組織の SharePoint サイトで Web 用に Office を使用する

Web 用 Office は、自分のコンピューター上の Office プログラムではなく、SharePoint サイトのドキュメントライブラリを使用して、web ブラウザーでドキュメントを開くことができます。 また、ブラウザーでドキュメントの表示や編集ができるため、それぞれのユーザーによって Office のバージョンが異なったり、Office がインストールされていないユーザーがいたりするような組織でも、ドキュメントを簡単に共有できます。

Web 用 Office は SharePoint と連携しますが、すべての SharePoint サイトで使用できるとは限りません。 組織で使用している SharePoint のバージョン、およびサーバーを構成したユーザーが Web 用 Officeに切り替えられたかどうかによって異なります。

SharePoint Foundation 2013 を使用していて、管理者が Web 用 Officeの切り替えを行っていることを前提として、使用を開始しましょう。

OneDrive などのライブラリに移動して、Word、Excel、PowerPoint、または OneNote のドキュメントをクリックすると、ブラウザーでドキュメントが開きます。 ブラウザーでドキュメントが開きます。このように、 Web 用 Officeを使用しています。

ドキュメントがブラウザーで開かなかった場合、サーバー管理者が Web 用 Officeでドキュメントを開くための "シングルクリック" の方法をオフにしている可能性があります。 Web 用 Officeは引き続き使用できますが、クリックするだけで追加することができます。

  1. ドキュメント名の横にあるメニューを開きます。

  2. プレビューで、[メニューを開く] をクリックします。
    メニューを開く

  3. [ブラウザーで表示] または [ブラウザーで編集] をクリックします。

Web 用 Office には Office ドキュメントを編集するための基本的な機能がありますが、コンピューターで実行される Office プログラムとは異なります。 Office デスクトップアプリケーションの機能が必要になった場合は、[ Web 用 OfficeOpen ] コマンドを使用して、デスクトップアプリケーションでドキュメントを開きます (Wordで開く、 Excelで開く、 PowerPointで開く、 OneNote で開く)。

各 Web App の使い方については、次の各トピックを参照してください。

Web 用 Word での基本的な作業
Web 用 Excel での基本的な作業
Web 用 PowerPoint での基本的な作業
Web 用 OneNote での基本的な作業

ローカル コンピューターに Office がインストールされていない場合

使用しているコンピューターに Office デスクトップアプリケーションがインストールされていない場合、作業は Web 用 Officeの機能に制限されます。 ただし、 Web 用 Office プログラムでは、Office ドキュメントの読み取りや編集を行うことができます。これにより、その他の操作を実行することはできません。 このような場合、Office ドキュメントはブラウザーでも作成できます。

  1. OneDrive やチーム サイトで、ドキュメントを保存するライブラリに移動します。

  2. [新しいドキュメント] をクリックして、目的のドキュメントの種類をクリックします。
    新しいドキュメント

  3. ドキュメントの名前を入力します。 Web ブラウザーで新しいドキュメントが開き、そこで作業を行うことができます。

コラボレーションを促進する Microsoft 365

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×