比較データをデータ バーで視覚的に表示する

データのストーリーを一目で把握する必要がある場合は、Access のデータ バーを使用します。 データ バーを数値フィールドに適用して、レコード間でデータを視覚的にコントラストすることができます。 たとえば、次のレポートでは、[結果] フィールドのデータ バーの長さによって、一部のトレーニング コースのマーケティングがいかに効果的だったかをすばやく 確認 できます。 [結果] フィールド データには、マーケティング活動後のコース登録データと出席データの比較が表示されます。

データ比較が表示されているレポートの表示バー

この記事の内容

概要

コントロールが数値データ型のフィールドにバインドされている場合は、フォームまたはレポートのコントロールにデータ バーを適用できます。 Access のデータ バーの使い方は、Microsoft Excel のグラフのデータ バーと同様に、値を視覚的に比較しやすくなります。 データ バーの長さは、セルの値を表します。 バーが長いほど値が大きいことを、バーが短いほど値が小さいことを示します。 フォームでは、データ バーはデータシート ビューまたは連続したフォーム ビューで最も便利です。

条件付き書式ルールの管理を使用すると、データ バーを簡単に適用できます。 書式の条件を指定するデータ バーをカスタマイズし、効果を適用する前にプレビューできます。 たとえば、バーの値をカスタマイズして、最大または最小の値、数値、またはパーセント範囲を表します。

データ バーの設定を書式設定する

次の表では、視覚の制限または最も短いバーオプション の設定について説明 します。

オプション

結果

最も低い値

既定の設定。 最も小さい値の視覚制限を設定します。

線形目盛の下限を設定します。 バー番号が最も短い値以下のすべての値は、長さ 0 です。

割合

数値の設定と同様に表示されますが、レコード セット内の残りのレコードと比較して、各値の下限のパーセンテージに制限が設定されます。

次の表では、最大表示制限または最も長いバー オプション の設定について説明 します。

オプション

結果

最高値

既定の設定。 最高値の表示制限を設定します。

グラデーションの線形縮尺の上限を設定します。 最も長いバー番号以上のすべてのアイテムがコントロールに完全に入力されます。

割合

レコード セット内の他のレコードと比較して、各値の上限のパーセンテージに制限が設定されている場合を除き、数値の設定と同様に表示されます。

ページの先頭へ

データ バーをレポートに適用する

大量のデータの傾向のスナップショットやデータ比較のスナップショットを表示したい場合は、データ バーを使用してレポートを書式設定する休日売上レポートの上位の売れ行きや下位のおもちゃなど、良い選択肢になります。 たとえば、売上レポートでは、データ バーを使用する場合、特定の地域の売上傾向を理解する方が簡単です。

レポートにデータ バーを適用するには、次の手順を実行します。

  1. ナビゲーション ウィンドウでレポートを右クリックし、[レイアウト ビュー] を クリックします

  2. データ バーを適用するコントロールを選択します。

  3. [書式 ] タブの [条件付き書式] グループ で、[条件付き書式] をクリックします

  4. [条件付き書式 ルールの管理] ダイアログ ボックスで、[新しいルール ] をクリックします

  5. [新しい 書式ルール] ダイアログ ボックスの [ルールの 種類の選択] で、[他のレコードと比較 ] を選択します

  6. [ ルールの説明の編集] で、適用するデータ バーの書式を決定するルールを指定します。

    [新しい書式ルール] ダイアログ ボックス

  7. フィールドの数値を含めずにデータ バーを表示するには、[バーのみ表示] オプションを選択 します。

    次の図は、対応する値を持つデータ バーとデータ バーのみを表示するインスタンスを示しています。

    数値を表示せずにデータ バーを適用する

    データと共に表示されるデータ バー

    注:  値のデータ バーは、コントロールが編集モードに切り替えると一時的に非表示になります。

  8. [最も短いバー ] オプションと [最も長いバー] オプションのオプションを選択し、バーの色の矢印をクリックして標準またはユーザー設定のバーの色を選択します。

    注: プレビュー には、バーの色のグラデーションが表示されます。

  9. [OK] を2 回クリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

  10. 表示される値のフォントを変更するには、次の手順を実行します。

    1. プロパティ シートが開いていない場合は、セルを選択し、Alt キーを押しながら Enter キーを押します。

    2. [書式 ] タブを 選択し、[フォント名] プロパティの矢印を クリック して、フォントを選択します。

  11. レポート ビューに 切り替えます

ページの先頭へ

フォームにデータ バーを適用する

フォームの値にデータ バーを適用すると、連続したフォーム、分割フォーム、またはデータシート ビューの方が便利です。 たとえば、受注フォームの場合、データ バーを使用する場合、特定の地域の売上傾向を理解する方が簡単です。

分割フォーム ビューでデータ バーを表示する

フォームにデータ バーを適用するには、次の手順を実行します。

  1. ナビゲーション ウィンドウでフォームを右クリックし、[レイアウト ビュー] を クリックします

  2. データ バーを適用するセルを選択します。

  3. [書式 ] タブの [条件付き書式] グループ で、[条件付き書式] をクリックします

  4. [条件付き書式 ルールの管理] ダイアログ ボックスで、[新しいルール ] をクリックします

  5. [新しい 書式ルール] ダイアログボックスの [ルールの種類の選択] で、[他のレコードと比較] を選び

  6. [ ルールの説明の編集] で、適用する書式を決定するルールを指定します。

    注:  [バーのみを表示 ] を選択した場合、フィールドの値は表示されません。

  7. 最も短いバー と最も長いバーの[種類値の選択]を選択します

  8. バーの 色の矢印を クリックして、標準またはユーザー設定のバーの色を選択します。

  9. [OK] を 2回クリックし、フォーム ビュー に切り替えます

ページの先頭へ

追加情報

データ バーの書式設定に関するヒントと、Access で他の条件付き書式を適用してデータを視覚的に表示するためのリソース:

  • データ バー間にスペース   を作成するには、レイアウト ビューでフォームまたはレポートを開き、データ バー コントロールを選択し、必要なコントロールパディング オプション を適用 します。

    コントロール間でスペースを作るために余白のオプションを使用する

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×