組織図の書式を設定する

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。 Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。 このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

組織図を作成したら、さまざまな書式設定オプションを使用して、目的に合わせて外観を変更できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

実線を点線に変更する

組織図の色を変更する

組織図のボックスの背景色を変更する

組織図に SmartArt スタイルを適用する

実線を点線に変更する

2 つのボックス間の上下関係を点線で示すには、2 つのボックス間の線のスタイルを変更します。

  1. 変更する線を右クリックし、ショートカットメニューの [図形の書式設定] をクリックします。

  2. 必要に応じて、[図形の書式設定] ウィンドウで [] の横にある矢印をクリックし、目的の破線の種類を選択します。

    ヒント:  複数の行を選択するには、CTRL キーを押しながら変更する行をクリックします。

ページの先頭へ

組織図の色を変更する

テーマの色に由来する色の組み合わせを SmartArt グラフィックのボックスに適用できます。

  1. 色を変更する SmartArt グラフィック内のボックスをクリックします。

  2. [SmartArt ツール] の [デザイン] タブの [SmartArt のスタイル] グループで、[色の変更] をクリックします。

    [SmartArt ツール] の [デザイン] タブの [SmartArt スタイル] グループ

    [SmartArt ツール] または [デザイン] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックを選んでいるかどうかを確認してください。 必要に応じて SmartArt グラフィックをダブルクリックして選び、[デザイン] タブを開きます。

  3. 目的の色の組み合わせをクリックします。

ヒント: 縮小表示の上にポインターを置くと、色が SmartArt グラフィックに適用された結果を表示することができます。

ページの先頭へ

組織図のボックスの背景色を変更する

  1. ボックスの境界線を右クリックし、ショートカット メニューの [図形の書式設定] をクリックします。

  2. [図形の書式設定] ウィンドウで、[塗りつぶし] の [塗りつぶし (単色)] をクリックします。

  3. [] ボタン イメージ をクリックし、目的の色をクリックします。

  4. 背景色が透けて見える度合いを指定するには、[透明] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。 透過性には、0% (完全に不透明、既定値) から 100% (完全に透明) までの値を指定できます。

ページの先頭へ

組織図に SmartArt スタイルを適用する

SmartArt スタイルは、線のスタイル、面取り、3-d などのさまざまな効果の組み合わせであり、SmartArt グラフィック内のボックスに適用して、本格的でデザインされた独自の外観を作成することができます。

  1. Smartart グラフィックの中から、SmartArt スタイルを変更するボックスをクリックします。

  2. [SmartArt ツール] の [デザイン] タブの [SmartArt のスタイル] グループで、目的の SmartArt スタイルをクリックします。

    他の SmartArt スタイルを表示するには、[その他] [その他] ボタン をクリックします。

    [SmartArt ツール] または [デザイン] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックを選んでいるかどうかを確認してください。 必要に応じて SmartArt グラフィックをダブルクリックして選び、[デザイン] タブを開きます。

    注: 

    • 縮小表示の上にポインターを置くと、その SmartArt スタイルを適用した場合の SmartArt グラフィックの外観を確認できます。

ヒント: Microsoft PowerPoint 2013 を使っている場合は、組織図にアニメーションを設定して、それぞれのボックス、分岐、または階層レベルを強調できます。 「SmartArt グラフィックにアニメーションを設定する」を参照してください。

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×