統計情報を表示するプロファイル データ (Power Query)

データ プロファイリング ツールは、主要な統計情報やディストリビューションなどのクエリ データを直感的にクリーンアップ、変換、理解する方法を提供します。 さらに、[行の カウント] コマンドを使用して、すべてのクエリ データの行数を取得することもできます。

既定では、Power Query は最初の 1,000 行のデータをプロファイルします。 データセット全体で動作するプロファイルを変更するには、エディターの左下隅で、データ セット全体に基づいて 1,000 行に基づく列プロファイリングまたは列プロファイリングを選択 します。   

  1. クエリを開く場合は、Power Query Editor から以前に読み込まれたクエリを探し、データ内のセルを選択し、[クエリ] を選択して 、[編集]>します。 詳細については、「クエリの作成、読み込み、または編集」を参照Excel。

  2. [表示] を選択します。

  3. [データ プレビュー] グループ で、表示する要素を 1 つ以上選択します。

Power Query Editor リボンの [表示] タブのデータ プロファイリング オプション

使用可能な統計情報と、実行できる追加の手順の詳細を次に示します。 

クイック コマンド

プロファイルを表示するときにデータをさらにクリーンアップするには、[その他 (...)] をクリックすると、次のコマンドを使用できます。 さまざまなダイアログ ボックスの右下にある [重複の保持]、エラーの保持、重複の削除、の削除、エラーの削除、およびエラーの置換を行います。 詳細については、「重複する行を 保持または削除する」、 エラーのある行を削除または保持する、および値を置き換えるに関する ページを参照してください

列の品質   

各列の有効 (緑)、エラー (赤)、空 (濃い灰色) の 3 つのカテゴリの棒グラフで、主要なパーセンテージを示すデータ プロファイルを表示します。

3 つの品質値

表示にマウス ポインターを合わせると、概要の拡大が表示されます。 追加の コマンドを 実行するには、[詳細 ](...)を選択します。

品質値のポップアップ

ヒント    リボンの [データ プレビュー] グループでオプションをまだ設定していない場合は、薄い濃い灰色のバーを右クリックし、[品質列のピーク値を表示する] を選択すると、列品質プロファイル データをすばやく表示できます。 データ値をすばやくコピーすることもできます。

列の分散   

各列の頻度と分布を視覚化し、最も高い頻度の値の降順で並べ替えた値を表示します。

分布グラフ

箇条書き項目の上にマウス ポインターを置くと、概要の拡大が表示されます。 追加の コマンドを 実行するには、[詳細 ](...)を選択します。

配布グラフのポップアップ

列プロファイル: 列の統計情報と値の分布   

各列のより詳細なビューと、関連付けられている統計情報が表示されます。

列統計ビューと値分布ビュー

ヒント:   最も右にある [詳細](...)を選択してデータをコピーします。

さらに、次の操作を行います。

  • グラフ内の各バーにマウス ポインターを合わせると、詳細が表示されます。 そのバーをフィルター処理するには、[等しい] または [ 等しくない ] を選択します。 その他のコマンドについては、[ 詳細 ](...)を選択するか、バーを右クリックします。

    値分布棒グラフのポップアップ

  • 一方、右側で [詳細(...])を選択し、[グループ化] を選択し、データ型によって異なる追加のコマンドを選択します。


    追加の Group By コマンドの例
    グラフ内の個々の値を引き続き操作できます。

多くの場合、データを取得した後に返される行の数を確認する必要があります。 [ 行数] コマンドは、データの実際の行数を返します。列プロファイル設定の 影響を受 け取る必要があります。

  1. クエリを開く場合は、Power Query Editor から以前に読み込まれたクエリを探し、データ内のセルを選択し、[クエリ] を選択して 、[編集]>します。 詳細については、「クエリを作成、編集、読み込む 」を参照Excel (Power Query) を参照してください。

  2. [Transform >Count Rows ]を選択します

  3. 必要に応じて、[数値ツール]の [変換] タブを選択し、[テーブルに変換] または [リストに変換] を選択して、ワークシートに結果を読み込む必要があります。

  4. 必要に応じて、[変換] グループのさまざまな数値コマンド を使用 します。 詳細については、「データ型 に基づいて列を追加する」を参照してください

関連項目

Power Query for Excel のヘルプ

データ プロファイリング ツールの使用 (docs.com)

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×