数値の書式] リスト ボックス
  3. [項目] で [ユーザー設定] をクリックして、[種類] ボックスに "dddd" または "ddd" と入力します。"dddd" は完全な曜日名 (月曜日、火曜日など) を、"ddd" は曜日の省略名 (月、火、水など) を表示します。

日付を曜日の文字列に変換する

この処理を実行するには、TEXT 関数を使用します。

次のデータを空白のワークシートにコピーします。

1

2

3

A

日付

19-Feb-2007

3-Jan-2008

数式

説明 (計算結果)

=TEXT(A2, "dddd")

日付の日を計算し、その日の完全な名前 (月曜日) を返します。

=TEXT(A3, "ddd")

日付の日付を計算し、その日 (木) の省略名を返します。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

TEXT

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×