日本の年号変更と元年

2019 年 5 月 1 日に開始された日本の新年号に対応するため、Excel をアップデートいたしました。  これには、元年表示形式​ (日本年 1) の作成が含まれ、Excel ブックをこの形式でネイティブに編集および保存できるようになりました。  

元年表示形式を適用するには、セルまたは書式設定するセルを選択し、Ctrl + 1 を押します。 [セルの書式設定] ダイアログで、[数値] タブから [日付] を選択します。 [ロケール (国または地域)] ドロップダウンから [日本語] を選択し、[カレンダーの種類] ドロップダウンから [和暦] を選択します。 [1 を元年と表記する] チェック ボックスがオンになっていることを確認し、[OK] を押します。

元年日付形式​​が適用された [数値] ウィンドウの [セルの書式設定] ダイアログの画像。

注: 

  • この段階では、ユーザー Microsoft 365 に向けてこの作業を進めています。 デスクトップ Excel の場合は、現在のチャネルバージョン 1909 (ビルド 12026.20320)で利用できます。 近い将来、他のエンドポイント (Mac、iOS、Android) でもこの機能を有効にすることに取り組んでいます。

  • 現在のチャネル (Excel 2013、Excel 2016、Excel 2019、 Microsoft 365 準年エンタープライズチャネル (Preview)、または半年次のエンタープライズチャネル) を使用していない場合、または、日本語の年号の表示に依存する数式、マクロ、またはユーザー設定の書式設定を使用している場合は、次の手順で説明するように、ユーザー設定の

  • Excel で日本の年号エクスペリエンスの機能がどの程度正常に機能しているかについてご意見をお送りいただく場合、または問題を報告をする場合は、[Excel]、[ファイル]、[フィードバック] の順に移動し、[気に入った機能の報告/問題点、改善点の報告/提案の送信] オプションを使用してください。

古いバージョンの Excel を使用しているときに元年をユーザー設定の表示形式で表示する

  1. 書式設定が必要なセルまたは範囲を選択します。

  2. Ctrl + 1 キーを押して、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. [表示形式] タブを選択し、[分類] セクションから [ユーザー定義] オプションを選択します。

  4. [種類] テキスト ボックスに以下の文字列をコピーして貼り付けます。

    [<=43585][$-ja-JP]ggge"?"m"?"d"?";[>=43831]ggge"?"m"?"d"?";ggg"??"m"?"d"?"

    Ctrl + 1 キーを押して [数値] タブ、[ユーザー設定] 番号の順に移動して元年書式にカスタム番号を適用します。

  5. OK キーを押して、選択したセルに書式を適用します。

    次の例は、書式設定のユーザー定義が適用される前の日付の表示です。

    元年を使用せずに日本の日付を適用した画像

    続いて、書式設定のユーザー定義が適用された後の日付の表示です。

    元年を適用した画像

    ユーザー定義の書式設定で表示されるため、Text 関数でセルを参照した際にうまく表示されない場合があります。 ただし、NETWORKDAYS() などの多くの日付関数は有効です。

Text 関数で元年を表示する

Text 関数を使用して元年日付書式を表示することもできます。

次の例では、セル A5:A13 は日付の値を含み、セル A2 は前の例で使われた文字列書式を含みます。

[<=43585][$-ja-JP]ggge"?"m"?"d"?";[>=43831]ggge"?"m"?"d"?";ggg"??"m"?"d"?"

数式 =TEXT(A5,$A$2) がセル C5 に入力され、セル C5:C13 にコピーされました。

TEXT 関数で元年書式を適用する画像: = TEXT(A1,$B$2)、B2 には元年書式の文字列が格納されています。

G/標準の書式設定で表示されるため、日付関数および Text 関数でセルを参照した際にうまく表示されない場合があります。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

お時間を最大限に活用するためのサブスクリプション

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×