流動的なフレームワークのキーボードショートカット

キーボードショートカットは、キーまたはキーの組み合わせであり、マウスで通常実行する操作を行うことができます。 次に、流動的なフレームワークを操作するための一般的なキーボードショートカットをいくつか示します。 

注: 

  • このトピックで示すショートカット キーは、米国のキーボードのレイアウトを参照しています。 他のレイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない場合があります。

  • ショートカットのプラス記号 (+) は、一度に複数のキーを押す必要があることを意味します。

  • ショートカットのコンマ記号 (,) は、複数のキーを順番に押す必要があることを意味します。

操作

Windows ショートカット

Mac ショートカット

連絡先にノートシールを付けて通知する

@

@

[コンポーネント] オプションを使用して [探索] メニューを開く

+

+

書式設定オプションを使用してコマンド実行サーフェスを開く

Shift + F10

Shift + F10

自分の名前でインラインコメントを追加する

+ Space キー

+ Space キー

絵文字を挿入する

Windows ロゴキー + (ピリオド)

^ + ⌘ + Space

見出し 1

Ctrl + Alt + 1 (または # + Space)

Option + ⌘ + 1 (または # + Space)

見出し 2

Ctrl + Alt + 2 (または # # + Space)

Option + ⌘ + 2 (または # # + Space)

見出し 3

Ctrl + Alt + 3 (または # # # + Space)

Option + ⌘ + 3 (または # # # + Space)

行頭文字を使った箇条書きを作成する

Ctrl キーを押しながら (ピリオド)

⌘ + . (ピリオド)

チェックリストを作成する、項目をオフにする、またはチェックリストを削除する

Ctrl + 1

⌘ + 1

ハイパーリンクを挿入する

Ctrl + K

⌘ + K

前に戻る (word)

Ctrl + Backspace

⌘ + Delete

転送を削除する (word)

Ctrl + Del

Option + Del

自分の名前でインラインコメントを追加する

/* + Space

/* + Space

自分の名前でインラインコメントを追加する

* + Space

レイアウトの LTR (左から右) を設定する

Ctrl + Shift + Alt + L

レイアウト RTL を設定する (右から左)

Ctrl + Shift + Alt + R

画像サイズを拡大する

Ctrl + Shift + >

⌘ + Shift + >

画像サイズの縮小

Ctrl + Shift + <

⌘ + Shift + <

行を挿入する (最後のセルにある場合にのみ表に適用)

Tab キー

Tab

IP を word で左に移動する

Ctrl + ←

Option + ←

直接 IP を単語に移動する

Ctrl + →

Option + →

IP を段落で上に移動する

Ctrl + ↑

⌘ + ←

IP を段落で下に移動する

Ctrl + ↓

⌘ + →

IP を行の先頭に移動する

ホーム

関数 + ↑

IP を行の末尾に移動する

End

関数 + ↓キー

インデントを設定

Tab キー

Tab

インデントを設定

Shift + Alt + ←

インデントを解除

Shift + Tab

Shift + Tab

インデントを解除

Shift + Alt + →

行頭文字を使った箇条書きを作成する

Ctrl +-+ (ピリオド)

⌘ + - + . (ピリオド)

チェックリストの作成、アイテムのオフ、チェックリストの削除を行う

Ctrl +-+ 1

未チェックのチェックリストを作成する

[] + Space

[] + Space

未チェックのチェックリストを作成する

[+ Space +] + Space キー

[+ Space +] + Space キー

チェック済みチェックリストを作成する

[+ x +] + Space

[+ x +] + Space

チェック済みチェックリストを作成する

[+ X +] + Space

[+ X +] + Space

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×