セキュリティとコンプライアンス

秘密度ラベルを作成する

Surface Book デバイスの写真

機密ラベルを使用すると、ビジネスにとって重要なコンテンツを分類して保護することができます。

次の手順に従って、機密ラベルを作成し、ユーザーが使用できるようにします。

  1. 管理センターで、コンプライアンス管理センターを選択します。

  2. [ 分類 > 秘密ラベル] を選択します。

  3. [ ラベルの作成] を選択し、警告が表示されたら、[ はい] を選びます。

  4. ラベル名ヒント説明を入力します。 [次へ] を選びます。

  5. 暗号化を有効にします。 ユーザーのコンテンツへのアクセスを有効にするかどうか、オフラインアクセスを許可するかどうかなど、どのような場合にアクセス許可を割り当てるかを選びます。

  6. [ 権限の割り当て ] を選択して 、これらのメールアドレスまたはドメインを追加> ます。

  7. メールアドレスまたはドメイン名 (Contoso.org など) を入力します。  [ 追加] を選択し、追加するメールアドレスまたはドメインごとにこの手順を繰り返します。

  8. [ 事前設定またはカスタムのアクセス許可を選択します] を選択します。

  9. ドロップダウンリストを使用して、 校閲者 ビューアーなどの事前設定された権限を選択するか、[ ユーザー設定 の権限] を選びます。 [ ユーザー設定] を選択した場合は、一覧からアクセス許可を選びます。 [ Save>save ] を選択し>次へ

  10. コンテンツマークをオンにして、使用するマークを選びます。

  11. 選択した各マーキングで、[ テキストのカスタマイズ] を選択します。 文書に表示するテキストを入力し、[フォント] オプションと [レイアウト] オプションを設定します。 [ 保存] を選択して、追加のマークを繰り返します。 [次へ] を選びます。

  12. 必要に応じて、 エンドポイントのデータ損失防止を有効にします。 [次へ] を選びます。

  13. 必要に応じて、[ 自動ラベル付け] をオンにします。 条件を追加します。 たとえば、[次の 内容を含むコンテンツを検出する] で、[ 条件の追加] を選択します。 条件を入力します。たとえば、passport、社会保障、またはその他の機密情報が検出された場合に、ラベルが追加される条件を追加します。 [次へ] を選びます。

  14. 設定を確認し、[ 作成] を選択します。 ラベルが作成されました。 必要な他のラベルについても、この手順を繰り返します。

  15. 既定では、ラベルは Office アプリの次の順序で表示されます。これは、社外秘、社内、および一般向けです。 順序を変更するには、各ラベルで [ その他のアクション ] (省略記号) を選び、ラベルを上下に移動します。 通常、アクセス許可は、最も低いレベルから最上位のアクセス許可の一覧に表示されます。

  16. ラベルにサブラベルを追加するには、[ その他のアクション]、[サブレベルの追加] の順に選択します。

  17. 完了したら、[ラベルの発行] を選択し > > を公開するラベルを選択します。 Add 公開するラベルを選択し、[ 追加 ]> [ 次へ] の順に選択> ます。

  18. 既定では、新しいラベルポリシーがすべてのユーザーに適用されます。 ポリシーの適用対象を制限する場合は、[ ユーザーまたはグループの選択 ] を選択して、[ 追加> ます。 ポリシーを適用するユーザーを選択し、[ 追加 ] >> [ 次へ] の順に選択します。

  19. ドキュメントとメールの既定のラベルが必要な場合は、ドロップダウンリストから目的のラベルを選択します。 残りの設定を確認し、必要に応じて調整して、[ 次へ] を選択します。

  20. ポリシーの名前 説明 を入力します。 [次へ] を選びます。

  21. 設定を確認し、[ 発行] を選択します。

ラベルが機能するためには、各ユーザーは Azure Information Protection の統合ラベルクライアントをダウンロードする必要があります。 Web で AzinfoProtection_UL.exeを検索し、Microsoft ダウンロードセンターからダウンロードして、ユーザーのコンピューターで実行します。

次に Word などの Office アプリを開いたときに、作成された機密ラベルが表示されます。 ラベルを変更または適用するには、[ 感度] を選択し、ラベルを選択します。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×