終日のイベントを作成する

終日のイベントを作成する

イベントは、24 時間以上続く活動です。 イベントの例としては、トレードショー、セミナー、休暇などがあります。

既定では、イベントと年次イベントは、他のユーザーによって表示されたときに、予定表をブロックしていないため、時間が混み合って表示されません。 通常、終日イベントの時間ブロックは、"空き時間" と表示されます。

イベントを作成する

  1. 予定表で、[新しい予定] を選択します。

    [終日]イベント>新しいアイテムを選択することもできます。

  2. [件名] ボックスに説明を入力します。必要に応じて、場所を追加します。

  3. [開始時刻] と [終了時刻] の横にある [予定表] ドロップダウンボックスを使用して、イベントの日付を選びます。 予定を終日イベントにするには、[終日] チェックボックスをオンにします。
    : 複数の日にわたる終日のイベントを作成することができます。

  4. 予定表を表示している人に対して、無料ではなく、外出中であることを示すには、リボンの [オプション] セクションで、[表示方法] ボックスの一覧の [不在] をクリックします。

    この会議中の状態を [外出中] と表示する

  5. 既定では、すべての day イベントが作成され、イベントの前に0.5 日が発生するようにアラームが設定されます。 これは、4月15日に設定されたイベントが、正午の4月14日にアラームを生成することを意味します。 アラームを設定しない場合は、[アラーム] ドロップダウンで [なし] を選択します。

  6. [保存して閉じる] をクリックします。

定期的なイベントを設定する

  1. 定期的なイベントとして設定するイベントを開きます。

  2. リボンの [オプション] セクションで、[定期的なアイテム] をクリックします。

  3. イベントを繰り返す間隔 ([]、[]、[]、[])  をクリックし、間隔のオプションを選択します。

  4. [OK] をクリックし、[保存して閉じる] をクリックします。

イベントを非公開にする

Microsoft 365 組織または Exchange 組織では、組織内の他のユーザーに予定表の詳細が表示されます。 イベントを非公開にすると、自分と組織内の他のユーザーとの間で、予定表またはメールボックスへの読み取りアクセス許可が付与されている他のユーザーとは、その情報が非表示になります。 たとえば、イベントをプライベートとしてマークしても、自分の予定表への代理人アクセス権を持つユーザーや、自分のメールボックスに対して送信者権限を持っているユーザーの詳細は非表示になりません。 

  1. 非公開にするイベントを作成するか、または開きます。

  2. リボンの [タグ] セクションで、[非公開] をクリックします。

    アイテムを親展としてマークする

重要: 非公開機能は、他のユーザーがイベント、連絡先、タスクの詳細情報にアクセスすることを完全には防止できません。 非公開としてマークしたアイテムを他のユーザーが見ることができないようにするには、[予定表]、[連絡先]、[タスク] の各フォルダーの読み取りアクセス許可を与えないようにします。 フォルダーの読み取りアクセス許可を付与されたユーザーは、プログラムや他の電子メール アプリケーションを使用して、非公開アイテムの詳細を表示できます。 非公開機能は、信頼できるユーザーとフォルダーを共有している場合にのみ使用します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×