簡単な数式を作成する

簡単な数式を作成して、ワークシート内の値を加算、減算、乗算、または除算することができます。 単純な数式の先頭には必ず等号 (=) を指定し、その後に正符号 (+)、負符号 (-)、アスタリスク (*)、スラッシュ (/) などの計算演算子を指定します。

たとえば、数式「 = 5 + 2 * 3」を入力すると、最後の2つの数値が乗算されて最初の数値に加算され、結果が得られます。 数値演算の標準的な順序に従って、乗算は加算前に実行されます。

  1. ワークシートで、数式を入力するセルをクリックします。

  2. = (等号) を入力し、その後に計算で使用する定数と演算子を入力します。

    必要に応じて、1つの数式に最大8192文字の定数と演算子を入力できます。

    ヒント: 数式に定数を入力する代わりに、使用する値を含むセル (B12 など) を選択し、セルの選択の間に演算子を入力することができます。

  3. Enter キーを押します。

    注: 

    • 値をすばやく追加するには、数式を手動で入力する代わりに オート sum を使用できます ([ホーム ] タブの [ 編集 ] グループ)。

    • 関数 (SUM 関数など) を 使用 して、ワークシートの値を計算することもできます。

    • さらに1つの手順を実行するには、単純な数式の実際の値ではなく、 数式でセル参照を使う ことができます。

使用例

次のブックは、簡単な数式の例を示しています。 既存の数式を変更したり、独自の数式を入力して、それらの機能を学習したり、結果を表示したりすることができます。

データ

2

5

数式

説明

結果

' = A2 + A3

セル A1 およびセル A2 の値を加算します

= A2 + A3

' = A2-A3

セル A1 の値からセル A2 の値を減算します

=A2-A3

' = A2/A3

セル A1 の値をセル A2 の値で除算します

=A2/A3

' = A2 * A3

セル A1 の値をセル A2 の値で乗算します

= A2 * A3

' = A2 ^ A3

セル A1 の値をセル A2 で指定された指数値で累乗します

= A2 ^ A3

数式

説明

結果

' = 5 + 2

5 と 2 を加算します

=5+2

' = 5-2

5 から 2 を減算します

=5-2

' = 5/2

5 を 2 で除算します

=5/2

' = 5 * 2

5 を 2 で乗算します

=5*2

' = 5 ^ 2

5 を 2 で累乗します

=5^2

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×